★広告あり★
razrシリーズ

【調査記事】razr 40|どの世代にもハマる!日本ユーザー向け折りたたみスマホ

モトローラ・モビリティ・ジャパンより2023年11月に発売「razrレイザー 40」。

りたたみスマホとしては3つめで、8月発売のrazr 40 ULTRAウルトラ廉価れんかモデルです。

個人的には、多くのユーザーがハマる大きなトレンドになると考えています。

razr 40は世代関係なく流行の予感…①コンパクトで最先端スタイル②ガラケー世代に馴染みのスタイル③高性能で使いやすい

このページでは、razr 40について調査した内容をまとめています。

ぜひチェックしていきましょう。

\SIMのりかえで69,800円(税込)

razr 40|最高のスタイル & スペックをチェック

筆者、まだrazrレイザー 40を手にしていないので写真がありません…(早く買いたいが…)

どんなスタイルかは、モトローラ公式でご確認ください。

さてrazr 40(とrazr 40 ULTRAも)は、2024年に大きなトレンドになると予想。

いよいよスマホにも転換期がきたといっても良さそうです。

とくに、これまでのスマホが当たり前の10代~20代には斬新ざんしんに見えるはず。

というのも、やはり”りたたみ”でコンパクトになり、かつ見た目もスッキリ。

ポケットに入れてもかさばらないスタイルは、これまでのスマホにはないメリットです。

折りたたみ状態でも画面があることもふくめ、razr 40は若者のしアイテム」になっていくと考えてますが、いかがでしょうか。

いっぽう、razr 40のターゲットは若者だけではありません。

筆者もそうですが、2000年代に”ガラケー”を使っていたユーザーにもさるものがあるはずです。

学生時代に使っていたガラケーは、その形状もふくめ、思い出の宝庫。

その青春を思い出すかのようなrazr 40のスタイルは、私たち(30代~)にもピッタリです。

これから解説していきますが、もちろんスペックも折り紙付きです。

しかしながら、このスタイルこそ人気モデルとなり得るきっかけだと思います。

定価(税込)125,800円
サイズ(mm)開:縦170.8×幅73.9×厚さ7.3
閉:縦88.2×幅73.9×厚さ15.8
重さ約188g
プロセッサーSnapdragon™ 7 Gen 1
Mobile Platform
メモリ/ストレージ8GB/256GB
メインディスプレイ6.9インチ フルHD+
有機ELディスプレイ
背面ディスプレイ1.5インチ 有機ELディスプレイ
リフレッシュレートメイン:144Hz
背面:60Hz
カメラ6,400万画素メインカメラ(f/1.7)
1,300万画素 超広角+マクロ (f/2.2)
3,200万画素インカメラ (f/2.4)
バッテリー/充電4,200mAh
30W TurboPower™ チャージ対応
5W ワイヤレス充電(Qi対応)
オーディオステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
5G通信
おサイフケータイ/NFC○/○
防塵・防水IP52(水中での利用不可)

ここからはスペックや機能について見ていきます。

プロセッサー|普段づかいにも、ゲームプレイにも最適

“スマホの頭脳”とも言われ、性能を左右するプロセッサー。

razr 40は「Snapdragon™ 7 Gen 1」を搭載とうさいしています。

実機測定はしていないため、あくまでWeb上の情報元となりますが…

ミドルハイクラスとのことで、普段づかい以上の性能はあると見ています。

Antutuベンチマークと呼ばれるアプリ(?)での測定情報を、筆者が持っているモトローラスマホとも比較してみます↓

モデル名総合スコアCPUGPUMEMUX
razr 40 ULTRA約1100000
edge 30 pro約1000000
razr 40約820000
~850000
edge 40755310233767190374156964174205
edge 20621794209599149349117476145370
moto g52j 5G4497881512368360496588118360
edge 20 FUSION4415561392599006695132117099
moto g32316222109445409469203473797
moto g1327261088062391276764977772
※edge 40から下はAntutuベンチマークver.10.1.3の結果

2023年11月現在、国内モトローラスマホの中では3番目に高スペック。

8月に発売のedge 40よりもスペックが高く、ハイエンドモデルに限りなく近いポジションにいます。

まず間違いなく、”普段づかい”としての利用はパーフェクトにこなすでしょう。

むしろ、多くのゲームを高画質で快適にプレイできることを考えると、非常に幅広い使い方が期待できますね。

ディスプレイ|メインディスプレイ & 背面は1.5インチディスプレイ

razr 40のディスプレイは、前面と背面の2つ。

どちらも現在流行はやっている有機ELディスプレイ搭載とうさいしているので、とてもきれいな画面です。

また、りたたんだときに活躍する背面ディスプレイは約1.5インチとやや小さめ。

上位のrazr 40 ULTRAが3.6インチなので、その約半分以下の大きさです。

とはいえ、じた状態でも時間や通知チェック、音楽操作なども可能なため、使い勝手はいいと考えられます。

おサイフケータイ|タッチ決済で会計スムーズ

razr40 ULTRAには残念ながら入っていなかったおサイフケータイ。

razr 40にはしっかり入っているので、タッチ決済によるスムーズな会計や、改札スルーが期待できます。

ここ最近は、コンビニや自動販売機、飲食店でもおサイフケータイを利用するユーザーが多数。

筆者もおサイフケータイを使ってみたのですが、予想以上にスムーズで驚きました。

別モデル(edge 40)ですが、こんな感じです↓

モトローラのスマホもおサイフケータイ対応モデルが増えています。

ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

カメラ性能|6,400万画素メインカメラに、絞り値(f/1.7)レンズ

スマホのカメラに激しいこだわりを持っていなければ、razr 40は十分な性能です。

メインカメラは6,400万画素で、光の取り込みに関わる絞り値は(f/1.7)
※(f/○○)の値が小さいほど光を取り込みやすい

実はこれ、今や影にかくれてしまったmoto g100と同じ値だったんですね。

しかしながら、スマホのカメラはレンズだけでなくプロセッサーの性能も関与してきます。

もちろんrazr 40のほうがスペックは上なので、少なくともmoto g100よりはキレイに撮れるはず…。

絞り値(f/1.4)のedge 40や、(f/1.5)のrazr 40 ULTRAに比べると光の取り込みは弱いですが、「画質が悪い!」ということはないと考えられます。

このあたりは、実機レビューができたらもっと詳しく解説していきます。

バッテリー|強化された4,200mAh。急速充電も対応

最後にバッテリー性能。

razr 40 ULTRAは3,800mAhと少し不安が残ったバッテリー容量。

いっぽうのrazr 40は4,200mAhと増えており、電池持ちは良くなったと考えられます。

ただ、数値が高ければいいというわけでもないので、これも実機レビュー後に解説できたらと思います。

尚、razr 40は「30W TurboPowerチャージ」対応。

急速充電が可能となっております。

モトローラのターボパワーチャージャー30Wと68W
「30」と書いてあるほうです

筆者が持っているedge 20 FUSION(バッテリー5,000mAh)も同じ30W対応ですが、大体1時間30分くらいでフル充電ができていました。

それを踏まえると…おそらく1時間ちょっとの計算。

ここも実機レビュー待ちということで…後ほど。

razr 40といっしょに検討したい「razr 40 ULTRA」「edge 40」

razrレイザー 40は、2024年以降にトレンドとなるだろう「折りたたみスマホ」の先けモデルです。

筆者個人としては、いち早く手に入れたいところです…

ところで、razr 40と肩を並べるモトローラスマホは、他にどんなモデルがあるでしょうか?

このページでは「razr 40 ULTRA」と「edge 40」をおススメします。

razr 40 ULTRA|国内モトローラの最上位モデル

razr 40よりも一回りスペックの高いrazr 40 ULTRA。

国内モトローラスマホの中で一番の性能をほこり、あらゆるゲームを快適にプレイできるほど優秀です。

おサイフケータイに対応していない点はしいところですが…

それ以外の性能は、ほぼrazr 40の上位モデルとなっています。

とくに、背面ディスプレイには差がついています。

約1.5インチのrazr 40に対し、razr 40 ULTRAは約3.6インチと倍以上の大きさ。

動画を見たり、一部ゲームプレイができたりと、りたたんだ状態での使い方に幅が出てきます。

もちろん好みの問題も出てきますが、りたたみスマホのメリットを最大限に活かしたいユーザーにはrazr 40 ULTRAがおススメです。

edge 40|ミドルハイクラスのコンパクトモデル

同じくらいのスペックなら、2023年7月発売のedge 40もおススメです。

Notりたたみスマホですが、その中でもコンパクトで持ちやすさは◎

edge 40の前面と背面を写した画像

一番の特徴は、国内モトローラ初の「カーブディスプレイ」。

スマホ側面まで食い込むディスプレイはとてもスマートで、一般的なフラットディスプレイにはないカッコよさが光ります。

edge 40のカーブディスプレイ

もちろん見た目だけではなく、スペックも申し分ありません。

国内モトローラで一番しぼり値の高い(f/1.4)カメラは、夜の撮影にもバッチリです。

razr 40と同じくおサイフケータイも対応しており、かなり完成度の高い1台。

ぜひ候補の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

razr 40がおトクに買えるのはどこ?

今回紹介しているrazrレイザー 40。

2024年6月現在の最安値価格は、IIJmio(アイ・アイ・ジェイミオ)69,800円(税込)です。

のりかえが条件となりますが、この価格で買えるのはIIJmioだけ。

AmazonなどのECサイトでは、安くなっても軒並み10万円以上。

いずれは価格も下がってきますが、今買うのであればIIJmioがおすすめとなります。

\SIMのりかえで69,800円(税込)

各種ポイントを使っておトクに買えそうなら、ECサイトもチェックしてください。

おわりに:モトローラスマホ情報は当ブログでどうぞ

以上、2023年11月発売のrazr 40について、解説してきました。

当ブログでは、他にも国内モトローラスマホの情報を発信中です。

気になるモデルの動向などは、ぜひここでチェックしてくださいね。

当ブログでよく読まれている記事

お気軽にコメントどうぞ コメント欄がないとき⇒下にスクロール

タイトルとURLをコピーしました