★広告あり★
Motoジャーナル

画面がキレイ!フルHD+ 有機ELディスプレイ対応のモトローラスマホ

毎日のようにながめるスマホの画面(ディスプレイ)。

せっかく買うのだから、”キレイ”で”あざやか”にうつるモデルがいいですよね。

このページでは、モトローラの中でもディスプレイ性能がすぐれたスマホを紹介します。

ぜひ購入時の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

【2023年版】対象のMotoスマホは6モデル

紹介するのは、次の6モデルです。

  • razr 40(2023/11)
  • razr 40 ULTRA(2023/8)
  • edge 40(2023/7)
  • edge 30 pro(2022/3)
  • edge 20(2021/10)
  • edge 20 FUSION(2021/10)

これらはディスプレイのスペックが高く

  • フルHD+(解像度2,400×1,080)
  • OLED(有機ELディスプレイ)

この2つの要素をそなえているので、キレイな画面でコンテンツを楽しめます。

それでは、対象の6モデルを見ていきましょう!

razr 40|折りたたみスマホの日本ユーザー向けモデル

2023年11月発売のrazrレイザー 40は、折りたたみができる新しいスマホ。

そのビジュアルは今の若者には斬新であり、また、かつての”ガラケー”世代にはどこか懐かしさを感じるものがあります。

幅広い世代に受け入れられそうな1台で、2024年以降の活躍が期待できるでしょう。

そんなrazr 40のディスプレイは6.9インチと大きめ。

解像度2,640×1,080のフルHD+に加え、プラスチック型有機ELディスプレイあざやかにうつります。

他ブランドでは、スマホにしてはめずらしい4K画質のモデルも誕生していますが…

フルHD画質でも十分にキレイに映るはずです。

おサイフケータイにも対応した日本向け折りたたみスマホ、ぜひお試しあれ。


スペック一覧を見る
定価125,800円(税込)
プロセッサーSnapdragon 7 Gen 1
Mobile Platform
メモリ/ストレージ8GB/256GB
ディスプレイメイン:6.9インチ フルHD+ 有機ELディスプレイ
背面:1.5インチディスプレイ
リフレッシュレートメインディスプレイ:144Hz
背面ディスプレイ:60Hz
カメラ6,400万画素メイン(f/1.7)
1,300万画素超広角+マクロ(f/2.2)
3,200万画素インカメラ(f/2.4)
オーディオデュアルステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
バッテリー/充電4,200mAh
30W TurboPower™チャージ対応
5W ワイヤレス(Qi)充電対応
5G
おサイフケータイ/NFC○/○
じん・防水IP52

ここもポイント
  • とにかく新しい!りたためるスマホ
  • 背面には1.5インチディスプレイあり
    →コンパクトな状態でも通知とか見れる
  • おサイフケータイ対応(タッチ決済OK)
  • 多くのゲームをストレスなく楽しめる
  • スクロールがなめらかで目にやさしい
  • 音が広がりやすいステレオスピーカー
  • 置くだけかんたん!ワイヤレス充電対応
  • もちろん5G通信も対応!
ここは気になる…
  • グラフィック豊かな重いゲームは画質設定必要
    →『原神』など
  • 防水性▲。水中利用はできない
  • イヤホンジャック/microSDカードは非対応
  • 他モデルより価格が高め(125,800円)
解説記事はこちら

razr 40 ULTRA|折りたたみスマホのハイスペックモデル

2023年8月発売のrazrレイザー 40 ULTRAウルトラも、折りたたみできる新世代スマホ。

先ほどのrazr 40よりもスペックが高く、最先端を求めるユーザーにピッタリと言えます。

気になるディスプレイは6.9インチ

解像度2,640×1,080のフルHD+プラスチック型有機ELディスプレイもrazr 40と同じです。

いっぽうで背面ディスプレイは3.6インチと、折りたたんだ状態でもゲームができるほど大きさがあります。

1.5インチのrazr 40と比べると、2倍以上ですね。

上位モデルだけあって、ほぼすべての性能・機能がピカイチ。

思い切ってチャレンジしてみるのもあり!


スペック一覧を見る
定価155,800円(税込)
プロセッサーSnapdragon 8+ Gen 1
Mobile Platform
メモリ/ストレージ8GB/256GB
ディスプレイメイン:6.9インチ FHD+ 有機ELディスプレイ
背面:3.6インチ有機ELディスプレイ
リフレッシュレートメインディスプレイ:165Hz
背面ディスプレイ:144Hz
カメラ1,200万画素メイン(f/1.5)
1,300万画素超広角+マクロ(f/2.2)
3,200万画素インカメラ(f/2.4)
オーディオデュアルステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
マイク×3
バッテリー/充電3,800mAh
30W TurboPower™対応
5G
おサイフケータイ/NFC×/○

ここもポイント
  • 新世代・最先端のりたたみスマホ
  • 背面には3.6インチディスプレイあり
    →コンパクトな状態でもゲームや動画が楽しめる
  • 処理の重いゲームもストレスなく楽しめる
  • メインカメラは光の取り込みに優れている
    →1,300万画素(f/1.5)
  • モトローラスマホの中で一番スクロールがなめらか!
  • 音が広がりやすいステレオスピーカー
  • 置くだけかんたん!ワイヤレス充電対応
  • docomo回線でも5G通信のエリアが広範囲
    →他モデルはエリア縮小
ここは気になる…
  • おサイフケータイ非対応
  • 防水性▲。水中利用はできない
  • イヤホンジャック/microSDカードは非対応
  • 他モデルより価格が高め(155,800円)
  • バッテリー容量が少なめ(3,800mAh)
解説記事はこちら

edge 40|スタイルもスペックも優れた”全部盛り”スマホ

2023年7月発売のedge 40は、スペックもスタイルもすぐれたモデル。

一部で”全部盛り“と表現されているように、使っていて非常に楽しめるのが特徴です。

edge 40を手に持っているときの画像

ディスプレイはプラスチック基板の有機ELディスプレイ

解像度は2,400×1,080のフルHD+画質と、画面はあざややかに映ります。

edge 40のディスプレイ(ピンクトーン)
画像では伝わりにくいですが…すごく鮮やかです!

さらにedge 40は、国内モトローラスマホ初の「カーブディスプレイ」を搭載とうさい

本体側面まで食い込むディスプレイは、スタイリッシュの象徴です。

edge 40の本体側面。カーブディスプレイ
画面が側面まできている

筆者もedge 40を使っていますが、ゲームも動画も高画質で楽しめます。

軽くて持ちやすいメリットもあるので、モトローラの中でもおススメの1台。


スペック一覧を見る
定価64,800円(税込)
ディスプレイ・約6.55インチ カーブディスプレイ
・FHD+ 有機ELディスプレイ
・リフレッシュレート144Hz
リフレッシュレート144Hz
プロセッサー Dimensity 8020
メモリ/ストレージ8GB/256GB
カメラ・約5,000万画素メイン(f/1.4)
・1,300万画素超広角マクロ(f/2.2)
・3,200万画素インカメラ(f/2.4)
バッテリー4,400mAh
68W TurboPower™対応
オーディオ・ステレオスピーカー
・Dolby Atmos対応
5G
おサイフケータイ/NFC○/○

ここもポイント
  • コンパクトで持ちやすい!
  • 多くのゲームがストレスなく楽しめる
  • 国内モトローラの中で一番光の取り込みが優秀なカメラ
    →5,000万画素(f/1.4)
  • スクロールがなめらかで目にやさしい!
  • 音が広がりやすいステレオスピーカー
  • 置くだけかんたん!ワイヤレス充電対応
  • 5G通信・おサイフケータイ対応
  • 1時間以内でフル充電!68W急速充電
  • 防水性○ 水中での利用も可
ここは気になる…
  • 本体が熱くなりやすい
    →カメラや一部アプリの長時間利用はけたい
  • イヤホンジャック/microSDカードは非対応
超!おトク情報

edge 40は、IIJmio(アイ・アイ・ジェイミオ)がおトク!

①SIMのりかえと同時購入
34,800円(税込)

②スマホ本体のみ購入
47,800円(税込)

IIJmio公式サイト

解説記事はこちら

edge 30 pro|コスパが良くなってきたハイエンドモデル

2022年3月発売のedge 30 proは、高性能がウリのハイエンドモデル。

発売から月日がち、価格が下がってきていることから、コスパ性がグンとよくなっています。

肝心のディスプレイは「有機ELディスプレイ」となっていますが、おそらくプラスチック基板かと思われます。
(※手に入ったら情報追記します…)

解像度2,400×1,080のフルHD+画質で、コンテンツがキレイに映りますよ。

国内モトローラで2番目にスペックの高いedge 30 pro。

現在は普段づかいモデルと同等の価格で買えるので、ぜひ使ってみたい1台です。


スペック一覧を見る
定価86,801円(税込)
プロセッサーSnapdragon™ 8 Gen 1 Mobile Platform
メモリ/ストレージ12GB/256GB
8GB/128GB
ディスプレイフルHD+ 有機ELディスプレイ
リフレッシュレート144Hz
カメラ約5,000万画素メイン(f/1.8)
約5,000万画素超広角マクロ(f/2.2)
約200万画素深度センサー(f/2.4)
約6,000万画素インカメラ(f/2.2)
バッテリー4,800mAh
68W TurboPower™対応
オーディオDolby Atmos対応
デュアルステレオスピーカー搭載
5G
おサイフケータイ/NFC×/○
edge 30 proのスペック一覧

ここもポイント
  • ほぼすべてのゲームがストレスなく楽しめる
  • スクロールがなめらかで目にやさしい!
  • 音が広がりやすいステレオスピーカー
  • 置くだけかんたん!ワイヤレス充電対応
  • 5G通信対応
  • 1時間以内でフル充電!68W急速充電
ここは気になる…
  • 本体が熱くなりやすい
    →カメラや一部アプリの長時間利用はけたい
  • バッテリーの減りが早いとウワサ…
  • イヤホンジャック/microSDカードは非対応
  • おサイフケータイ非対応
  • 防水性▲。水中利用は不可
超!おトク情報

edge 30 proは、IIJmio(アイ・アイ・ジェイミオ)がおトク!

①SIMのりかえと同時購入
48,199円(税込)※ワイヤレス充電機つき

②スマホ本体のみ購入
67,800円(税込)

IIJmio公式サイト

解説記事はこちら

edge 20|モトローラスマホで一番うすくて軽いモデル

2021年10月発売のedge 20は、国内モトローラの中で”最薄・最軽量”なモデル。

2023年12月現在でも、そのうすさと軽さは健在けんざい。持ちやすいです。

motorola edge 20を持っている画像

ディスプレイは、他モデルと同様。

解像度2,400×1,080のフルHD+画質に、プラスチック基板の有機ELディスプレイ搭載です。

edge 20のディスプレイ
画像では伝わりづらいですが…edge 20も鮮やかに映ってます

そこそこスペックもよく、ゲームも楽しめるedge 20。

影が薄くなってきた感もありますが、スタイリッシュ&性能高めモデルとして2024年も十分活躍できそうです。


スペック一覧を見る
定価53,800円(税込)
プロセッサーSnapdragon™ 778G
メモリ/ストレージ6GB/128GB
リフレッシュレート144Hz
カメラ約10,800万画素メイン(f/1.9)
1,600万画素超広角マクロ(f/2.2)
望遠800万画素3倍光学ズーム(f/2.4)
3,200万画素インカメラ(f/2.25)
バッテリー4,000mAh
30W TurboPower™対応
オーディオモノラルスピーカー
5G
おサイフケータイ/NFC×/○
edge 20のスペック一覧

ここもポイント
  • 国内モトローラで一番うすく(6.99mm)て軽い(163g)
  • 多くのゲームがストレスなく楽しめる
  • スクロールがなめらかで目にやさしい!
  • 5G通信対応
  • 10,800万画素+3倍望遠光学ズーム搭載。
    →ズームしても画質が落ちにくい
ここは気になる…
  • edge 40のほうが性能は高め
    →edge 20はサポート切れが迫る
  • イヤホンジャック/microSDカードは非対応
  • 音が下方向のみ出力するモノラルスピーカー
  • おサイフケータイ非対応
  • 防水性▲。水中利用は不可
解説記事はこちら

edge 20 FUSION|普段づかいにピッタリ!お手ごろ価格モデル

2021年10月発売のedge 20 FUSIONは、先ほどのedge 20の廉価れんか版。

スペックは普段づかいレベルですが、ディスプレイにこだわりが見られるモデルです。

モトローラedge 20 FUSIONの見た目

edgeシリーズは、すべてディスプレイが高い水準。

このモデルも解像度2,400×1,080のフルHD+画質に、プラスチック基板の有機ELディスプレイ

さまざまなコンテンツを高画質で楽しめます。

motorola edge 20 FUSIONの見た目
実際に見ると驚くほどキレイです。

edge 20と同じく、市場では存在感が薄くなってきたモデル。

しかしながら、普段づかいレベルとしては重宝するスペックを持っています。

価格も大分下がってきたので、少しでもコスパを求めるならぜひ使ってみてはいかがでしょうか。


スペック一覧を見る
定価43,800円(税込)
プロセッサーMediaTek Dimensity 800U
メモリ/ストレージ6GB/128GB
リフレッシュレート90Hz
カメラ約10,800万画素メイン(f/1.9)
800万画素超広角マクロ(f/2.2)
200万画素深度センサー(f/2.4)
3,200万画素インカメラ(f/2.25)
バッテリー5,000mAh
30W TurboPower™対応
オーディオモノラルスピーカー
3.5mmヘッドセットジャック
5G×
おサイフケータイ/NFC×/○

ここもポイント
  • 片手でサクッとできるタイトルを中心にゲームも楽しめる
  • スクロールはそこそこなめらか!
  • 5G通信対応
  • 10,800万画素メインカメラ搭載
  • イヤホンジャック・microSDに対応
ここは気になる…
  • グラフィック豊かな重いゲームはプレイが難しい
    →『原神』など
  • 少し前のモデルのため、サポート切れが迫る
  • 音が下方向のみ出力するモノラルスピーカー
  • おサイフケータイ非対応
  • 防水性▲。水中利用は不可
解説記事はこちら

ディスプレイ性能がいいモトローラスマホを紹介

以上、6モデルを紹介しました。

当ブログメディアでは、他にもモトローラの様々なおススメ記事を用意しています。

スリムで持ちやすいMotoスマホを紹介する記事↓

カメラ性能に特化したモデル↓

ご自身に合った最高の1台を見つけましょう!

お気軽にコメントどうぞ コメント欄がないとき⇒下にスクロール

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました