【エクセル】VBAを用いて図形を1クリックでコピぺする方法

ライフスタイル

この記事では、VBA(ビジュアルベーシックエディタ)を利用して、「エクセル内で挿入できる図形のコピー&ペースト」する方法をご紹介します。

 

「図形」とは、主に下の画像の通りで、エクセルの「挿入」タブから入れられるものです。

これらの画像を、ボタン1つでコピペします。

エクセル上の4つの図形

簡単にできる「コピペ」ですが、VBAを使って行っていきましょう。

スポンサーリンク

VBAで図形をコピー&ペーストする

今回の完成イメージ。

ここでは、オレンジ色のボタンを1クリックするだけで、「あいうえお」と書かれた図形をコピーして、下に3つペーストしていきます。

エクセルで画像をコピー

 

ちなみに参考になったページはこちら↓

VBAでコードを記述する

記述するコードは下記を応用します。

Sub test()
ActiveSheet.Shapes(“図形のタイトル”).Copy
ActiveSheet.Paste Destination:=Range(“セルの位置”)
End Sub

「(“図形のタイトル”)」には、コピー&ペーストする図形の名前を。

「(“セルの位置”)」には、コピーした図形をペーストする場所としてセルを指定します。

 

先ほどの完成イメージのコードは下記の通りです。

Sub test()
ActiveSheet.Shapes(“四角形: 角を丸くする 8”).Copy
ActiveSheet.Paste Destination:=Range(“B6”)
ActiveSheet.Paste Destination:=Range(“B10”)
ActiveSheet.Paste Destination:=Range(“B14”)
End Sub

「四角形: 角を丸くする 8」という図形を、それぞれB6セル・B10セル・B14セルにコピー&ペーストします。

 

図形の名前については、対象の図形を選択すると表示されます。

「あいうえお」と書かれた図形(エクセル)

 

実際にコードを記述するエディタは下図の通り。

記述する際は、VBAウィンドウより「挿入」⇒「標準モジュール」から行います。

(※今回は「test」というマクロ名で作成)

VBAの画面

マクロ実行ボタンの作成

コードの保存を終えたら、実行ボタンを作成しましょう。

 

ボタンを用意しておくことで、わざわざVBAの画面を開かなくてもマクロの実行ができます。

今回の場合は、完成イメージのオレンジ色ボタンのことです。

 

  1. 任意でボタンとなる画像を作成したら、画像上で右クリック
  2. 「マクロの登録」より、記述したマクロ名(今回は「test」です)を選択すると反映されます

 

実際にクリックして、マクロが実行されれば完成となります。

コメント