【マキタのクリーナー】吸い込み口に髪の毛がからまるイライラを解消した件!

クリーナーの箱ライフスタイル

これで掃除の悩みが消えました

こんにちは、スポーツジムで働いているたくやきです。

 

この記事では、タイトルにも書きましたが「クリーナー」の話をしようと思います。

でもいつからでしょうか、「クリーナー」なんて言葉が普通に使われるようになったのは。

 

私の中じゃ、ゴミを吸う機械はすべて「掃除機」なんですがね。

今どきは

わたし

じゃ、掃除機かけっかな~

なんて言わないのかな?

時代は変わったもんですね…!

 

まぁそれはそれとして、その「クリーナー」が我が家にもついにやってきたんですよ。

職場のスポーツジムで使っているのがかなりヤバかったから!

スポンサーリンク

マキタのクリーナー「4070DW」の威力がハンパなくてハマった!

今回は買ったのはこちらです↓

マキタクリーナーの箱

我が家にもいよいよクリーナーが!!

シャレオツじゃないですかこれ?

 

マキタクリーナーの箱

充電式!そしてコードレスっ!

 

白のハンディクリーナー

じゃじゃん。う~ん!素晴らしい!

何と言っても”持ち運びが便利“なのがいいんですよね~。

 

吸い取ったゴミは持つところのすぐ下、太くなっている部分に溜まるようになってます。

そこが「バコッ」と外れるので、あとはゴミ箱にポイするだけ!

簡単なんです。

 

掃除機の吸い込み口

吸い込み口。

ちなみに、私がこのクリーナーを買おうと決めた理由の9割はこれ

スポーツジムで働き始めてから5年くらい経ちますが、この吸い込み口の部分で掃除の悩みが吹っ飛んだくらいです。

 

せっかくだから、その辺の思い出を書こうと思う。

クリーナー(掃除機)の天敵・・・髪の毛

ブイイイイイイイイイん(クリーナーの音)

わたし
わたし

あれ?おっかしいなぁ?全然吸わないじゃんこれ。

私がスポーツジムで働き始めて数か月のとき。

当時使っていた某有名メーカーのクリーナーが、目の前に落ちているゴミを吸ってくれないことに気づきました。

 

何回ゴミの上をスライドさせても、びくともしない。

決して床が特殊だったわけではありません。普通の床です。

たしかタイルだったと思う。

 

わたし

え?まじ?このクリーナーってけっこうお値段したような…

私は唖然としました。

だって、買ってからまだ数週間しか経っていないんですから!

おかしい、おかしすぎる。

 

CMや通販番組では、あんなに「見てください!この威力!」みたいな感じでプッシュしているというのに…

白いつぶつぶを「ぎゅい~~ん」って吸ってぴっかぴかになるシーンを何度も見せつけてきたのに…

 

わたし

嘘じゃん!全然吸わないじゃん!

そんな風に思ったわけです。

 

とは言え、そのクリーナーは会社の経費で買ったもの。

だからそのときは、クレームを入れてやる!とかそんなことは考えもしませんでした。

 

「まずは調べてから、問い合わせてみよう」

そんな感じだったような。

 

んで、とりあえず原因を調べようと吸い込み口を見ようと、ひっくり返したそのとき…

顔をしかめてしまうほどびっくりしたのは言うまでもありません。

 

大体想像はつくと思いますが、吸い込み口はなんと…

髪髪髪髪髪!髪の毛~~~!で詰まっていたんです…((+_+))

いやぁ、あれはぞっとしたな。

 

無数の髪の毛がホコリを武装して、「これでもかぁあ!」っていうくらい絡みついているんです。

らせん状の部分に!

掃除機吸い込み口

こんな感じでゴミがからまってた

 

吸い込み口だけじゃありません。

隅っこにあるローラー(?)にもぎっしり引っかかってて、ちょっとやそっとでは抜けない

カッターで「ふんっ!」って力を入れて、からまった毛を切り、手でむしり取って、それでようやくきれいになるレベル。

 

掃除をするための道具の掃除にかなりの時間がかかるとか…なんてギャグ。

手で拾ったほうが早いんじゃね?!って素直に思いましたよね、ええ。

 

いくら高い商品を買ってもダメなときはダメなんだと理解しました。

 

わたし

原因はこれか…

変なクレーム電話入れなくて良かった…と一安心するも、なんだかゲンナリ。

だって、あんなに評判の良さそうだったクリーナーがこれだもん。

 

というか、今考えればあのクリーナー…

わたし

100%家庭用だわな…

お店で使うようなもんじゃなかったのかもしれません。

 

人の髪の毛がごっそりと落ちているようなお店とかで、家庭用のクリーナーはNGなんだろうな…。

まだコロコロとかクイックルのほうがマシなレベル。

 

わたし

やっぱり業務用のヤツがいいわな

そう思わざるを得ない体験でした。

 

とはいえ、他のスタッフはそんなこと気にも留めずに、吸っても吸えないクリーナーで床をなぞっていたし…買ったばかりで変える気もなかったようだし…

私がそのとき勤めていたスポーツジムを辞めるまでは、クリーナーでかなり苦戦したのは言うまでもありません。

 

以上、苦い思い出。




転職先のスポーツジムで今のクリーナーに出会う

白のクリーナー

そんな苦い思い出から2年後くらいに、転職することになった私。

もちろん、クリーナーが原因ではありませんよ!

 

次の職場も、同じスポーツクラブです(今勤めているところ)。

んで、今回買ったクリーナーに出会いました。

 

最初見たときは

わたし
わたし

ん?!なんかパッとしない感じだな…白一色だし…大丈夫かな?

けっこう不安でした。

 

なにせ某有名メーカーのクリーナーで悲惨な目にあってますからね。

というか「クリーナー」の存在そのものが怪しく思えてならなかったのです。

 

でも転職して早々「このクリーナー使えなくね?!」なんて言えるわけありません。

そんなことを言った日にゃ、「新参者が…!黙って使えや!」なんてことになりかねないから。

 

わたし

ま、別に自分の家じゃないし・・・いっか。

疑心暗鬼になりながらも、そんな風に自分を納得させて使うことにしました。

 

ところが!

ところがどっこい!

 

またこのクリーナーがえらいパワーを発揮するんですよ!

何がすげぇって、ホコリやもしゃもしゃの髪の毛が…

 

「すぽっ!ずぼっ!」

ってクリーナーの中に「あっ!」と言う間に消えていったんです!!

 

ほんとに!気持ちいいくらいにゴミが消えるんです。

お店で出現するレベルのでっかいホコリの塊なんかも、「しゅぽっ!」つってなくなるんですよ!

 

上で画像は見たと思いますが、吸い込み口にムダなものが一切なく穴が1つあるだけ。

だからゴミどもは、引っかかったりすることなくスルっと入ってくれるんです。

まさに”シンプル・イズ・ベスト”ってやつ。

 

以前の勤め先・以前の某有名メーカーのクリーナーでは、あんなに髪の毛のからまりに悩まされていたというのに…

そしてこのクリーナー、お値段だって4分の1・・・いや5分の1くらいなのに…!

 

強い…!強すぎる…!

 

それにしても、こんなに掃除でテンションが上がったこと、これまでの人生で一度もなかったかな。

 

とりあえず無表情でクリーナーをブイブイ言わせてましたが、内心は…

わたし

うひょひょ!すげー!これいいなマジで!やべぇ!

 

テンションMAXアゲアゲ状態。

天ぷらもアガっちゃうレベルの高揚感でしたよ。

さすがに天ぷらはあがらないけど。

 

そしてこれを機に、自宅用でも買おっかな!と決意するに至ったのです。

自宅で使って気づいたこと

これまで我が家では、いわゆる”掃除機”しかなかったわけですが・・・これがまた大変で大変で(汗)

  • 電源コードをひっぱるのがめんどくさい(しまうのも!)
  • 重い
  • コード伸ばしても微妙に届かないゾーンに必ず苦戦する

こんな苦を味わったことは、絶対みんなもあるはず。

 

もちろん、人生が狂ってしまうほどの悩み・苦しみではないと思いますよ?

でも掃除って切っても切れない習慣の1つだから、できるだけスムーズにこなしたいですよね。

 

んで、このマキタさんの「4070DW」であれば、↑の3つの悩みは即解消されます。

っていうか解消されました、私は。

 

軽いし、充電式だからコードを引っ張ったりしまったりすることもないし!

この3つの悩みがないだけでも大分違います。これは断言できちゃう!

 

また、さきほどまでお話ししてきた「髪の毛がからまる」問題。

地味に悩ましいこの状況も、なんなくクリア。

 

ん?いいことばっかりじゃないか?最高すぎないか?マキタさんのクリーナー。

 

って思うかもしれないけど、でも実は気になるところもあります。

良くない意味で。

 

  • うるさい(夜に使ったら壁ドンされるレベル)
  • じゅうたんや、髪の毛がひっつきやすいところが苦手(かも)

この2つ。

 

特に2つ目については実証済み。

フローリングやタイルの上のゴミはなんなく吸ってくれますけど、じゅうたんとかモコモコ生地の上だと吸ってくれない場合がほとんどでした。

 

別途でコロコロとかあると便利かなって思います~。

そんな感じ。

買ってよかった、マキタのクリーナー

クリーナーなんて、家電ショップに行けば魅力的な製品がごまんと売ってます。

だから自分の家や、ライフスタイルに合ったものを買うのが一番でしょう。

 

ただし、吸い込み口はよく見といたほうがいいかもしれません。

髪の毛とかがからまりやすい作りだと、いくら吸引力が強くても苦戦するかも?

 

今回紹介したクリーナーはあんまりパッとしないけど、その分他のに比べて実用的だとは思います。

「とにかく楽に早く掃除を終わらせたい」という方は、ぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうかね?

 

ということで今回はこの辺で…

おわり

コメント