【モトローラ】edge 50 proが国内発売。7月12日より

モトローラ・モビリティ・ジャパンより、正式に発表がありました。

2024年7月12日(金)より、新モデル「edge 50 pro」がリリース。

また、同時にソフトバンク独占「edge 50s pro」も登場となります。

スポンサーリンク

前モデルを超える”ミドルハイ”モデル。新しい体験も可能に。

性能・機能、ポイントは下記をご確認ください↓

  • 性能・機能
  • ポイント
価格(税込)79,800円
本体サイズ(mm)縦161.2×幅72.4×厚さ8.19mm
重さ186g
カラー①ブラックビューティー
②リュクスラベンダー
③バニラクリーム(ソフトバンク版独占)
Android™ OSAndroid™ 14
プロセッサーSnapdragon™ 7 Gen 3
メモリ/ストレージ①12GB/256GB
②8GB/256GB(ソフトバンク版)
ディスプレイ6.7インチ Super HD 1.5K
有機ELカーブディスプレイ
リフレッシュレート144Hz
輝度ピーク時2,000nit
カメラ5,000万画素(f/1.4)メインカメラ
1,300万画素(f/2.2)超広角+マクロ
1,000万画素(f/2.0)3倍光学ズーム
5,000万画素(f/1.9)インカメラ
オーディオステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
バッテリー/充電4,500mAhバッテリー(USB 3.1)
125W急速充電対応
15Wワイヤレス充電対応
5G/おサイフケータイ○/○
Wi-FiWi-Fi 6E
防塵・防水IP68(水中利用可)
ここがポイント!
  • 普段づかい以上の性能
    ⇒メールやSNS、動画も高画質でバッチリ!
    ⇒ゲームもほとんどのタイトルを快適にプレイ
  • 今までよりもキレイな(?)画面!
    ⇒モトローラ初の「Super HD 1.5K」
    ⇒キレイに映る「有機ELディスプレイ」
    ⇒シャープな見た目「カーブディスプレイ」
  • 超!大容量な12GBメモリ
    ⇒これも国内モトローラ初!
  • 望遠レンズがついたカメラ
    ⇒ズームしてもキレイな写真が撮れる
    ⇒夜間の撮影もバッチリか?
  • 超!高速充電!
    ⇒約20分でフル充電ができる!
    ⇒ワイヤレス充電も対応
  • モトローラ初の「moto ai」
    ⇒流行のAIでできることがたくさん!
  • ステレオスピーカー
    ⇒Dolby Atmosも対応で音を楽しめる
  • 5G、おサイフケータイも対応
    ⇒タッチ決済OK
  • 水中でも使える!
    ⇒IP68
ここは注意!
  • イヤホンはワイヤレスのみ
    ⇒3.5mmジャックはありません。

edge 50 proは「ミドルハイ」クラスに分類。

昨年のedge 40を上回り、普段づかい以上の性能が期待できるモデルです。

また1つ進化したモトローラ。どこに魅力を感じますか??

edge 50 proは、過去モデルと比べても「これは新しい!」と思うことが増えましたね。

  • 12GBメモリ
    (これまではMAXでも8GB)
  • 解像度「Super HD 1.5K」
    (これまではFHD+が最高)
  • 1,000万画素光学ズーム
    (edge 20は800万画素でした)
  • 125Wの急速充電
    (これまでは68Wが最高)
  • moto ai
    (初搭載)
  • HelloUI
    (これまでのMYUIとの違いが気になる…)

新モデルはどれもワクワクしますが、edge 50 proは、より楽しみが増したモデルではないでしょうか。

なんというか…本当にエモーショナル!!

読者さんは、edge 50 proのどのあたりに興味がありますか?

ぜひ教えてください。

edge 50 pro関連の記事

⇒『edge 50 proのカメラは望遠ズーム対応』(2024.3)
⇒『グローバル版「edge 50 pro」が発売へ』(2024.4)

いま販売中のおすすめモデル紹介

2024年を代表する10モデル

2024年のモトローラスマホおすすめ紹介記事

↓IIJmioにのりかえでもっとおトク↓

2024年6月のIIJmioでお得なモトローラスマホを紹介する記事

↓モトローラってどうなの?↓

お気軽にコメントどうぞ コメント欄がないとき⇒下にスクロール

  1. Luck13 より:

    思ったより早く来ましたね。早くても7月末を過ぎると思ってました。
    ムーンライトパールがないのが残念ですが、日本以外でもブラックビューティーとリュクスラベンダーの2色しかない国もあるみたいなので、限定色があるだけ力を入れているのでしょうね。
    スペックもSoCこそミドルハイですが、それ以外はハイエンドといえそうでとても良さそうです。
    それでいて値段もなんとか7万円台に抑えていて、円安の中がんばった価格じゃないかと思います。

    個人的に気になっているのは、グローバル版では3回のOSアップデートをうたっていることです。日本版でも同様ならAndroid14から17まで使えることになりかなり魅力的です。
    edge 40シリーズでのOSアップデート回数は(明示されてませんが)2回だとみられているので、Android13から15までと最終的にOSのバージョンが2つ違うことになってしまいます。
    最近のスマホの使用期間が延びていることを考えると、これは大きいんじゃないでしょうか。

    • もとふぉん もとふぉん より:

      >Luck13さん
      コメントありがとうございます!
      そうですね、カラーは今回ブラックとラベンダー、そしてソフトバンク限定のバニラクリーム。
      パールもあればかなり盛り上がったと思いますが、そこは仕方ないといったところでしょうか。
      (パールとバニラが少し似ているような気もしますw)

      はい、スペック・価格ともにLuck13さんと同意見です!!
      edge 40よりも高性能+円安でしたから、84,800円くらいになってしまうものだと思っていました。
      まさかの8万弱、そしてIIJではのりかえしなくても69,800円。最高です!

      私個人としては、アップデート関連はグローバルと合わせてくるのではないかと考えています。
      日本のモトローラ公式からでも、グローバル版含めたモデルのセキュリティ期限も見れますし…
      なので、セキュリティ&OSアプデ回数が増えたのもかなり嬉しいです!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました