edge 20 FUSIONMotorolaスマホ

【レビュー】ストレージ心配性の筆者がedge 20 FUSIONを買った結果

motorola edge 20 FUSIONのレビューページです。

筆者が実際に使って感じたこと、またedge 20 FUSIONを買った理由をお伝えしていきます。

スマホ選びの参考になれば幸いです。

※細かいレビューは後半のほうです

motorola edge 20fusionスマホと箱

ちなみに、Motorolaの独特なⓂマークはコウモリからきているんだとか。

一度使い始めると愛着がわいてきますね!

スポンサーリンク

スマホで悩んでいたこと⇒「ストレージ」

仕事の関係上、プライベートのスマホから流行はやりの音楽を流すことが多くあります。

ただ、これまで使っていたスマホのストレージは64GB

たくさんの曲を入れておく必要があったので、どうしたものかと悩みの種でした。

 

また、他にも画像やら動画やらも入っていましたから…曲が入るスペースは限られてます。

使わない曲を消して、新しい曲を入れる

こんなストレスのたまることを繰り返していたんですよね…。

 

曲を消すたびに、ふっと頭をよぎるのは

「もっとストレージ容量に余裕があったらなぁ…」というボヤキ。

 

2年ほど、この悩みはついてまわっていました。

edge 20 FUSIONを選んだ5つの理由

そして訪れた、新しいスマホ「edge 20 FUSION」との出会い。

もちろん、一番の悩みであるストレージ容量をポイントにして決めました。

 

「え?もっといいスマホがあったんじゃないの?」

という感じもしますが、プライベートでも使うスマホです。

他にもいくつか優先することがあったので、edge 20 FUSIONを選びました。

 

筆者がedge 20 FUSIONを選んだ理由は全部で5つ。

  1. イヤホンジャックがある
  2. メモリ6GB/内部ストレージ128GBが十分すぎるスペック
  3. カメラ性能が10,800万画素と魅力すぎた
  4. “脱中華スマホ”したかった
  5. 楽天市場で10,000円以上の値引きがあった

この5点をもって「edge 20 FUSIONにしよう!」と決意しました。

どれか1つ欠けていたら、買うことはなかったと思います。

 

ちなみに…このレビュー記事を書いておいて言うのもなんですが。

本当の本当にedge 20 FUSIONでよかったのか?と言われると…

いろいろあって「moto g52j 5G」のほうが良かったかも?と思うときもあります

 

もちろん、edge 20 FUSIONを買って満足していますよ。

…この裏話については、のちほど記事にしたいと思います。

 

では、それぞれ詳しくお伝えしていきます。

イヤホンジャックがある

スマホ(Motorola edge 20 FUSION)のイヤホンジャック

仕事で音楽を流すとき、スマホを音響デッキにつなげるようになっています。

ただし、デッキが古いタイプなこともあり、ワイヤレスができません。

 

このイヤホンジャックに、デッキから伸びる3.5mmプラグを挿して曲を流します。

なので、筆者にとってイヤホンジャックのある・なしは死活問題になってしまうわけです。

 

イヤホンジャックがないと、仕事ができないのです(!!)。

メモリ 6GB/ストレージ128GBのスペックの良さ

メモリ6GB、そして一番ネックとなるストレージ容量は128GBです。

今まで使っていたスマホの2倍の容量があり、かつmicroSDカードで512GBまで増設もできます。

 

これだけあれば、わざわざ音楽を消したり入れたりすることなく仕事ができそう。

「ストレージいっぱいかなぁ…」などと悩まなくてもよくなりました!

 

まぁ「いっぱいかなぁ…」と悩むこと自体はクセになって抜けないのが現実ですが…

曲を消す作業そのものはなくなりましたよ。

ストレージに余裕がある

さて、メモリ6GBにも触れておきます。

アプリ起動時のモサモサ感がさほどなく、スムーズに起動してくれます。

 

これまで使っていたスマホでは力不足を感じていたので、このサクサク感はうれしい。

10,800万画素カメラ

motorola edge 20 FUSIONの背面カメラ

edge 20 FUSIONのカメラは10,800万画素

これまで使っていたスマホが1,200万画素だったので、すぐにとりこになったのはよく覚えています。

 

たしかに撮った画像を見比べると、色の深みに違いが。
(準備できたら比較画像アップします)

 

カメラをメインとして「家族との日々の思い出」や「SNSで見ばえのいい1枚をアップ」など…

キレイな思い出や、見ばえのいいセルフィーを求めている方にはうれしい画素数。

脱中華スマホ

Motorolaの箱とスマホ

今回、モトローラにした理由として「脱中華スマホ」もかなりのウェイトを占めています。

ちなみに、これまでは”OPPO A5 2020″を使っていました。

 

ここ数年はOPPOオッポXiaomiシャオミHuaweiファーウェイなどの中華スマホが大量に販売されています。

機能性もよく、日本のスマホ市場にもどんどん進出していますよね。

 

筆者も、モトローラスマホをじっくり観察するまでは

「次もOPPOかな」

とボンヤリ決めてました。日本法人もありますから。

 

しかし、2021年あたりにあったXiaomiシャオミの「個人情報不正送信疑惑」。

あくまで疑惑であるものの、この件をきっかけに中華スマホから手を引こうと決意。

 

中国は卑下しませんが、日ごろから肌身離さず手に持っているスマホです。

より安全に使えるスマホがいいなぁと考え、アメリカが拠点のモトローラに。
(とは言っても、モトローラはLenovoレノボの100%子会社なんですが)

楽天市場にて10,000円以上安く売っていた

今回紹介しているedge 20 FUSIONの定価は43,800円(税込)。

決して安い金額ではありません。

 

しかし、たまたま楽天市場にて30,500円で販売されているのを発見。

なんと13,000円の値引き。

「これは買うしかない!」と決意した瞬間でした。

ちなみに、2022/8現在ではamazonにて33,000円ほどで販売されています。
(もちろん保証あり)

今後も、さらに値引きされる可能性がありそうです。

edge 20 FUSIONの外観・使用感のレビュー

ここからは、実際にedge 20 FUSIONを持ってみて、そして使ってみての感想をレビューしていきます。

モトローラのスマホならではの外観・操作がありますので、ぜひ参考にしてください!

使用感について(ボタン位置、Motoアクション)

motorola edge 20 FUSIONの操作方法など、慣れるまでに少し時間がかかりました。

これまで使っていたスマホと比べると、いつもの指の使い方では戸惑ってしまうこともしばしば。

「戻る」「ホーム」のボタンがない

以前のスマホにあった、「戻る」「ホーム」「バックグラウンドアプリ」の3ボタン。

edge 20 FUSIONでは、デフォルトでこれらのボタンがありません。

スマホのホームボタン、戻るボタン、バックグラウンドアプリの呼び出しボタン

もちろん設定で3ボタンを配置することも可能です↓

 

基本的にスワイプで対応することになります。

例えば「戻る」操作は画面左から右へのスワイプです。

「ホーム」は下から上にスワイプ。

そしてバックグラウンドアプリの呼び出しも下から上にスワイプです。

 

画面最下部の白線からゆっくりとスワイプすると、バックグラウンドアプリの呼び出し↓

 

ホーム画面上、すばやくスワイプするとアプリ呼び出し画面↓

これがなかなか慣れず悪戦苦闘中。

慣れればなんてこない動作ですが、しばらくは間違えながら覚えることになります。

 

3ボタンに慣れている方は、素直に設定したほうがよさそうですね。

電源と指紋センサーが同じボタン

motorola edge 20FUSIONの電源ボタン

これがなかなか斬新なシステムで、本体右側の電源ボタンと指紋センサーの場所が同じです。

カチッと1回押すと電源のON/OFF、そして軽くふれるとロック解除となっています。

 

押すかふれるかの違いなので間違えることはないと思いますが…

前のスマホでは指紋センサーが裏側にあったので、やはりまだ違和感が残ります。

 

ただ、これはすぐに慣れると思います。

また指紋は複数登録できるので、スマホを持っている手指ともう片方の手指の両方で登録しておくとスムーズに画面切り替えが可能です。

もしくは顔登録も同時で行えば、起動にはそこまでストレスがたまらなそうです。

筆者も設定しておこうと思います。

Motoアクションについて

モトローラ「Motoアクション」の画面

edge 20 FUSIONや、その他のモトローラスマホには「Motoアクション」なる機能が。

スマホを持った手をふったりひねったりすることで、特定の操作が可能となります。

 

具体的にはこれらの操作です。

  • ライトのON/OFF
  • カメラの起動
  • スクリーンショット
  • マナーモード
  • ロック解除

 

個別でまとめた記事があるので、詳しくはこちらも参考にしてください!

edge 20 FUSIONの外観

次は外観のレビューに入ります。

背面カメラが出っぱりが少し気になる

側面から見たedge20FUSIONの背面カメラ

Motorola公式サイトを眺めていたときから、薄々気になっていた背面カメラのでっぱり。

これまではそういった機種を持っていなかったため違和感がありました。

 

でっぱっていることで、「何かのはずみで傷ついてしまうのでは?」という不安がまだ取れそうにありません。

実際はそこまで大した問題ではないのかもしれませんが…。

 

まじまじと見れば見るほど気になってしまうので、「こんなもんか」と腹をくくって生活したほうがよさそうです。

 

(2022/8追記)

特にこれといった傷がついたりすることなく使えてます。

でっぱりの部分も気にならなくなりました!

レビューは以上です(今後追記もしていきます)。

Motorolaスマホは初めてのチャレンジですが、デザイン性といい、機能性といい、個人的には文句なしです。

しばらくはedge 20 FUSIONを堪能しつつ、機会があれば別の機種にも挑戦する予定です。

 

SIMフリースマホとしても使用できるため、楽天モバイルなどで契約している方でも楽しめます。

スマホ選びをしている方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

お気軽にコメントどうぞ 返答率は100%!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました