edge30 PROMotorolaスマホ

スペックは最高!motorola edge30 PROは憧れる存在!

2022/6に発売のmotorola edge30 PROは、一度は手に取ってみたい高スペックスマホです。定価89,800円(税込)と金額も高い部類に入りますが、それに見合った価値であることは言うまでもないでしょう。

ちなみに筆者が使っているmotorola edge20 FUSIONの上位互換スマホ。スペックなどを比較しながら、その魅力を認識できたらと思います。

「もう買ったよ!」という方がいらっしゃったら、ぜひコメントいただけないでしょうか。どうぞお気軽にご入力ください!

スポンサーリンク

edge20 FUSIONとのスペック比較

筆者が使用しているedge20 FUSIONと比較して、まずは代表的なスペックから見ていきます。

このブログはスマホをSNSや動画視聴、カメラ、スマホゲームなど楽しむ程度のユーザー向けに書いているので、イメージしやすいように紹介していきます。
(※筆者も詳しいところは勉強中です…)

edge30 PROedge20 FUSION
定価(税込)89,800円43,800円
プロセッサーSnapdragon™ 8 Gen 1 Mobile PlatformMediaTek Dimensity 800U
メインメモリ12GB6GB
内部ストレージ256GB128GB
外部メディア規格なしmicroSD
外部メディア最大容量なし512GB
ディスプレイサイズ6.7インチ6.7インチ
リフレッシュレート144Hz90Hz
カメラ画素数5,000万画素10,800万画素
バッテリー4,800mAh5,000mAh
5G対応対応
おサイフケータイ機能なしなし
USBケーブルType CType C

はっきり言うと、edge30 PROはスマホに多大なこだわりを持った方向けです。

人並みにSNSをしたり動画を見たり、スマホゲームをサクッとやる程度であれば、オーバースペックの可能性は非常に高そうです。

プロセッサーは”スナドラ”のedge30 PROが圧勝

スマホの性能を見比べてみると、やはりedge30 PROに軍配があがります。「Snapdragon™」ことスナドラの威力は恐るべし。とにかく、とにかくサクサクとスマホを操作したい方向けではないでしょうか。

ただし、だからといってedge20 FUSIONがイケてないかと言われればそんなことはありません。SNSや動画、スマホゲームを楽しむ程度であれば、edge30 PROほどお金を積まなくても問題ありません。

むしろedge30 PROはクリエイター的なポジションの方が使うものだと筆者は考えていますが…どうでしょうか。

ちなみに「プロセッサーってそもそもなに?」という疑問については、外部サイトが参考になります。ぜひ見てみてください。

高パフォーマンスゆえに…バッテリー消費が激しいデメリット

「プロセッサーがいい=性能がいい」ということになるのですが、その分バッテリー消費が激しいのがデメリットでしょう。

edge30 PROが4,800mAhに対して、edge20 FUSIONは5,000mAh。サクサク動くし、画面の表示処理に優れているということは、それだけパワーを使うということ。

まぁ、それでも200mAhほどしか違いはないので…そこまでデメリットというわけでもなさそうです。

メインメモリ/内部ストレージもedge30 PROが優れている

edge30 PROのメインメモリ12GBとストレージ256GBはかなり優秀です。というか一言でいうとヤバいです。うらやましいですねホントに。

それこそSNS・動画・ゲームを楽しむ程度ならedge20 FUSIONのように6GBもあれば十分であり、メインメモリ12GBはオーバースペックと言っても過言ではないでしょう。

もちろん「スペックはいいに越したことはない!」という方は、その恩恵はぜひ体感してほしいところ。

また内部ストレージ256GBについても、これだけあれば画像や動画の保存にも困ることはなさそうです。クラウド保存とセットにすることで容量不足の不安解消です。

外部メモリは非対応??

edge30 PROのショップサイトを見ると分かりますが、外部メモリが非対応です。つまりメモリーカードを挿入する場所がありません。

これはなかなか珍しく、一見大きなデメリットのようにも思えますがどうでしょうか。

ただ前述したように、ストレージは256GBとすさまじい容量のファイルを保存できますし、それこそクラウドサービス(Googleフォトなど)と連携すれば、外部メディアはそこまで重要ではありません。

筆者はどうしてもメモリーカードに入ってないと不安になってしまうタイプですが…そうでない方は問題はなさそうです。

リフレッシュレート144Hzはバケモノ級!

いわゆる「ヌルヌル動く!」の感動も、edge30 PROがバツグンの性能を誇っています。

筆者はedge20 FUSIONの90Hzでも「おぉ!こんなにヌルヌルなのか!」と感動した覚えがありますが、それを超えるヌルヌルがあると言われたら…ぜひ体感してみたいところです。

リフレッシュレートについては、とくにスマホゲームを好んでプレイしている方に必要な要素となります。一瞬の攻防がポイントのFPSゲームや、レースゲームには外せません。

ちなみにiphone13PROは最大120Hzなので、edge30 PROはその上を行きます。

カメラ画素数はedge20 FUSIONに軍配

ほぼすべてのスペックでedge30 PROの性能がピカイチですが、カメラに限っては筆者の使っているedge20 FUSIONが10,800万画素と特化しています。

edge20 FUSIONはカメラ性能に比重を置いているといってもいいくらい、カメラに集中しているのが分かります。「SNSや動画、ゲームをふつうに楽しみつつ、思い出をキレイに残したい」という方にはedge20 FUSIONがおすすめかもしれません。

金銭面をクリアできればedge30 PROは最強スマホ

edge30 PROのスペックなどを見てきました。

一番のネックはやはりスマホ料金。定価89,800円(税込)はなかなか手を出せる金額ではありません。いくら高スペックとは言え、筆者も金額だけであきらめてしまいました。

ただ、資金に問題がなければ間違いなく買って損しないスマホなのも事実。「金額は気にしてない!スペック重視!」という方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

それではこの辺で。

お気軽にコメントどうぞ 返答率は100%!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\いつもタップありがとう!//

タイトルとURLをコピーしました