★広告あり★
Motoジャーナル

国内モトローラの2024年リリースモデルを予想!

2022年のmoto g52j 5Gを皮切りに、本格的に日本市場へ参入したモトローラ。

また昨年2023年は、razrレイザー 40を筆頭に魅力あふれるモデルがそろいました。

そして2024年。今年は一体どんなスマホが登場するでしょうか??

モトローラの社長が新しくなり、どのように展開していくか楽しみですね。

そこで!過去モデルの発売日や海外情報もまえ、これからどんなモデルが出るか予想したいと思います!

ぜひ読者さんも考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

まずは過去モデルの発売日をおさらい。

ここ2年ほどでリリースされたモデルを辿たどっていけば、もしかしたら予測できるかもしれません。

さっそく見ていきましょう。

2022年~2024年1月までのモトローラスマホ発売日一覧をまとめた画像

日本市場に参入した2022年は5モデル

内訳は、エントリーモデル3台、ミドルレンジ1台、ハイエンド1台。

そして2023年には合計9モデルが発売され、各メディアで目にする機会が多くなりました。

エントリーモデル3台、ミドルレンジ2台、ミドルハイ3台、ハイエンド1台。

ちなみに2024年一発目は、ソフトバンク版moto g53s 5Gが登場しています。

当メディアによる、2024年のリリース予想

筆者が予想する、2024年のリリースモデルはこちら↓

2024年のモトローラリリース予想
※あくまで予想(妄想)です

これら8モデルと、加えてキャリア独占も2~3モデルほど登場する可能性は高いです。

そこを踏まえて、合計10モデルは出るんじゃないか?と当ブログは予想しています。

さて、過去のモデルを見てみると、2~4万円のエントリーモデルが多い印象。

モトローラは「手ごろ価格で高コスパ」な部分が評価されているだけあって、そこは外さないような気がします。

春①:moto g15

エントリーモデルを代表するgシリーズの10番台。

2024年はmoto g15と予想します!!

2023年は、定価22,800円の「moto g13」が発売され、その高いコスパ性が多くのメディアで評価されました。

moto g13の背面
当ブログでもレビューしています!

性能自体はそこまで高くありませんが、オーディオ周りや128GB内部ストレージが便利。

激安な普段づかいモデルとしては、とても使い勝手がいいと感じています。

moto g13の本体上部。Dolby Atmosのマークと3.5mmジャックがある
ステレオスピーカーにDolby Atmosも対応しています

かなり評価されましたので、10番台の後継機は出てもおかしくありません。

ちなみに、moto g14がすでに諸外国にありますので、その1コ上の「15」と予想しています。

もしかすると20番台に突入する可能性もありますが…どうでしょうか。

春②:moto g34j 5G

次は30番第より、エントリーモデル「moto g34j 5G」の登場を予想。

実はmoto g34は、2023年12月に中国やインドで発売されているのですが…

そこをジャパンモデルにして日本でも!となる可能性も考慮しています。

moto g34のプロセッサーは、Snapdragon 695 5G。

Antutuスコア45万点は、今までならミドルレンジスマホです。

しかしながら、スコア40万点のmoto g53j 5Gもエントリーモデルとなったことから、2024年はSD695もエントリーに組み込まれるかもしれません。

moto g53j 5Gのディスプレイ
moto g53j 5G

また、30番台が日本でもすでに3モデル登場済みなのも理由の1つ。

実は、moto g30⇒moto g31⇒moto g32と、連番で登場しているんです。

モトローラ moto g32と箱の画像
エントリーモデル「moto g32」

moto g32から約1年以上経っており、流れ的にmoto g33になるかな??とも考えました。

ただ、moto g34が登場したこともあって「moto g34j 5G」と予想にいたりました。

夏①:moto g74

日本にはない70番台より、ミドルレンジ「moto g74」の登場を予想。

すでに諸外国ではmoto g72,moto g73 5Gが登場しており、また海外サイトでもg74の発売が予測されていました。

国内のgシリーズは、10番台から50番台が多くあるため、70番台は考えにくいところ。

ですが、2021年にmoto g100が登場していることもまえると…その可能性はてきれません。

先述のとおり、モトローラは社長が交代して新体制となっています。

これを機に幅を広げるという選択も多いにあり得るので、候補に入れてみました。

海外サイトによるmoto g74のスペック予測はこちら↓

プロセッサーMediatek Dimencity 1080
メモリ/ストレージ8GB/128GB
外部メディアmicroSD最大1TB
ディスプレイ6.56インチ フルHD+
液晶ディスプレイ
(パンチホール)
リフレッシュレート120Hz
カメラ6,400万画素メイン(f/1.8)
800万画素超広角(f/2.2)
3,200万画素インカメラ(f/2.4)
バッテリー5,000mAh
44W急速充電対応
オーディオステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
3.5mmヘッドセットジャック
5G
防塵・防水IP52

夏②:moto g55j 5G

50番台より、moto g55j 5Gを予想しました。

国内ではmoto g52j 5G、そしてmoto g53j 5Gがありますので、その後継機として登場する可能性はかなり高いと想定できます。

とくにmoto g52j 5Gは、日本市場にうまく馴染なじんだ人気モデル。

国内モトローラを代表するだけに、この流れを途切れさせるわけにはいきません。

moto g52j 5Gの背面画像

ちなみに、海外サイトでもmoto g55の登場が予測されています。

発売は2024年8月あたりじゃないか、とのこと(インドあたり?)。

その海外サイトによる予想スペックはこちら↓

プロセッサーSnapdragon™ 7+ Gen2
メモリ/ストレージ12GB/256GB
外部メディアmicroSD最大1TB
ディスプレイ6.55インチ フルHD+
有機ELディスプレイ
(パンチホール)
リフレッシュレート120Hz
カメラ5,000万画素メイン(f/1.8)
1,300万画素マクロ(f/2.4)
3,200万画素インカメラ(f/2.4)
バッテリー5,000mAh
30W急速充電対応
オーディオDolby Atmos対応
3.5mmヘッドセットジャック
5G
防塵・防水IP54

スペックがハイエンドに迫る勢いなので、さすがにここまでではないと思いますが…。

もしg55が加わったら、ファンとしてはうれしいですよね!

夏③:edge 50

edgeシリーズより、edge 50は必ずくると予測しています。

国内では、2021年のedge 20とedge 20 FUSION。2022年のedge 30 pro。

そして2023年のedge 40と立て続けにリリース済み。

流れ的には確実に50がくると考えていいでしょう。

諸外国では、proとneoも登場が予測されており、それぞれのスペックはこちら↓

モデル名edge 50 proedge 50edge 50 neo
予想発売日2024年4月2024年5月2024年9月
プロセッサーSnapdragon™ 8 Gen 3Mediatek Dimencity 9200Mediatek Dimencity 7200
メモリ/ストレージ12GB/256GB8GB/256GB
(8GB仮想メモリ対応)
12GB/256GB
外部メディア×××
ディスプレイ6.7インチ フルHD+
有機ELカーブディスプレイ
(パンチホール)
6.67インチ フルHD+
有機ELカーブディスプレイ
(パンチホール)
6.67インチ フルHD+
有機ELカーブディスプレイ
(パンチホール)
リフレッシュレート165Hz165Hz165Hz
カメラ20,000万画素メイン(f/1.8)
5,000万画素超広角(f/2.2)
1,200万画素マクロ(f/1.6)
6,000万画素インカメラ(f/2.2)
6,400万画素メイン(f/1.8)
1,300万画素超広角(f/2.2)
200万画素マクロ(f/2.4)
3,200万画素インカメラ(f/2.2)
10,800万画素メイン(f/1.8)
1,300万画素マクロ(f/1.6)
3,200万画素インカメラ(f/2.2)
バッテリー4,600mAh
150W急速充電対応
ワイヤレス充電対応
5,000mAh
80W急速充電対応
ワイヤレス充電対応
5,000mAh
80W急速充電対応
オーディオ??????ステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
5G
防塵・防水IP68???IP68

高スペックと高機能が期待できそうです。

ちなみに…現在の筆者のスマホはedge 40なんですけども。

カーブディスプレイかっこいいです!!

edge 40の本体側面。カーブディスプレイ

edge 50の予想サイズは、edge 40よりも大きくなっています。

もしかすると、発熱デメリットが解消されるかもしれませんね。うれしい!

秋①:moto e34s

eシリーズからは、moto e34sを予想しています。

国内では現在moto e32sがあり、その後継機として登場する可能性あり。

eシリーズと言えば、gシリーズより安い価格がウリ。

モトローラ独自の「motoアクション」がなく、性能もかなり控えめ。

ただし、ライトに使う場合お子さんに持たせるスマホとして。

また、スマホ紛失時の代用機としても活躍できるので、地味に活躍するシリーズです。

2023年はeシリーズの登場がありませんでしたが、ここで消えるものとは考えにくいです。

今年は1モデルは発売されるのではないでしょうか。

秋②・冬:razr 50 ULTRA/razr 50

折りたたみスマホと言えばrazrレイザーシリーズ。

昨年はrazr 40 ULTRA、razr 40と2モデルをリリース。

おそらく今年の秋くらいには、新モデルの50シリーズが出てもおかしくありません。

海外サイトによる予想スペック↓

モデル名razr 50 ULTRArazr 50
予想発売日2024年6月???
プロセッサーSnapdragon™ 8 Gen 2???
メモリ/ストレージ12GB/256GB???
外部メディア×???
ディスプレイ6.9インチ フルHD+
有機ELディスプレイ
(パンチホール)
???
リフレッシュレート165Hz???
カメラ5,000万画素メイン
1,200万画素
1,300万画素
3,200万画素インカメラ
???
バッテリー4,200mAh
44W急速充電対応
ワイヤレス充電対応
???
オーディオステレオスピーカー
Dolby Atmos対応
???
5G???
防塵・防水IP52???

外部サイトの予想では、現在のrazr 40 ULTRAからほぼ変化はなし。

プロセッサーがより高性能になったくらいでしょうか。

折りたたみスマホは数年前から登場していたものの、あまり日の目を見ていなかっただけに、今年は他ブランドも含めて大きな普及が期待されます。

モトローラ製は価格も手ごろで買いやすく、そこそこ人気が出てくるはず…!!

2024年はどんなモデルが登場するか楽しみ!!

ということで、日本で発売してもよさそうなモデルを取り上げてきました。

繰り返しますが、あくまで予想なので今後どうなるかはまったく分かりません!

ですが、日本市場への進出を果たしたことも考えると、昨年より多いリリースも考えられます。

さて、読者さんはどんなモデルが登場すると思いますか??

ぜひ下のコメント欄に、お気軽に入力して教えてください!

お気軽にコメントどうぞ コメント欄がないとき⇒下にスクロール

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました