★広告あり★
Motoジャーナル

【モトローラ】スピーカーの性能はどれも同じ?3モデルで検証してみた!

スマホで音楽をく、動画を見る__

そのときに大切になってくるのが「スピーカー」ですよね。

このスピーカー、使うモデルによって性能がそこそこ変わってきます

「まぁこんなもんだよね」というものから、「え、こんなにイイ音出るの?」とおどろくものまで…実に様々。

そこで当ページでは、筆者が激推げきおしするモトローラのスマホを使った音質検証結果をお伝えします。

とくに「音楽を高音質で楽しみたい!」という方は要チェックです!

スポンサーリンク

検証に使ったモトローラ3モデルを紹介

モトローラスマホのmoto g13,edge 20 FUSION,edge 40が並んで写っている画像

まずはじめに、今回検証で使用した3モデルを紹介します。

  • edge 40
    ⇒ステレオスピーカー
    ⇒Dolby Atmos®
  • edge 20 FUSION
    ⇒モノラルスピーカー
  • moto g13
    ⇒ステレオスピーカー
    ⇒Dolby Atmos®

edge 40|スリムボディと高い性能がウリの「ミドルハイ」クラス

今回の3モデルの中で一番性能がいいedge 40(2023/7発売)。

コンパクトで持ちやすく、かつ高機能でスペックも高いというすぐれものです。

edge 40を手に持っているときの画像

オーディオ周りの環境は下記のとおり

  • ステレオスピーカー内蔵
  • Dolby Atmosドルビー アトモス®対応

また、スマホの性能をスコア化する「Antutuベンチマーク」の結果はこちら↓

edge 40のAntutuベンチマークスコア755310(CPU233767,GPU190374,MEM156964,UX
スコア755310

edge 20 FUSION|高機能カメラ & 高画質の「ミドルレンジ」クラス

3モデルの中で2番目に位置するedge 20 FUSION(2021/10発売)。

普段づかいモデルでありながら、10,800万画素カメラと高画質ディスプレイが特徴です。

edge 20 FUSIONのホーム画面を映した画像

オーディオ周りの環境↓

  • モノラルスピーカー内蔵

Antutuベンチマークで性能をスコア化した結果↓

edge 20 FUSIONのAん筒スコアは441556(CPU139259,GPU90066,MEM95132,
スコア441556

moto g13|コスパ性に優れた普段づかい「エントリー」クラス

3つめは、今回一番スペックがひかえめのmoto g13(2023/4発売)です。

エントリーモデルながら、その高コスパが数多くのメディアで話題となりました。

moto g13(コスモブルー)の背面

オーディオ周りの環境は下記の通り↓

  • ステレオスピーカー内蔵
  • Dolby Atmosドルビー アトモス®対応

Antutuスコアはこちら↓

moto g13のAntutuベンチマークスコア(CPU88062,GPU39127,MEM67649,UX77772)
スコア272610

検証のポイント

次に、今回の音質検証でポイントにした部分を3つお伝えします。

(※比較するモデルや時間が増えたら、情報を追加していく予定です!)

ポイント①:音楽の聴きやすさを検証。重低音の拾い方にも注目

今回は、スマホから流す音楽のきやすさをポイントにしています。

具体的には、当ブログが以前公開した音楽記事の中にあるApple Music試聴バーを再生

そこから流れてくる楽曲で「聴きやすい!」「普通かな」などと判断しています。

たくやきブログの音楽紹介記事。Appleの視聴バーが埋め込まれている

とくに、EDMで楽しめる重低音の聞こえ方は、スピーカーの性能を測るには大切な要素の1つです。

「ズンズン」と重く響く音が、不必要にシャカシャカと軽くならないかどうか。

そういったところを当ブログなりに聴き分けました。

ポイント②:イコライザを「バスブースト」に設定

デフォルト設定ではなく、音楽を聴くときに適した設定に変更します。

まず、Dolby Atmosに対応しているedge 40とmoto g13の2モデル。

moto g13とedge 40のDolby Atmos設定画面
左がmoto g13、右がedge 40

Dolby設定で[スマートオーディオ]を[音楽]に変更

さらに、イコライザーを[Bass boost]に設定し、低い音も強調されるようにしました。

moto g13とedge 40のDolby Atmos設定画面(スピーカー設定)
「スマートオーディオ」から「音楽」へ変更
moto g13とedge 40のDolby Atmos設定画面(イコライザーをBass Boostに変更)
「バスブースト」にすることで、重低音も目立つようになります。

続いて、Dolby Atmos®非対応のedge 20 FUSION。

こちらもスピーカー設定自体は可能なので、同じくイコライザーを変更。

「バスパンチ」という名前でしたが、これが一番近い感じでした。

edge 20 FUSIONのイコライザー設定画面(バスブーストに変更)

