国内モトローラスマホ

【モトローラ】各モデルのAntutuスコアまとめ

このページでは、モトローラスマホのAntutuアンツツベンチマークスコアをまとめています。

このスコアは、スマホ性能の高い・低いの判断基準となって便利です。
(目安程度ですが)

モトローラを検討中の方、他ブランドとの比較をしたい方も、ぜひご参考ください。

測定に使用したモデル一覧はこちら

4台のスマホでAntutuベンチマークスコアの測定をしている画像

2024年5月16日現在、Antutuベンチマーク最新バージョンで測定したモデルです。
(フォロワーさんからの情報提供もあります)

  • moto g13(2023/4発売)
  • moto g32(2022/9発売)
  • moto g53j 5G(2023/6発売)
  • moto g52j 5G(2022/6発売)
  • edge 20 FUSION(2021/10発売)
  • edge 20(2021/10発売)
  • edge 40(2023/7発売)
情報提供ありがとうございます!!
  • edge 30 pro(2022/6発売)
  • moto g53y 5G(2023/6発売)

Antutu情報お待ちしてます!!
当ページでは、モトローラスマホのAntutuスコア情報を収集しています。
ぜひスコア結果を教えていただけませんか?
コメント欄や、X(旧Twitter)にてお待ちしております。

【全9モデル】各モデルのスコア一覧

スコアが大きいほど「高性能」です。

モデル名Ver10.2.5Ver10.2.1Ver10.2.0Ver10.1.3Ver10.0.7
edge 30 pro1164653
edge 40774155773440769524755310716188
edge 20620102624412624587621794
moto g52j 5G442594444826448831449788444070
edge 20 FUSION439974441529444812441556439345
moto g53j 5G403596403424406821
moto g53y 5G387575
moto g32289442317169317552316222313219
moto g13272190272358271616272610257853
※最新はVer10.2.5です(2024/5/16現在)※ハイフン「-」は未測定

ここからは、結果をもとに各モデルの特徴を紹介します。

edge 30 pro|スコア約1,160,000点

モデル名Ver10.2.5Ver10.2.1Ver10.2.0Ver10.1.3Ver10.0.7
edge 30 pro1164653

edge 30 proは、今回測定モデルの中でもっとも高スコア。

オーバー100万点!さすがハイエンドモデルです。

※フォロワー様よりスコア情報提供いただきました。

2022年モデルと言えど、まだまだ現役です!


edge 30 proの特徴はこちら(タップで開く)
ここがポイント!
  • 国内モトローラスマホでNo,2の性能
    ⇒Snapdragon™ 8 Gen 1
    ⇒ゲームもサクサクプレイが期待できます
  • あざやかに映るディスプレイ
    ⇒フルHD+解像度
    ⇒有機ELディスプレイ
    ⇒スクロールなめらか144Hzリフレッシュレート
  • 画像などデータを多く保存できる
    ⇒内部ストレージ128GB
  • 充実のオーディオ環境
    ⇒ステレオスピーカー
    ⇒Dolby Atmos対応
  • 5,000万画素(f/1.8)メインカメラ+6,400万画素セルフィーカメラ
    ⇒他モデルと比べて画質◎
  • 1時間以内の急速充電
    ⇒TurboPower™チャージ

★★解説をチェック★★
edge 30 pro 解説ページ』(2022/8)

edge 40|スコア約770,000点

Ver10.2.5Ver10.2.1Ver10.2.0Ver10.1.3Ver10.0.7
774155773440769524755310716188

今回2番目にスコアが良かったedge 40。

80万点に近いスコアは、普段づかい以上の性能です。

  • edge 40のAntutuスコア(ver10.2.5)774155
  • motorola edge 40本体
  • edge40の背面(ルナブルー)
  • edge 40の背面カメラ
  • edge 40のおサイフケータイのマーク

性能も見た目もスタイリッシュな「全部盛りスマホ」

ぜひ一度チャレンジしたい1台です。


edge 40の特徴はこちら(タップで開く)
ここがポイント!
  • 普段づかい以上の高い性能
    ⇒多くのゲームをストレスなくこなせます
  • あざやかに映る「カーブ」ディスプレイ
    ⇒フルHD+解像度
    ⇒有機ELディスプレイ
    ⇒画面が本体側面まで伸びて見やすい
    ⇒スクロールなめらか144Hzリフレッシュレート
  • 明るい画像が撮れる絞り値(f/1.4)メインカメラ
    ⇒他モデルよりコントラスト明るい撮影
  • 画像などデータを多く保存できる
    ⇒内部ストレージ256GB
  • 充実のオーディオ環境
    ⇒ステレオスピーカー
    ⇒Dolby Atmos対応
  • 1時間以内の急速充電
    ⇒TurboPower™チャージ

★★レビューもチェック★★
edge 40 レビュー』(2023/7)

edge 20|スコア 約620,000点

edge 20は2024年3月のアップデートが最後(予想)。
セキュリティ面を含め、モデルチェンジは非推奨です。

Ver10.2.5Ver10.2.1Ver10.2.0Ver10.1.3Ver10.0.7
620102624412624587621794

国内モトローラスマホの中で一番うすくて軽いモデル

edge 40ほどではないですが、普段づかい以上の性能もキープしています。

  • edge 20のAntutuベンチマーク(Ver10.2.5)のスコア620102
  • edge 20
  • edge 20とedge 40の厚さを比較した画像。edge 20は厚さ6.99mm(163g)。edge 40は7.53mm(167g)

edge 20の特徴(タップで開く)
ここがポイント!
  • よりキレイな画面で動画やゲームを楽しめる
    ⇒6.7インチ 有機ELディスプレイ
    ⇒高解像度フルHD+画質
  • リアルな色合いを再現するカメラ
    ⇒10,800万画素
    ⇒HDR10+
    ⇒望遠800万画素3倍光学ズーム
  • うすくて軽いスリムボディ
    ⇒厚さ:6.99mm
    ⇒重さ:163g

★★レビューもチェック★★
edge 20 レビュー』(2023/10)

moto g52j 5G|スコア 約440,000点

moto g52j 5Gは2024年5月のアップデートが最後(予想)。
モデルチェンジは後継機を検討しましょう。

Ver10.2.5Ver10.2.1Ver10.2.0Ver10.1.3Ver10.0.7
442594444826448831449788444070

2023年に第2世代・第3世代も発売された、モトローラの看板モデル。

同性能スマホの中でも高コスパです。

  • moto g52j 5GのAntutuスコア(ver10.2.5)は442594
  • 初代moto g52j 5G(ブラック)の背面
  • moto g52j 5Gのおサイフケータイのロゴ
  • moto g52j 5Gの背面カメラ
  • edge 40とmoto g32とmoto g52j 5Gを並べた画像

普段づかいはもちろん、プラスアルファも楽しめる性能が特徴。

とくに第3世代のmoto g52j 5Gは、かなり便利に使えるはずです。


moto g52j 5G特徴(タップで開く)
ここがポイント!
  • とても見やすい大きな画面
    ⇒6.8インチ液晶ディスプレイ
    ⇒高解像度フルHD+画質
    ⇒スクロールなめらか120Hzリフレッシュレート
  • おサイフケータイ対応
    ⇒タッチ決済でスムーズ会計
  • ハイスペックモデル並みの容量
    ⇒メモリ8GB/ストレージ256GB(第3世代)
    ⇒microSDは最大1TB対応
  • ヘッドセットをつけて音を楽しむ
    ⇒Dolby Atmos対応

★★レビューもチェック★★
moto g52j 5G レビュー』(2022/8)

edge 20 FUSION|スコア 約440,000点

このモデルは、2023年9月のアップデートで終了(予想)。
セキュリティ面を含め、モデルチェンジは非推奨です。

Ver10.2.5Ver10.2.1Ver10.2.0Ver10.1.3Ver10.0.7
439974441529444812441556439345

中程度の性能ながら、カメラ性能と高画質ディスプレイが特徴の2021年モデル。

moto g52j 5Gとほぼ変わらないスコアを出しています。

  • edge 20 FUSIONのAntutuスコア(ver10.2.5)439974点
  • 手に持ったedge 20 FUSION
  • edge 20とedge 20 FUSIONを並べた画像

とくに10,800万画素カメラは、自然な色合いを再現。

またディスプレイもかなり鮮明に映るため、動画やゲームも没入感○。


edge 20 FUSION特徴(タップして開く)
ここがポイント!
  • よりキレイな画面で動画やゲームを楽しめる
    ⇒6.7インチ 有機ELディスプレイ
    ⇒高解像度フルHD+画質
  • リアルな色合いを再現するメインカメラ
    ⇒10,800万画素
    ⇒HDR10+
  • エントリーモデル並みの価格
    ⇒ECサイトでは20,000円台で買えることも

★★レビューもチェック★★
edge 20 FUSION レビュー』(2022/6)

moto g53j 5G|スコア 約400,000点

Ver10.2.5Ver10.2.1Ver10.2.0Ver10.1.3Ver10.0.7
403596403424406821

moto g53j 5Gは、エントリーモデルの中で一番の高性能モデル。

2~3年前であれば、ミドルレンジクラスに分類されるスコアを叩き出しています。

  • moto g53j 5GのAntutuスコア(ver10.2.5)403596点
  • moto g53j 5Gのディスプレイ
  • moto g53j 5Gの背面(アークティックシルバー)
  • moto g32,moto g53j 5g,moto g13を並べた画像

普段づかいに丁度いい性能に加え、おサイフケータイにも対応。

これまでのエントリーモデルの常識をくつがえす、モトローラ渾身こんしんの1台と言えそうです。


moto g53j 5Gの特徴(タップして開く)
ここがポイント!
  • ミドルレンジ級の性能
    ⇒Snapdragon™ 480+
  • モッサリ感が少なく、データ保存も安心
    ⇒内部ストレージ128GB
    ⇒microSDも最大1TB対応
    ⇒メインメモリ8GB
  • オーディオ環境がそろっている
    ⇒音が広がるステレオスピーカー
    ⇒臨場感を楽しめるDolby Atmos対応
    ⇒3.5mmイヤホンジャック
  • おサイフケータイ対応モデル
    ⇒エントリーモデルではmoto g53j 5Gだけ!

★★レビューもチェック★★
moto g53j 5G レビュー』(2023/12)

moto g53y 5G|スコア 約390,000点

Ver10.2.5Ver10.2.1Ver10.2.0Ver10.1.3Ver10.0.7
387575

Y!mobile独占のmoto g53y 5G。メインメモリが4GBになってます。

Antutuスコアをふくめ、性能やその他機能はmoto g53j 5Gとほぼ同じです。

※フォロワー様よりスコア情報提供いただきました。

moto g32|スコア 約290,000点

Ver10.2.5Ver10.2.1Ver10.2.0Ver10.1.3Ver10.0.7
289442317169317552316222313219

moto g32は、エンタメ向けエントリーモデル

スコア29万点は普段づかい専用ですが、動画や音楽もより楽しめる1台です。

  • moto g32のAntutuスコア(Ver10.2.5)289442
  • moto g32のディスプレイ

流通量は減っていますが…2万円台で買えるのでコスパ性もかなりいい1台。

エントリーモデルの中で、一番クリアな音なのも魅力の1つです。


moto g32の特徴(タップして開く)
ここがポイント!
  • 画像などのデータを多く保存できる
    ⇒内部ストレージ128GB
    ⇒microSDも最大1TB対応
  • 充実のオーディオ環境
    ⇒ステレオスピーカー
    ⇒臨場感を楽しめるDolby Atmos対応
    ⇒3.5mmイヤホンジャック
  • キレイに映るディスプレイ
    ⇒高解像度フルHD+画質

★★レビューもチェック★★
moto g32 レビュー』(2022/11)

moto g13|Antutuスコア約270,000点

Ver10.2.5Ver10.2.1Ver10.2.0Ver10.1.3Ver10.0.7
272190272358271616272610257853

moto g13は、ライトユーザー向けのエントリーモデルです。

現在は後継機となるmoto g24が登場していますが、本機もまだ使えますよ。

  • moto g13のAntutuスコア(ver10.2.5)は272190
  • moto g13のディスプレイ(ホーム画面)
  • moto g13(ラベンダーブルー)の背面

普段づかいモデルとして登場した本機ですが、そのコスパ性が高評価。

価格重視で選びたい方は、ぜひmoto g13も検討してみましょう。


moto g13の特徴(タップで開く)
ここがポイント!
  • コスパ性を感じるおトク価格
    ⇒最安値は12,800円(税込)
    ⇒モトローラ公式ショップの再生品
  • 画像などのデータを多く保存できる
    ⇒内部ストレージ128GB
    ⇒microSDも最大512GB対応
  • 充実のオーディオ環境
    ⇒音が広がるステレオスピーカー
    ⇒臨場感を楽しめるDolby Atmos対応
    ⇒3.5mmイヤホンジャック

★★レビューもチェック★★
moto g13 レビュー』(2023/4)

今後もAntutuスコアの情報を掲載していきます。

性能をスコアにする「Antutuスコア」にて、モトローラの主要スマホを検証しました。

いくつか未計測のモデルもありますので、入手次第、情報を追記していきます。

スマホは、すべて同じ機能・性能ではなく、様々な種類が販売されています。

使い方や好みによって適したスマホがあり、その基準の1つとして、こういったスコアが重要になってきます。

ご自身に合ったスマホを選べるよう、引き続き当ページのチェックをお願いいたします!

お気軽にコメントどうぞ コメント欄がないとき⇒下にスクロール

タイトルとURLをコピーしました