★広告あり★
国内モトローラスマホ

【2024年2月】IIJmioで買えるモトローラスマホのおトク情報

格安SIMのIIJmio(アイ・アイ・ジェイミオ)では、当ブログ激推げきおし”モトローラ“のスマホがおトク。

とくに電話番号を引きげるMNP(乗換のりかえ)では、最大50%以上も安くなる限定特価

スマホ本体の購入のみでも割引率が大きく、Amazonや楽天市場より買いやすいのがポイントだ。

当ページでは、2024年2月にIIJmio公式サイト内で買えるラインナップを紹介!

スマホの買いえを考えているユーザーは、ぜひ参考にしてほしい。

IIJmio公式サイトをチェック

スポンサーリンク

【IIJmio×モトローラ】特価セール8モデルを紹介

2024年2月19日現在のラインナップはこちら↓

  1. razr 40 ULTRA
    ⇒新世代の折りたたみスマホ
  2. razr 40
    ⇒おサイフケータイ対応のりたたみスマホ
  3. motorola edge 40
    ⇒コンパクトで高性能ミドルハイクラス
  4. motorola edge 30 pro
    ⇒ゲームもサクサク!ハイスペックならこれ!
  5. moto g52j 5G
    ⇒モトローラの顔と言えばこれ!
  6. moto g53j 5G
    ⇒高性能なエントリーモデル
  7. moto g13
    ⇒サブ機にもピッタリな高コスパモデル
  8. moto g50 5G
    ⇒サブ機やスマホデビュー向けモデル

各モデルのスペック情報も順番に見ていこう!

razr 40 ULTRA|次世代型のおりたたみハイスペックモデル!

2023年8月に発売。定価155,800円(税込)

これまでのスマホにはない、コンパクトさとハイスペックを両立させたモデル。

価格をチェック
  • IIJmioへのりかえ+スマホ購入
    109,800円(税込)
  • IIJmioで本体のみ購入
    119,000円(税込)

IIJmio公式サイト

なんといっても、折りたたみできるスタイルが一番の特徴。

折りたたまれた状態でも操作ができ、カメラも使いやすくなっている。

気になるスペックも、モトローラスマホの中で一番高い性能をほこる。

今までにない新しいモノが好きなユーザーや、スペックの高いスマホを好む方におすすめだ。


スペック詳細(タップして開く)
本体価格155,800円(税込)
サイズ(mm)開:幅73.9×縦170.8×厚さ6.99
閉:73.95×縦88.4×厚さ15.1
重さ188g
プロセッサーSnapdragon 8+ Gen 1
Mobile Platform
メモリ/ストレージ8GB/256GB
外部メディア
ディスプレイメイン:6.9インチ FHD+ 有機ELディスプレイ
背面:3.6インチ有機ELディスプレイ
リフレッシュレートメインディスプレイ:165Hz
背面ディスプレイ:144Hz
カメラ1,200万画素メイン(f/1.5)
1,300万画素超広角+マクロ(f/2.2)
3,200万画素インカメラ(f/2.4)
オーディオデュアルステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
マイク×3
バッテリー/充電3,800mAh
30W TurboPower™対応
5G

詳しい情報はこちら

razr 40|おサイフケータイ対応の折りたたみスマホ

2023年11月に発売。定価125,800円(税込)

8月に出たrazr 40 ULTRAウルトラ廉価れんか版というあつかいだが、それでもスペック高めで便利な1台だ。

価格をチェック
  • SIMのりかえ+本体購入
    99,800円(税込)
  • 本体のみ購入
    112,000円(税込)

IIJmio公式サイトへ

razr 40は、ULTRAにはなかったおサイフケータイに対応。

コンビニや自販機、改札でのスムーズな会計ができ、より日本向けモデルとなったのが特徴。

razr 40は世代関係なく流行の予感…①コンパクトで最先端スタイル②ガラケー世代に馴染みのスタイル③高性能で使いやすい

加えて、razrシリーズならではの「りたたみ」は外せない。

10代からガラケー世代まで…幅広い年齢層でウケるモデルになるのでは?と筆者は予想。

スマホとしては斬新なスタイルだけあって、”し”たくなるユーザーも多そうだ。


スペック詳細(タップして開く)
サイズ(mm)開:縦170.8×幅73.9×厚さ7.3
閉:縦88.2×幅73.9×厚さ15.8
重さ約188g
プロセッサーSnapdragon™ 7 Gen 1
Mobile Platform
メモリ/ストレージ8GB/256GB
メインディスプレイ6.9インチ フルHD+
有機ELディスプレイ
背面ディスプレイ1.5インチ 有機ELディスプレイ
リフレッシュレートメイン:144Hz
背面:60Hz
カメラ6,400万画素メインカメラ(f/1.7)
1,300万画素 超広角+マクロ (f/2.2)
3,200万画素インカメラ (f/2.4)
バッテリー/充電4,200mAh
30W TurboPower™ チャージ対応
5W ワイヤレス充電(Qi対応)
オーディオステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
5G通信
おサイフケータイ/NFC○/○
防塵・防水IP52(水中での利用不可)

詳細はこちら

motorola edge 40|ハイエンド並みの満足度!スタイルも最高!

2023年7月に発売。定価64,800円(税込)

ミドルハイクラスに革命をもたらした(!?)至高の1台。

motorola edge 40の背面を写した画像
カラーは「ルナブルー」
価格をチェック
  • のりかえ+スマホ購入
    32,800円(税込)
  • 本体のみ購入
    57,800円(税込)

IIJmio公式サイトへ

MNP乗換のりかえでは約50%の割引!これは見逃せない!

IIJmio内では「全部入り」というワードが使われていたが、まさにその通り!

スペック/スタイル/コスパ…どれをとっても不足なく、持っているだけで満足感がある。

一番の魅力みりょくは、国内モトローラ初となる「カーブディスプレイ」だ。

側面まで食い込む画面からは高級感がただよってくる。

edge 40のカーブディスプレイ。本体側面まで画面が伸びているのが特徴
ディスプレイが本体側面まで食い込んでいる

また、非常にうすくて(7.58mm)軽め(167g)なスタイルにより、持ったときのストレスはかなり少ない。

片手操作もスイスイ!多くのユーザーに好まれそうだ。

他にも、多くのゲームをサクサクこなせるスペック(プロセッサー)。

しぼり値(f/1.4)による、光の取り込みに強いメインカメラ。

5G対応におサイフケータイ。

わずか45分ほどでフル充電が可能な68W急速充電などなど…

とにかくメリットが多く、モトローラを牽引けんいんするモデルなのは間違まちがいないだろう。


スペック詳細(タップして開く)
定価64,800円(税込)
ディスプレイ・約6.55インチ カーブディスプレイ
・FHD+ 有機ELディスプレイ
・リフレッシュレート144Hz
リフレッシュレート144Hz
プロセッサー Dimensity 8020
メモリ/ストレージ8GB/256GB
カメラ・約5,000万画素メイン(f/1.4)
・1,300万画素超広角マクロ(f/2.2)
・3,200万画素インカメラ(f/2.4)
バッテリー4,400mAh
68W TurboPower™対応
オーディオ・ステレオスピーカー
・Dolby Atmos対応
5G
おサイフケータイ/NFC○/○

レビューはこちら

motorola edge 30 pro|ゲームもサクサク!ハイスペック!

2022年3月発売。定価86,801円(税込)

2024年2月現在、国内モトローラで2番目にスペックの高い”ハイエンドモデル”だ。

IIJmioでおトク
  • IIJmioにのりかえ+本体購入
    54,799円(税込)
    ⇒ワイヤレス充電機つき
  • IIJmioで本体のみ購入
    78,580円(税込)

IIJmio公式サイトへ

とにもかくにもスペックの高さがウリ

スマホゲームをこよなく愛するユーザーや、とにかく高性能なスマホを持っていたいユーザーにおススメの1台となっている。

edge 30 proのここがイイ!■ゲームもサクサクプレイできる■とにかくハイスペック!

スペック詳細(タップして開く)
機種名edge 30 pro
プロセッサーSnapdragon™ 8 Gen 1
Mobile Platform
メモリ/ストレージ8GB/128GB
外部メディアなし
ディスプレイHDR10+6.7インチ
有機EL ディスプレイ
リフレッシュレート144Hz
カメラ画素数5,000万画素メイン(f/1.8)
5,000万画素超広角マクロ(f/2.2)
200万画素深度センサー(f/2.4)
6,000万画素インカメラ(f/2.2)
バッテリー/充電・4,800mAh
・68W TurboPower™ チャージャー
5G
サウンド・ステレオスピーカー×2
・Dolby Atmos対応
おサイフケータイ×
USBケーブルUSB-Type C(付属)

詳しい情報はこちら

moto g52j 5G|万能タイプなモトローラの”顔”

2022年6月に発売し、2023年には後継機も登場。

モトローラが注目をびるきっかけとなったmoto g52j 5G。

モトローラスマホ moto g52j 5Gの背面
※こちらは2022年発売の初代moto g52j 5G。スタイルは同じだ。
価格をチェック
  • IIJmioのりかえ+本体購入
    9,980円(税込)
  • IIJmioで本体のみ購入
    24,800円(税込)

IIJmio公式サイトへ

驚愕きょうがくの1万円切り。今買えばコスパ性は最高にいいはずだ。

キャッチコピーは「一歩先行く、ジャパンスタンダード」

とてもバランスが取れた性能で、とくにスマホへの強いこだわり(ゲーム特化、カメラ特化など)がなければ

これを買っておけば間違まちがいない!」と言われるほどたよれる存在だ。

特徴の1つには、大きなディスプレイががってくる。

6.8インチ大画面で見る動画やゲームは迫力があり、極端に手が小さいなどの要素がなければメリットの1つだ。

moto g52j 5G、edge 40、moto g32、edge 20 FUSIONの4モデルの大きさを比較した画像。moto g52j 5Gが一番大きい
moto g52j 5Gは本当に大きいぞ!

また、性能もミドルレンジとしては申し分がない。

2022~2023年上半期にトレンドとなったプロセッサー「Snapdragon™ 695 5G」。

これは、『原神』などグラフィック豊かで高負荷なタイトルをのぞけば、ゲームもストレスなくプレイできる性能だ。

5G対応でおサイフケータイも使えるため、普段使いとして大きく活躍かつやくできる1台。

今回、IIJmioではかなり安く手に入るのでぜひチェックしておこう!

初代moto g52j 5Gではあるが、レビュー記事も参考にしてほしい。

レビューはこちら

moto g53j 5G|高性能なエントリーモデル

2023年に発売。定価34,800円(税込)

性能が控えめな”エントリーモデル”の中でも、高い性能を持つジャパンモデル。

価格をチェック
  • IIJmioのりかえ+本体購入
    4,980円(税込)
  • IIJmioで本体のみ購入
    26,000円(税込)

IIJmio公式サイトへ

5,000円で買える、超絶おトクモデルだ。

本来、スペックは高ければ高いほどうれしい。

だけど、よほどキレイな写真を撮ったり、ゲーム三昧ざんまいな毎日でなければ、スペックはある程度で十分だ。

SNSや動画をながめたり、LINEや通話するくらいだよ

それであれば、5Gやおサイフケータイに対応し、スピーカーも優秀。

それでいてリーズナブルなmoto g53j 5Gがハマりそうだ。

moto g53j 5Gの詳細は下記リンクを参照↓

レビューはこちら

moto g13|安さのわりに性能がいい。コスパ◎

2023年4月に発売。定価22,800円(税込)

普段づかいはもちろん、サブ機や子どものスマホデビューにも使えるモデルだ。

moto g13の背面とディスプレイ。カラーはラベンダーブルー
価格をチェック
  • IIJmioのりかえ+本体購入
    2,480円(税込)
  • IIJmioで本体のみ購入
    19,800円(税込)

IIJmio公式サイトへ

元々おトクな価格だが、スマホ1台2,480円は破格すぎる…!

基本性能はやや低めといったところ。

しかしながら、こまかいところは満足できる作りとなっており、むしろコスパがいいモデルとして注目を集めたのも事実だ。

moto g13の特徴■定価22,800円(税込)ミドルレンジだけど…とにかく安い!■サウンド周りが優秀!クリアで聴き取りやすく、臨場感も楽しめる■スクロールなめらか。目にやさしい。

とくにオーディオ周りは価格以上。

ステレオスピーカー搭載とうさいに加え、臨場感につながるDolby Atmosドルビー アトモスに対応。

また内部ストレージも128GBと、エントリーモデルにしては大容量。

安いけどそれなりに使えるスマホを求めるユーザーに合うかもしれない。

詳しいスペック情報は下記ページを参考↓

レビューはこちら

moto g50 5G|役目は終えたが、サブ機としてまだまだ使える

2021年に発売したmoto g50 5G。

「大容量バッテリー」や「なめらかディスプレイ」など、当時はかなり注目を集めたモデル。

価格をチェック
  • のりかえ+本体購入
    12,800円(税込)
  • 本体のみ購入
    24,800円(税込)

IIJmio公式サイトへ

現在は上位互換モデルが多数あるため、影の存在。

しかしながら、値段がかなり下がった点をプラスに見れば、サブ機やお子さんのスマホデビューとしても最適。

もう少しの間、日の目が見れるモデルではないだろうか。

モデル名moto g50 5G
プロセッサーMediaTek Dimensity 700
メモリ/内部ストレージ4GB/128GB
外部メディアmicroSD 最大512GB対応
ディスプレイ6.5インチ HD+
Max Visionディスプレイ
リフレッシュレート90Hz
カメラ4,800万画素メインカメラ(f/1.7)
200万画素深度センサー(f/2.4)
200万画素マクロカメラ(f/2.4)
1,300万画素インカメラ(f/2.0)
オーディオ・モノラルスピーカー
・3.5mmイヤホンジャック
5G対応
おサイフケータイ機能非対応(NFCは対応)
バッテリー/充電5,000mAh/USB Type C
10Wチャージャー対応

IIJmioでお得にモトローラスマホを手に入れよう!

IIJmioの、2024年2月のスマホ特価セール。

モトローラからは8モデルをピックアップしてきた。

やはりねらい目は、MNP乗換のりかえでのスマホ購入だ。

  • 毎月のスマホ料金の節約を考えている
  • スマホはあまり頻繁ひんぱんさわらない
  • 自宅ではひかり回線でWi-Fi接続。外ではあまりスマホを使わない

こういった環境に当てはまるユーザーに、IIJmioへの乗換えはぜひおススメしておきたい。

IIJmio公式サイトへ

スマホ料金を節約し、かつ日本でも人気が出てきたモトローラスマホが安く手に入る。

ぜひこのチャンスをものにしていただければ幸いだ。

お気軽にコメントどうぞ コメント欄がないとき⇒下にスクロール

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました