edge 20 FUSIONMotorolaスマホ

2022年にedge 20 FUSIONを買う理由はあるか?

「モトローラのスマホにしようと思ってるけど、edge 20 FUSIONってどうなの?」

そう考えている読者さん向けに、実際に使っている筆者の考えをお伝えします。

※モトローラのスマホを買うなら各機種の比較記事もチェックしてください!
スポンサーリンク

買い替えるなら「moto g52j 5G」一択か

もちろん、edge 20 FUSIONの使い勝手はいいです

下のスペック比較を見て分かるように、メモリ6GBやストレージ128GBといった基礎部分はしっかりしているので、操作性そのものに不満はまったくないです。

 

むしろ、edge 20 FUSIONのカメラ性能は他の機種ではなかなか楽しめません。

トータルで見て「うわ!失敗した!」と思うことはまったくなしです。

しかしながら、2022年6月に登場したmoto g52j 5Gと比べてしまうと…。

カメラ性能以外はg52j 5Gと同等、もしくは下位互換となり、買う理由はなくなります。

moto g52j 5Gedge20 FUSION
定価(税込)39,800円43,800円
プロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 695 5G 2.2GHzMediaTek Dimensity 800U
メインメモリ6GB6GB
内部ストレージ128GB128GB
外部メディア規格microSDmicroSD
外部メディア最大容量1TB512GB
ディスプレイサイズ6.8インチ6.7インチ
リフレッシュレート120Hz90Hz
カメラ画素数5,000万画素10,800万画素
バッテリー5,000mAh5,000mAh
5G対応対応
おサイフケータイ機能ありなし
USBケーブルType CType C

どのあたりがネックになるのか、見ていきます。

モトローラのスマホ初、おサイフケータイ機能

まず、話題として一番外せないのは「モトローラ初のおサイフケータイ機能搭載機種」の件。

moto g52j 5Gがあれば、現金がなくてもサービスや商品をスマホで決済できます。

  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • WAON
  • nanaco

アプリのダウンロードや設定ができれば、おサイフケータイが使用可能。

 

もちろん「日常でおサイフケータイ使うことないよ」という方もいるかもしれませんが、いざ使い始めると便利なことは間違いありません。

うっかり財布がなくても決済ができてしまいますからね。

 

おサイフケータイ機能があるのとないのでは、やはり差が出てしまうでしょう。

リフレッシュレート120Hz

「画面がヌルヌル動く」と感じるのは、このリフレッシュレートによるもの。

そしてedge 20 FUSIONが90Hzに対して、moto g52j 5Gは120Hzと性能が上がります。

 

90Hzでもヌルヌル感はありますし、まったく不便には感じませんが…

やはり性能がいいに越したことはないという考えでいけば、edge 20 FUSIONを選ぶ理由はなさそうです。

 

ちなみに、リフレッシュレートはその性能が良ければよいほどバッテリーの消費も激しくなります。

なのでバッテリーのことも考えると90Hzのほうがバランスいいんじゃ?と思うのですが、リフレッシュレートの値は設定で変更できるようになってます

リフレッシュレート設定画面

edge 20 FUSIONでは90Hzか60Hzで設定できる

おそらくの話ですが、moto g52j 5G側の設定でも「120Hz」「90Hz」のように選択できると思うので、結局のところg52j 5Gに軍配が上がりそうです。

microSDが1TBまで対応

edge 20 FUSIONは、microSD512GBまで対応。

一方のmoto g52j 5Gは、microSD1TBまで対応

どちらも内部ストレージは128GBですが、そのサイズを超えたデータを保存する場合は、1TBまで対応しているg52j 5Gのほうが多く入ります。

 

とくに、写真や動画を多めに撮る方にとっては1TBのプラスはかなり嬉しいはず。

旅行でたくさんの写真を残す方、ご家族との思い出を削除せずどんどん溜まっていく方。

 

クラウドサービスを使えば、必ずしもSDカードまで重視する必要はないかもしれませんが…

万が一のことも考えると、大容量で保存できるSDカードのほうがよさそうですよね。

ほぼ上位互換なのに、moto g52j 5Gのほうが安値

最終的にはここに行きつく方も多いでしょう。

カメラ性能以外のスペックが優れているにも関わらず、moto g52j 5Gのほうが安いこと。

 

  • edge 20 FUSION⇒43,800円(税込)
  • moto g52j 5G⇒39,800円(税込)

 

2022年6月末現在、ショップサイトによっては38,000円ほどで売られているedge 20 FUSIONもありますが、であれば1,000円追加してg52j 5Gを買うのが合理的。

いずれはFUSIONももっと値下がりする可能性はありますが、現時点ではg52j 5Gのほうがコスパは最強です。

edge 20 FUSIONのメリットは「カメラ画素数」のみ

比較をすればするほど、edge 20 FUSIONの存在価値が薄れていきそうですが…

事実として、FUSIONのメリットはその他機種のカメラを大きく上回る10,800万画素に限られてしまいます。

 

強いて言うならば、FUSIONは購入時にTypeCケーブルとチャージャーがついてくることでしょうか。
(g52j 5Gにはこれらがついてきません)

かゆいところには手が行き届いています。

 

ただ、ケーブルなどは後から購入もできますし…

そもそもカメラにこだわりがないのであれば、これはもう間違いなくg52j 5Gを選ぶしかありません。

 

何度も言いますが、edge 20 FUSIONがまったく使えないわけではありません。

基本スペックはそこらの安いスマホに比べたら段違いです。

 

ただ、上位互換+安値であるmoto g52j 5Gが出ている以上、劣る立ち位置にきてしまっています。

FUSIONを選ぶ理由は…やはりないのかもしれませんね。

カメラや値段こだわりがなければ、g52j 5Gを選ぼう

ということで、2022年にedge 20 FUSIONを買う理由があるかどうかについて、筆者なりの意見を述べてきました。

 

1つの結論は、「FUSIONを買うならg52j 5Gを買ったほうがコスパがいい」です。

10,800万画素カメラによっぽどのこだわりを感じないのであれば、FUSIONを選ぶ理由はほとんどありません。

値段が29,800円くらいまで落ちれば悩みどころかもですが…そこまで安くなるかも分からない以上は、g52j 5Gを買うのが得策です。

 

悩んでいる方の参考になれば。

お気軽にコメントどうぞ 返答率は100%!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\いつもタップありがとう!//

タイトルとURLをコピーしました