ポイント③:交互に同じ音楽を流して判断

3つ目のポイントとして、今回対象のスマホ3台を並べ、順番に同じ音楽を流して聴きました。

比較するには、すべて同じ環境であることが大切です。

静かな部屋で、どれくらい音質に差が出るか比べました。

結論:3モデルの中で一番優れていたのは「edge 40」

ということで、ここまでの条件や設定を元に検証を行いました。

そして結果として、音質はミドルハイクラス edge 40のスピーカーが一番クリアということが分かりました。

edge 40のホーム画面

設定をバスブーストにすることで、ボーカルの歌声やEDM独特の重低音もはっきり出力

全体の音量がわずかに落ちる傾向けいこうこそありましたが、スマホのスピーカーにありがちな“音れ”がほとんどなく、いていて気持ちよい感じでした。

音をより遠くに飛ばすのではなく、スマホの内側にこもるようなイメージでしょうか。

外付けのスピーカーにつないだようなワクワクする感じを楽しめました。

音はあまり外に広がらず、内側に向かうイメージ

さて、次に音質が良かったのはエントリーモデル moto g13です。

格安モデルということで大きな期待が持てなかったわりに、そこそこイイ音質でした。

moto g13のホーム画面

moto g13のバスブースト設定は、edge 40とはちがって音が周囲に広がっていく傾向けいこう

ただDolby Atmosの影響もあってか、ライブ空間にいるようなちょっとした臨場感が出ていました。

若干じゃっかんながら重低音はちゃかちゃかした印象でしたが、音れも少なく、ヘッドセットなしでも十分楽しめるのではないでしょうか。

ライブ会場にいるような音の響き具合を少し感じられました

そして、今回は少し影に隠れがちになってしまったedge 20 FUSION。

音が底面からしか出ないモノラルスピーカーで、かつDolby Atmos非対応と、基本レベルです。

edge 20 FUSIONは、音が底面からしか出ません。

動画を見たりする分には不自由なく、音楽もそこまでこだわりがなければ問題はないでしょう。

ただし「キレイな音で楽しみたい」といったユーザーには不満が残りそう……。

検証では音が雑になってしまい、イコライザ設定をしてもedge 40やmoto g13のほうが音質は上。

そこそこいいモデルなだけに、スピーカー性能はしかったです。

「ステレオスピーカー」と「Dolby Atmos」の2つがあると音質はよさげ。あとはスマホの性能に左右。

今回の検証結果を改めてまとめると…

edge 40>>>>moto g13>>edge 20 FUSION

という結果で、edge 40の音質の良さが明るみになりました。

また、moto g13も性能はひかえめながら、スピーカーの質はそこそこいいことも分かりました。

それらをふくめ、検証の結果から分かってきたことをまとめていきます。

「ステレオスピーカー」と「Dolby Atmos」搭載モデルは、モノラルスピーカーより音質が優れる

音質が一番優れていたedge 40と、そこそこスピーカーの性能がよかったmoto g13。

この2モデルはどちらも「ステレオスピーカー」と「Dolby Atmos®」に対応しています。

底面からしか音が出ないモノラルスピーカーとちがって、ステレオスピーカーはスマホの上下から音が出力

音の広がりを実感しやすいメリットがあります。

また、Dolby設定があることで、音に臨場りんじょう感や深みが出てくるのもポイント。

モノラルスピーカーも決して悪くはないのですが、ここ数年のモトローラスマホは、どれもステレオスピーカーとDolby Atmos®が搭載とうさいされています。

それほど、この2つの機能は大切だということでしょう。

スマホを選ぶときは、この2つの機能はあったほうがいいかもしれませんね。

「ステレオスピーカー」と「Dolby Atmos」搭載モデルでも、より高スペックモデルのほうが音質が優れる

同じ機能を持ったスピーカーでしたが、edge 40とmoto g13を比べてみると、edge 40のほうが音質がクリアでした。

このちがいは、やはり総合的な性能の差によるもだと考えられます。

スマホ紹介時に参考にした”Antutuスコア”を見ると……

edge 40の約755000点に対して、moto g13は約272000点

edge 40とmoto g13のAntutuスコアを比較した図。edge 40は755310点。moto g13は275618点。

その差はかなり開いており、音質に違いが出るのも理解できます。

ちなみに、性能の差はカメラ画質にも影響することが分かっています。

なので100%ではないにしても、同じステレオスピーカー&Dolby Atmos®対応モデルでも、より性能の高いほうが音質が優れる___

そんな風に考えておくと良さそうですね。

まとめ:音質重視なら「ステレオスピーカー」「Dolby Atmos」「高性能」がそろったスマホを選ぶとヨシ!

お気軽にコメントどうぞ コメント欄がないとき⇒下にスクロール

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました