gシリーズ

【moto g64 5G】国内版とグローバル版のちがいについて

2024/6/28(金)に発売のmoto g64 5G。

国内版とグローバル版では、スペックにいくつか違いがあります。

さっそく比較してみましょう↓

国内版グローバル版
サイズ/重さたて:161.56mm
はば:73.82mm
厚さ:7.99mm
重さ:177g
たて:161.56mm
はば:73.82mm
厚さ:7.99mm
重さ:192g
プロセッサーDimensity 7025Dimensity 7025
メモリ/ストレージ8GB/128GB(通常版)
4GB/128GB(Y!モバイル版)
※microSD最大1TB対応
①8GB/128GB
②12GB/256GB
※microSD最大1TB対応
ディスプレイ6.5インチ フルHD+
液晶ディスプレイ
(Gorilla Glass)
6.5インチ フルHD+
液晶ディスプレイ
(Gorilla Glass)
リフレッシュレート120Hz120Hz
カメラ5,000万画素(f/1.8)メインカメラ
200万画素(f/2.4)マクロカメラ
1,600万画素(f/2.4)インカメラ
5,000万画素(f/1.8)メインカメラ
800万画素(f/2.2)マクロカメラ
1,600万画素(f/2.4)インカメラ
オーディオステレオスピーカー
Dolby Atmos®対応
3.5mmイヤホンジャック
ステレオスピーカー
Dolby Atmos®対応
3.5mmイヤホンジャック
バッテリー/充電5,000mAh
30W TurboPower™チャージ対応
6,000mAh
30W TurboPower™チャージ対応
防塵・防水IP52(水中利用×)IP52(水中利用×)
5G/NFC○/○/×
Android™ OSAndroid™ 14
Android™ 15アップデートあり
Android™ 14
Android™ 15アップデートあり
※違うところは太字にしてます
スポンサーリンク

バッテリーやカメラなどの機能性がややダウン

  • メモリ/ストレージ
    グロ版⇒12GB/256GBもある
    国内版⇒ない
  • スマホの重さ
    グロ版⇒192g
    国内版⇒177g
  • マクロカメラ
    グロ版⇒800万画素
    国内版⇒200万画素
  • バッテリー
    グロ版⇒6,000mAh
    国内版⇒5,000mAh

グローバル版は、大容量12GB/256GBもありますが、国内では8GB/128GBのみ。

不足分はmicroSDカードや、オンラインストレージの活用となりますね。

また、国内版はバッテリーがマイナス1,000mAhです。

そこが影響しているのか、本体が軽くなっているのが分かります。

機能性ダウンと引きかえに、低価格化が実現された感じ

グローバル版よりもやや機能性におとる国内版。

ですが、定価34,800円(税込)という価格を考えれば、十分と言えるでしょう。

とくに、2023年発売のmoto g53j 5Gと比較すれば一目瞭然。

こちらも同じ34,800円ですが、性能も機能もmoto g64 5Gが圧倒しています。

ここ最近は円安の影響もあってか、スマホも価格高騰が目立っています。

そんな中で低価格化を実現できたわけですから、200万画素マクロカメラも妥協だきょうできるかと。

moto g64 5Gは6/28(金)リリースです

moto g64 5Gは、過去のgシリーズの中でもダントツの高評価が期待される1台です。

おトクに買えるスマホを探している方は、ぜひチャレンジしてはいかがでしょうか。

★★こちらもチェック★★
モトローラ公式ショップへ
グローバル版ページへ(インド)
⇒『moto g64 5GのAntutuスコアは約50万

お気軽にコメントどうぞ コメント欄がないとき⇒下にスクロール

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました