★広告あり★
国内モトローラスマホ

【2024年5月】30,000円以下で買えるモトローラスマホ5選

「サブ機はどれを選んだらいいかな?」「とにかく安いスマホがほしいな!」と考えているユーザーへ、「格安」で「サブ機」にも合うスマホを紹介します。

>>さっそくチェックする<<

エントリーモデル|スマホへのこだわりが少ないユーザー向け

moto g13とmoto g32の背面を写した画像

定価30,000円以下で買えるスマホは、多くが”エントリーモデル”と呼ばれています。

普段づかいレベルの中でも性能はやや低い反面、おトクに買えるのが特徴です。

下記のような使い方のユーザーにおススメ!

おすすめユーザー
  • スマホの使い道は、SNSや通話、ネット検索など
  • ゲームはするけど、片手でできるタイトルが中心
  • 動画やSNSは、見れればOK
  • 子どものスマホデビューに
  • もしものときのサブ機として

その一方で、エントリーモデルが向かないユーザーもいます。

普段づかい以上の性能を求めるのであれば、より高価格なスマホがいいでしょう。

向かないユーザー
  • ゴリゴリのハイスペックモデルが好み
  • 高画質でキレイに写るカメラがいい
  • 「グラフィック豊かな」「タイミングがシビアな」RPGやFPSゲームが日課
  • 動画や音楽は「高画質・高音質」が条件

それでは、おトクに買えるモトローラのスマホを紹介していきます。

30,000円以下|モトローラの5モデル(セール情報あり)

ランキングはこちら
  1. edge 40
    定価64,800円
    ⇒のりかえ19,800円(税込)
  2. moto g53j 5G
    定価34,800円
    ⇒再生品27,480円(税込)
    ⇒のりかえ4,980円(税込)
  3. moto g24
    定価20,800円(税込)
    ⇒のりかえ110円(税込)
  4. moto g32
    定価28,800円(税込)
  5. moto g13
    定価22,800円(税込)

各モデルのスペックは下記をご参考ください↓

モデル名\今がおトク/
edge 40
\今がおトク/
moto g53j 5G
moto g24moto g13moto g32
発売2023年7月2023年6月2024年3月2023年4月2022年9月
価格(税込)64,800円
19,800円
(※2024/5現在)
34,800円
4,980円~
(※2024/5現在)
20,800円22,800円28,800円
プロセッサ(※スコア)Dimensity 8020
(スコア約77万点)
Snapdragon™ 480+ 5G
(スコア約40万点)
Helio G85
(スコア約27万)
Helio G85
(スコア約27万)
Snapdragon™ 680 4G
(スコア約31万)
メモリ/ストレージ8GB/128GB8GB/128GB
microSD最大1TB対応
8GB/128GB
microSD最大1TB対応
4GB/128GB
microSD最大512GB
4GB/128GB
microSD最大1TB
ディスプレイ約6.55インチ フルHD+
カーブディスプレイ(有機EL)
6.5インチ HD+
液晶ディスプレイ
6.6インチ HD+
液晶ディスプレイ
6.5インチ HD+
液晶ディスプレイ
6.5インチ フルHD+
液晶ディスプレイ
カメラ①5,000万画素メイン(f/1.4)
②1,300万画素超広角120°+マクロ(f/2.2)
③3,200万画素インカメラ(f/2.4)
①5,000万画素メイン(f/1.8)
②200万画素マクロ(f/2.4)
③800万画素インカメラ(f/2.0)
①5,000万画素メインカメラ(f/1.8)
②200万画素マクロカメラ(f/2.4)
③800万画素インカメラ(f/2.0)
①5,000万画素(f/1.8)
②200万画素マクロ(f/2.4)
③200万画素深度センサー(f/2.4)
④800万画素インカメラ(f/2.0)
①5,000万画素(f/1.8)
②800万画素超広角+深度センサー(f/2.2)
③200万画素マクロ(f/2.4)
④1,600万画素インカメラ(f/2.4)
オーディオ■ステレオスピーカー
■Dolby Atmos対応
■ステレオスピーカー
■Dolby Atmos対応
■3.5mmジャック
■ステレオスピーカー
■Dolby Atmos対応
■3.5mmジャック
■ステレオスピーカー
■Dolby Atmos対応
■3.5mmジャック
■ステレオスピーカー
■Dolby Atmos対応
■3.5mmジャック
バッテリー4,400mAh
TurboPower™ 68W対応
5,000mAh
18Wチャージ対応
5,000mAh
TurboPower™ 15W対応
5,000mAh
TurboPower™ 20W対応
5,000mAh
TurboPower™ 30W対応
5G通信×××
NFC/おサイフケータイ○/○○/○〇/×○/×○/×
※スコアはAntutuベンチマークVer10.2.3にて検証

