★広告あり★
国内モトローラスマホ

【モトローラ】30,000円~60,000円で買える3モデル

この価格帯は「普段づかい」に合ったモデルです。

とても多くのユーザーにハマり、コスパのいいスマホが目立ちます。

普段づかいとは①通話やメッセージ②ネットで調べもの③SNSで投稿・閲覧④カメラで撮影⑤動画閲覧⑥音楽を聴く⑦ナビで道を調べる⑧メール送受信など

>>>さっそくチェックする<<<

ミドルレンジスマホ|日々の生活にフィットするお手ごろスマホ

30,000円~60,000円ほどで買えるスマホは、”ミドルレンジ“と呼ばれています。

とにかく高性能な”ハイエンド”には及びませんが、普段づかいに差しつかえないスマホを手ごろ価格で買えるのが大きな特徴です。

スマホの性能を表した画像(上からハイエンド、ミドルハイ、ミドルレンジ、エントリー)。ミドルレンジが強調されている

格安で機能が最低限の”エントリーモデル”でも、価格も性能も高い”ハイエンドモデル”でもありません。

ちょうどその中間であり、下記のようなユーザーにおススメです↓

おすすめユーザー
  • 予算に制約がある
  • コスパのいいモデルがほしい
  • 日ごろ、スマホでタスクをこなすユーザー
    ⇒メールやSNSチェック、音楽・動画、低負荷のゲームなど…
  • バランスの取れたスマホがほしい
edge 20 FUSIONとmoto g52j 5Gのディスプレイ
普段づかいならミドルレンジで十分!

一方で、とにかく安さやスペックの高さを求めるなら、別モデルがおすすめです。

こんな方は別モデルを
  • とにかく安いスマホがほしい
  • ゴリゴリのハイスペックモデルが好み
  • 高画質でキレイに写るカメラがいい
  • グラフィック豊かなRPGやFPSゲームをガッツリプレイ

何気ない日ごろの生活にフィットする、バランスとコスパ性にんだモデル。

それこそが、ミドルレンジスマホの醍醐味だいごみと言えるでしょう。

2024年5月は3モデルあります

ランキングはこちら
  1. edge 30 pro
    定価86,801円
    ⇒のりかえ39,800円(税込)
  2. edge 40 neo
    定価54,800円
  3. moto g53j 5G
    定価34,800円
モデル名\今がおトク/
edge 30 pro
edge 40 neomoto g53j 5G
プロセッサーSnapdragon™ 8 Gen 1Dimensity 7030Snapdragon™ 480+ 5G
メモリ/ストレージ8GB/128GB
microSDは非対応
8GB/256GB
microSDは非対応
8GB/128GB
microSD最大1TB対応
ディスプレイ6.7インチ フルHD+
有機ELディスプレイ
6.55インチ フルHD+
有機ELディスプレイ
6.5インチ HD+
液晶ディスプレイ
リフレッシュレート144Hz144Hz120Hz
カメラ5,000万画素(f/1.8)メインカメラ
5,000万画素(f/2.2)超広角+マクロ
200万画素(f/2.4)深度センサー
6,000万画素(f/2.2)インカメラ
5,000万画素(f/1.8)メインカメラ
1,300万画素(f/2.2)広角+マクロ
3,200万画素(f/2.4)インカメラ
5,000万画素(f/1.8)メインカメラ
200万画素(f/2.4)マクロ
800万画素(f/2.0)インカメラ
バッテリー4,800mAh
68W TurboPower™対応
5,000mAh
68W TurboPower™対応
5,000mAh
18Wチャージ対応
オーディオステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
ステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
ステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
3.5mmジャック
おサイフケータイ/NFC×/○○/○○/○
5G
防塵・防水IP52(水中利用は×)IP68(水中利用○)IP52(水中利用×)

edge 30 pro|のりかえで39,800円。ハイスペックモデル

多くのゲームを高グラフィックでプレイできるほど高性能”ハイエンドモデル”。

2022年モデルということもありますが、この価格はかなりヤバめ。

ここがポイント!
  • 多くのゲームをサクサクプレイできる高性能モデル
    ⇒プロセッサー「Snapdragon™ 8 Gen 1」
    ⇒モトローラスマホNo.2!!
  • あざやかに映るディスプレイ
    ⇒フルHD+ 解像度
    ⇒有機ELディスプレイ
    ⇒スクロールなめらかで目にやさしい
  • 5,000万画素(f/1.8)メインカメラ
    ⇒セルフィーカメラは6,000万画素
  • 充実のオーディオ環境
    ⇒ステレオスピーカー
    ⇒Dolby Atmos対応
  • 1時間以内でフル充電ができる
    ⇒68W TurboPower™チャージ対応
ここは気になる…
  • 本体が熱くなりやすいとのウワサ
  • セキュリティアップデートの終了まで1年を切る
    ⇒2025/2終了予定
  • microSD・有線イヤホン・おサイフケータイは使えない

\SIMのりかえで39,800円(税込)

★★★詳細をチェック★★★
⇒『edge 30 pro レビュー

edge 40 neo|定価54,800円 スタイリッシュな普段づかいモデル

このモデルは2024年5月24日(金)発売予定です

コンパクトで持ちやすい、シャープスタイルな普段づかいモデル。

あざやかに映るディスプレイなど機能性もよく、持っていて満足感の高い1台と言えるでしょう。

ここがポイント!
  • コンパクトで持ちやすく、見た目もいい
    ⇒側面まで伸びるカーブディスプレイ
  • はやりのディスプレイだからキレイに映る
    ⇒解像度はフルHD+
    ⇒あざやか有機ELディスプレイ
    ⇒スクロールなめらかで目に優しい
  • ミドルクラスの中でも性能は高め
    ⇒プロセッサー「Dimensity 7030」
  • データをたくさん保存できる
    ⇒内部ストレージ256GB
  • 5,000万画素(f/1.8)メインカメラ
    ⇒日常ショットもOK!
  • 大容量バッテリー
    ⇒5,000mAh
  • 1時間以内でフル充電ができる
    ⇒68W TurboPower™チャージ対応
  • タッチ決済で会計がスムーズ
    ⇒おサイフケータイ対応
  • 安心して使える期間が長い
    ⇒セキュリティアップデート終了は2027/9
ここは気になる…
  • 本体が熱くなりやすいとのウワサ
  • microSD・有線イヤホンは使えない

★★★こちらもチェック★★★
⇒『edge 40 neoは2024/5/24発売

moto g53j 5G|定価34,800円の高性能エントリーモデル

スペック控えめ”エントリーモデル”ですが、その中でも一番高性能。

普段づかいでもストレスなく使えるため、コスパ最強です。

  • moto g53j 5Gの背面(アークティックシルバー)
  • moto g53j 5Gのディスプレイ
  • moto g53j 5Gで撮影した自動販売機
  • moto g53j 5Gで撮影した標識
ここがポイント!
  • エントリーモデルの中でも高性能!
  • アプリを複数開いててももっさりしにくい
    ⇒メインメモリ8GB
  • スクロールなめらかで目にやさしい
    ⇒リフレッシュレート120Hz
  • 5,000万画素(f/1.8)メインカメラ
    ⇒日常ショットもOK!
  • 大容量バッテリー
    ⇒5,000mAh
  • 充実のオーディオ環境
    ⇒ステレオスピーカー
    ⇒Dolby Atmos対応
    ⇒3.5mmヘッドセットジャック対応
  • タッチ決済できて会計スムーズ
    ⇒おサイフケータイ対応
    ⇒エントリーではこのモデルだけ!!
ここは気になる…
  • ディスプレイは基本レベル
    ⇒解像度はHD+
    ⇒液晶ディスプレイ
  • 『原神』など大きな負荷がかかるゲームは不向き

\SIMのりかえで4,980円(税込)

\再生品は27,480円(税込)

★★★レビューもチェック★★★
⇒『moto g53j 5G レビュー

他価格帯のモデルもチェック

ご自身に合った普段づかい用のモデルは見つかりましたか?

ぜひ他価格帯のモデルもチェックしてくださいね↓

お気軽にコメントどうぞ コメント欄がないとき⇒下にスクロール

タイトルとURLをコピーしました