★広告あり★
edgeシリーズ

【モトローラ】edge 40 neo|全部盛りスマホの低価格版

モトローラ・モビリティ・ジャパンより、2024年5月14日に発表。

5月24日(金)より、edge 40 neoが国内モデルとして販売されています。

ちなみに、グローバル版の発売は2023年9月でしたので、約8ヵ月遅れてのリリース

以前にも記事をアップしていましたが、改めてスペックやedge 40との比較をしてみます。

edge 40 neoのスペック

2023年7月発売のedge 40と比較していきます。

モデル名edge 40 NEOedge 40
Android™ OSAndroid™ 13⇒14
(アップデート予想)
Android™ 14
(アップデート確認)
セキュリティ
アップデート
2027年9月終了予定2027年5月終了予定
カラー①カリビアンブルー
②ブラックビューティー
①イクリプスブラック
②ルナブルー
サイズ①159.6×71.99×7.89mm
②159.6×71.99×7.79mm
①158.4×71.99×7.58mm
②158.4×71.99×7.49mm
重さ①172g
②170g
①171g
②167g
ディスプレイ6.55インチ フルHD+
有機EL・カーブディスプレイ
6.55インチ フルHD+
有機EL・カーブディスプレイ
リフレッシュレート144Hz144Hz
プロセッサーDimensity 7030Dimensity 8020
メモリ/ストレージ8GB/256GB8GB/256GB
カメラ5,000万画素(f/1.8)メインカメラ
1,300万画素(f/2.2)広角+マクロ
3,200万画素(f/2.4)インカメラ
5,000万画素(f/1.4)メインカメラ
1,300万画素(f/2.2)広角+マクロ
3,200万画素(f/2.4)インカメラ
オーディオステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
ステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
バッテリー5,000mAh
68W TurboPower™対応
Type-C(USB2.0)
4,400mAh/
68W TurboPower™対応
Type-C(USB2.0)
防塵・防水IP68(水中利用OK)IP68(水中利用OK)
5G/NFC○/○(おサイフケータイ対応)○/○(おサイフケータイ対応)

“ミドルレンジ”のedge 40 neo。普段づかいには十分!

性能をスコアにする「Antutuベンチマーク」によると、edge 40 neoは約52万点前後です。

モトローラの他モデルと比較してみます。

モデル名スコア
razr 40 ULTRA約1050000
edge 40約770000
edge 20約630000
edge 40 NEO約520000
moto g64 5G
(発売予想)
約490000
moto g52j 5G約450000
edge 20 FUSION約440000
moto g53j 5G約400000
moto g32約310000
moto g24約270000
一部のモトローラスマホと比較

この「52万」というスコア、普段づかいとしては文句なしの性能。

  • メール、通話
  • SNSを見たり、画像や動画をアップロードする
  • ネット検索、ナビ機能
  • 動画コンテンツを見る
  • 重すぎないゲーム
    (プロスピA、ポケマス、ツムツムなど)

edge 40と比べると約25万点の差がついていますが、上記のようなスマホの使い方はまったく問題ないでしょう。

安定の長持ちバッテリー|うれしい5,000mAh

edge 40ではちょっと不安だったバッテリー。

edge 40 neoは、モトローラらしい5,000mAhに戻りました。
(edge 40は4,400mAh)

68Wの急速充電にも対応していますので、残るは発熱問題のみ。

というのも、edge 40はそのうすさと高性能の裏で「本体が熱くなりやすい」問題がありました。

moto g32,moto g13,edge 40の厚さを比較した画像。edge 40が一番薄い
薄いと持ちやすいですが、デメリットもありました

neoでは、それがどこまで改善されているかが注目です。

見たところedge 40よりも性能がひかえめで、厚みが少し増していますので、多少は改善されているのかも…?

厚さ
edge 40 neoブルー:7.89mm
ブラック:7.79mm
edge 40ブルー:7.49mm
ブラック:7.58mm

カメラは「絞り値」が下がるも、画質はそこそこ良さそう

明るいコントラストや、背景ボケ感の強弱にもつながる「しぼり値(f/○○)」

(f/1.4)もあったedge 40ですが、neoは(f/1.8)と一般的なしぼり具合となっています。

また、撮影した画像のクオリティが、スマホの性能にも左右される点をまえると、そこそこキレイな仕上がりになると予想。

先述のスコア約52万は決して低くはなく、とくに「g」シリーズよりは優秀です。

普段づかいモデルとしては十分満足できるのではないでしょうか。

edge 40に続き、カーブディスプレイを搭載

側面までディスプレイが伸びているので、オシャレに見えるのが特徴です。

edge 40のカーブディスプレイ(上:ホーム画面、下:Google検索ホーム)
※画像はedge 40のディスプレイ
edge 40,edge 20,edge 20 FUSIONのディスプレイ側面を比較した画像。edge 40は側面まで画面がカーブしている
フラットディスプレイ(edge 20、edge 20 FUSION)と比較

またedgeシリーズらしい、フルHD+解像度にpOLED(有機EL)を搭載とうさい

動画コンテンツなど、色あざやかな画面で楽しめるでしょう。

日本では、カーブタイプよりもフラットなほうが好まれる印象がありますが…

もしシャープなスタイルが好みであれば、edge 40 neoもハマるのではないでしょうか。

edge 40 neoは定価54,800円(税込)。

2024年5月24日(金)にリリースのedge 40 neo。

モトローラ公式オンラインショップでは、すでに購入手続きが可能となっています。

モトローラ公式ショップ

高め性能とスタイリッシュな見た目にビビッときたら、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

★★こちらもチェック★★
⇒『edge 40 NEO|3つのカラーが魅力的!どれが好み?』(2023/9)
⇒『edge 40 NEOの情報解禁|日本でも発売ありとのウワサ』(2023/9)

お気軽にコメントどうぞ コメント欄がないとき⇒下にスクロール

  1. Luck13 より:

    個人的には、5万円未満で出せるタイミングを計っていたけど円安の進行などで無理になったように見えます。
    もし5万円未満で出せていたらより魅力的だったでしょうが、edge 50シリーズも控えている中でこれ以上遅らせられなかったのではないでしょうか。

    あとバッテリーに関しては
     Notebookcheckでは 無印≒neo
     GSMArenaでは    無印>neo
     91mobilesでは   無印<neo
    とサイトによって評価が分かれていますので、実際に使ってみないと分からないような気もしますね。

    • もとふぉん もとふぉん より:

      >Luck13さん
      ご返信ありがとうございます!!
      バッテリーに関する情報は、たしかに各サイトによって異なってますね…
      総括すると「大体同じ」という見方もできそうですが…これは実際にテストしてみたほうがいいかもですね!!
      (買う余裕がないんですけども笑)

      edge 40 neoがオーバー5万となると…edge 50 proは…涙
      8万は覚悟しておいたほうがいいでしょうか…。ぐすん。

  2. Luck13 より:

    とうとう出ましたね。
    海外でのレビューを見る限り、ディスプレイやカメラ性能はedge 40とほとんど同等で、スペックも重めのゲームをせず普段使いであれば十分あるみたいです。
    一方で、発熱やそれに伴うバッテリー持ちの悪さもedge 40ゆずりのようです。
    とはいえ、言い換えればedge 40とほとんど同じ機能とデザインのスマホがより安く手に入るわけで、そういう選択肢が増えるのは歓迎できますね。

    • もとふぉん もとふぉん より:

      >Luck13さん
      コメントありがとうございます!!
      おぉ、なかなか興味深い内容ですね。
      発熱とバッテリーもちは、無印ほどストレスになるものではないと思っていましたが…
      厚みがわずかに増えたとは言え、薄いモデルの宿命と言うヤツでしょうか…。

      ただ、円安の影響がある中で、おっしゃるように無印よりは安く手に入るのはたしかに嬉しいですね。
      IIJmioではのりかえ19,800円ですし、ここでモトローラのファンがまた増えてくれるといいですね!!

タイトルとURLをコピーしました