各モデルごとに解説していきます。

1位:edge 40|SIMのりかえで19,800円!高性能モデルがおトク!

話題の全部盛り・・・・スマホ「edge 40」が50%以上おトクです。

SIM乗換のりかえが条件となりますが、このチャンスは見逃せません!

  • motorola edge 40本体
  • edge 40のカーブディスプレイ(上:ホーム画面、下:Google検索ホーム)
  • edge40の背面(ルナブルー)
  • edge 40のAntutuスコア(ver10.2.5)774155
ここがポイント!
  • 高性能「ミドルハイ」クラス
    ⇒ゲームも多くのタイトルで快適プレイ
  • スタイリッシュでコンパクト
    ⇒側面まで伸びるカーブディスプレイ
    ⇒持ちやすさも◎
  • あざやか高画質ディスプレイ
    ⇒解像度はフルHD+
    ⇒はやりの有機ELディスプレイ
    ⇒スクロールなめらかで目に優しい
  • 5,000万画素(f/1.4)メインカメラ
    ⇒暗い場所でもしっかり補正
  • オーディオ環境○
    ⇒臨場感を楽しめるDolby Atmos対応
    ⇒音が広がりやすいステレオスピーカー
    ⇒3.5mmヘッドセットジャックあり
  • 1時間以内の急速充電ができる
  • おサイフケータイ対応モデル
  • 5G通信も対応
ここに注意!
  • アプリ利用で本体が熱くなりやすい
  • 『原神』など高負荷なゲームは画質低下

\SIMのりかえで19,800円(税込)

★★レビューもチェック★★
⇒『edge 40 レビュー

2位:moto g53j 5G|SIMのりかえで4,980円!エントリーモデルの中で一番の高性能!

30,000円以内で買えるモデルなら、moto g53j 5Gがおススメです。

これを選ばない理由はほぼないでしょう。

  • moto g53j 5Gのディスプレイ
  • moto g53j 5GのAntutuスコア(ver10.2.5)403596点
  • moto g53j 5Gの背面(アークティックシルバー)
  • moto g53j 5Gの背面カメラ
ここがポイント!
  • エントリーモデルで一番の高性能モデル
    ⇒ミドルクラス並み
    ⇒ある程度はゲームもOK!
  • スクロールなめらかで目に優しい
    ⇒120Hzリフレッシュレート
  • 5,000万画素(f/1.8)メインカメラ
    ⇒日常のショットもそこそこキレイに撮れる
  • 長持ちバッテリー
    ⇒大容量5,000mAh
  • オーディオ環境○
    ⇒臨場感を楽しめるDolby Atmos対応
    ⇒音が広がりやすいステレオスピーカー
    ⇒3.5mmヘッドセットジャックあり
  • おサイフケータイ対応モデル
  • 5G通信も対応
ここに注意!
  • ディスプレイは基本レベル
    ⇒HD+解像度
    ⇒通常の液晶ディスプレイ
  • 高負荷なゲームやアプリは難しい
  • 防水性×

\SIMのりかえで4,980円(税込)

\再生品は27,480円(税込)

★★レビューもチェック★★
⇒『moto g53j 5G レビュー

3位:moto g24|定価20,800円「RAMブースト機能」がウリのエントリーモデル

「RAMブースト」機能がついたエントリーモデル、moto g24。

第4位のmoto g13と同じ性能ですが、コスパ性がよくなっています。

ここがポイント!
  • 2024年3月に発売したばかりの新モデル
    ⇒新しいモデルなので2027年まで使える
  • RAMブースト機能搭載
    ⇒8GB+8GBの大容量メモリを実感できる
  • 内部ストレージ128GB対応
    ⇒microSDも最大1TB対応
  • 長持ちバッテリー
    ⇒大容量5,000mAh
  • オーディオ環境○
    ⇒ステレオスピーカー
    ⇒臨場感を楽しめるDolby Atmos対応
    ⇒3.5mmヘッドセットジャックあり
ここに注意!
  • プロセッサーは低スペック
    ⇒総合的な性能はひかえめ。
    ⇒ゲームプレイが多いなら別モデルの購入がおすすめ
  • 画面のキレイさは基本レベル
    ⇒スクロール中は画面がチラつく可能性大
    あざやかさも基本レベル
  • 5G非対応/おサイフケータイ非対応

\SIMのりかえで110円(税込)

★★こちらもチェック★★
⇒『moto g24 解説記事

4位:moto g32|定価28,800円「エンタメ向け」エントリーモデル

“エントリーモデル”に分類されますが、音楽や動画コンテンツをしっかり楽しめるのが特徴です。

  • moto g32のディスプレイ
  • moto g32のAntutuスコア(Ver10.2.5)289442
ここがポイント!
  • 高解像度フルHD+
    エントリーモデルで唯一の高画質モデル
  • 内部ストレージ128GB搭載
    ⇒microSDは最大1TB対応
  • エントリーモデルで一番の高音質
    ⇒ステレオスピーカー搭載だから音が広がりやすい
    ⇒臨場感を楽しめるDolby Atmos対応
    ⇒3.5mmヘッドセットジャックあり
  • 5,000万画素(f/1.8)メインカメラ
  • 長持ちバッテリー
    ⇒大容量5,000mAh
  • 急速充電対応
    ⇒2時間ちょっとでフル充電できる
ここに注意!
  • グラフィック豊かなゲームのプレイは難しい
    ⇒『原神』をはじめとするゲームには不向き
  • メインメモリ4GB
    ⇒アプリをいくつも開くともっさり感
  • 5G非対応/おサイフケータイ非対応

★★レビューもチェック★★
⇒『moto g32 レビュー

第5位:moto g13|定価21,800円のお手ごろエントリーモデル

ほぼ20,000円という低価格ながら、それ以上にコスパの良さを感じる1台です。

  • moto g13のディスプレイ(ホーム画面)
  • moto g13のAntutuスコア(ver10.2.5)は272190
  • moto g13(ラベンダーブルー)の背面
  • moto g13の本体上部にある「DolbyAtmos」のロゴ
  • moto g13の背面トリプルカメラ
  • moto g13で撮影したカピバラ
ここがポイント!
  • 充実のオーディオ環境
    ⇒ステレオスピーカーで音が広がりやすい
    ⇒臨場感が出るDolby Atmos対応
    ⇒3.5mmヘッドセットジャックあり
  • 内部ストレージ128GB
    ⇒保存容量がかなりある!
    ⇒microSDは512GB対応!
  • スクロールなめらかで目に優しい
  • 5,000万画素(f/1.8)メインカメラ
    ⇒日常ショットもOK!
  • 長持ちバッテリー
    ⇒大容量5,000mAh
ここに注意!
  • プロセッサーは低スペック
    ⇒ゲームプレイが多いなら別モデルの購入がおすすめ
  • メインメモリ4GB
    ⇒アプリをいくつも開くともっさり感
  • 5G非対応/おサイフケータイ非対応
  • Android™ 14以降のアップデートはなし
    今買うなら、同性能のmoto g24を選びましょう!

\再生品が12,800円(税込)

★★レビューもチェック★★
⇒『moto g13 レビュー

その他のおすすめランキングもチェック!

ご自身に合ったモデルは見つかりましたか?

モトローラには他にも魅力的なスマホがありますので、ぜひ下記リンクもチェックしてくださいね↓

30,000円~60,000円で買える普段づかいスマホ

60,000円以上の高スペックスマホ

お気軽にコメントどうぞ コメント欄がないとき⇒下にスクロール

タイトルとURLをコピーしました