【クロムキャスト】LANケーブル(有線)接続で動画視聴がスムーズに!

Googlechromecast家具・家電

こんにちは、たくやきです。

先日、ふと思い立ってChromecastと光ルーターをLANケーブルで接続。

Wi-Fi(無線)通信から有線接続にきりかえてみました。

 

結果は大成功!

Wi-Fiのときは頻繁に動画が止まってしまいますが(特に夜!!)、有線接続ならストレスなく見ることができるようになってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クロムキャスト(ウルトラ)とルーターをLANケーブルで接続

Chromecast Ultraクロムキャスト ウルトラ“の電源アダプタ部分には、LANケーブルを接続するところがあります。

光回線の環境が自宅にあれば、ルーターとつなぐだけでOK。

特に設定も必要ありません。

ちなみに私の住んでいるアパートは、配線の関係上、ONUやルーターの設置場所がリビングのとなりの部屋。

一方、クロムキャストを接続したテレビはリビングにあるので、ケーブルをひっぱってくるのに一苦労でした。

【アパート】長いLANケーブルをリビングまで配線する方法

 

現在はルーターをリビングに持ってきて、クロムキャストと5mのLANケーブルで接続中。

ルーターはリビングのとなりの部屋にあるONUとも15mのLANケーブルで接続し、回線速度が落ちないようにしています。

イメージ図↓

ONUとルーターの配線図2

ルーターをとなりの部屋に置いたまま、30mのケーブルを使ってクロムキャストにつなげればいいんじゃ…?

とも考えましたが、色々あるのでルーターをリビングに設置!

ルーターとクロムキャストをつなぐLANケーブルは、ノジマで買ったカテゴリー7の商品です。

カテゴリー7のLANケーブル

約1,500円

動画のスタートが早く、途中で止まることもない!

さて、実際にクロムキャストを有線接続にきりかえました。

その効果はどれくらい出てるの?という疑問についてですが…

 

一言「はやい!」につきます。

動画の再生ボタンを押してから、再生されるまでの時間がかなり短縮。

また、途中で止まってしまうこともなくなりました。

 

「まだかなぁ…」というストレスを感じることが激減です。

Wi-Fiのときとの比較をしてみようと思うので、でき次第追記しますね。

Wi-Fi(無線)とLANケーブル(有線)では、速度に差がつく

やはりWi-Fi(無線)よりもLANケーブルを使った有線接続のほうが、速度(データ転送量)が安定します。

実際どれくらい差があるのかな?と思ったので、それぞれ計測してみました。

私が契約しているプロバイダは楽天ひかりです。

 

測定時間は、とある土曜日の23:00ころ

少しずつ回線混雑が減ってくる時間です。

 

まずはWi-Fi、4Gでの速度↓

回線速度50Mbps

50Mbps

次にWi-Fi、5Gの速度↓

5Gの回線96Mbps

96Mbps、4Gのおよそ2倍

最後に有線接続の速度(PCに繋いで測定)↓

回線速度240Mbps

240Mbps、速度は5Gの2倍以上!

有線接続のパワー、ハンパないですね。

 

さてネットで調べてみると、動画視聴のときに必要な回線速度は10Mbps程度あれば十分みたいですね。

私や家族が見ているディズニープラスも、10Mbpsあれば~と記載があります。

 

そうすると、私の場合4GのWi-Fiでも申し分ない速度(50Mbps)。

別に有線にする必要はないように思えます。

 

…が、時間帯(特に夜!)によっては回線混雑で、5Gでも10Mbpsに届かないときがあります。

1日の中でもけっこう見たいタイミングですので、それこそストレスが…。

 

やっぱり有線接続にして正解でした。

光回線ルーターがある場合は、有線接続も考えてみては

ということで、クロムキャストで動画を見るときに

  • Wi-Fi(無線)接続だと、速度が安定せず見づらいことがある
  • 有線接続なら、安定した速度をキープできる
  • クロムキャスト”ウルトラ”なら有線接続ができる!

といったポイントをお伝えしてきました。

 

光回線の契約をしていて、かつクロムキャストウルトラを使っているなら、動画をサクサク見れるのではないでしょうか。

ムダなロード時間をなくして楽しむため、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました