edge 20 FUSIONMotorolaスマホ

edge 20 FUSIONでオーディオ設定を変更!音楽がもっと楽しくなる!

いつもスマホで聴いている、心にグッとくるような大好きな音楽はありますか??

 

モトローラのスマホ「edge 20 FUSION」では、音響の設定が可能。

いつも聴いている曲を、設定1つでもっと楽しむことができるんです!!

 

ついついハマってしまうこのセッティング、筆者は沼りました…。

スポンサーリンク

重低音のボリューム変更で臨場感アップ!!

筆者が好きでよく聴いているのは、EDMやクラブミュージック。

これらのジャンルの特徴の1つと言えば…やっぱり”重低音”!

 

読んで字のごとく、ズン!ズン!と心臓にブルブルと伝わってくるあの重い音です。

そしてedge 20 FUSIONでは、この重低音の大きさも含めて設定できるんですよね!!

設定 3Dステレオ「没入型で広がりのあるサウンドエクスペリエンス。このモードでは広がりのある豊かなオーディオ効果を得ることができます」 ホームシアター「このモードはサラウンドサウンド効果を生み出すよう最適化されています。 ライブ「このモードはライブコンサートの効果をシミュレートします」 カスタム「接続デバイスの詳細設定。」

4つのタイプから選べる

デフォルトの状態では、イヤホンから耳へストレートに音が入ってきます。

 

また個人的には”少しこもった感じ”が特徴的な「ライブ」モードがいいなぁと思いました!

まさに地下のライブハウスにいるような感覚になって、雰囲気が出てくるんです。

 

いっぽう、「3Dステレオ」と「ホームシアター」の2モードは個人的に低評価です。

少しガチャガチャした音質になって聴きづらかったかな…。

「カスタム設定」で好みに合わせる

「カスタム設定」では、好みに合わせて細かな音質設定が可能です。

「イコライザー」の部分で音質を変えられます

まずはイコライザー。全部で6種類。

  1. エクストリームバス
  2. バスパンチ
  3. バランス
  4. ブリリアント トレブル
  5. ボーカライザ
  6. フラット

「エクストリームバス」と「バスパンチ」は重低音が大きめ、ボーカル(歌)は小さめ。

「バランス」は聴きやすいように調整された感じ。

「ブリリアント トレブル」と「ボーカライザ」は重低音小さめ、ボーカル(歌)は大きめ。

「フラット」はすべてが同じラインですね。

 

前述のとおり筆者は重低音LOVEなので…「エクストリームバス」か「バスパンチ」。

とくに車で曲を再生したときの「ズンズン!」がなんとも言えないくらいシビれます!!

 

イコライザーが決まったら、次にサラウンド設定。

4つの中から選びます。

サラウンド ライブ ワイド アンビエント OFF

「ライブ」は少しこもった感じ。

「ワイド」は少し音が広がります。

「アンビエント」でさらに音が広がります。

 

たとえば、イコライザー「エクストリームバス」とサラウンド「ライブ」の組み合わせで

「重低音MAXでこもった感じ」になります。

 

反対にイコライザー「ボーカライザ」とサラウンド「アンビエント」の組み合わせだと…

「シャカシャカした軽い感じ」の音楽になります。

 

いずれにせよ、それなりに幅広くセッティングが可能ですね。

筆者が気に入った組み合わせは「バスパンチ」

組み合わせが多くて、いろいろ試してみたんですが…

最終的には「カスタム」の、イコライザー「バスパンチ」とサラウンド「OFF」の組み合わせ

「ズン!ズン!」と響く重低音を大きめにしつつも、ボーカルが小さくなりすぎないところがハマりました!

とても臨場感があふれて、大好きな曲は何回もリピートして聴いてしまいます!!

 

または、カスタムなしのデフォルト状態もあり!

「Motoアクション」にて設定変更できます

今回の音響設定は、モトローラのスマホに最初から入っている「Motoアクション」アプリから行えます。

“Moto”のアイコンをタップして設定していきましょう。

Motoアクションのアイコン

次の画面で「オーディオ効果」のところをタップすれば、設定画面に入れます。

今回は筆者の持っているedge 20 FUSIONで設定をしています。

下記のその他の機種でも対応しているようですね。

  • moto g52j 5G
  • edge 30 pro
  • moto g50 5G

以上、音響設定についての記事でした!

大好きな曲を、カスタム設定で楽しみましょう!

お気軽にコメントどうぞ 返答率は100%!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\いつもタップありがとう!//

タイトルとURLをコピーしました