トヨタのSUV「C-HR」が納車したのでレビュー!

C-HRブルー ライフスタイル

オールウェイズフリー!

こんにちは、夢追いパパのたくやきです。

 

いやー、テンションが上がります!新車っていいですね…。

納車したばかりなので、気分が盛り下がらない内にレビューしていこうと思います!

 

C-HRが登場してから随分と日が経っておりますが…

「SUVほしいけど…どれにしたらいいのか分からん!」

という方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、購入前の金銭面に関しては以前記事を出しましたので、そちらをどうぞ

過去記事:『CH-Rを購入しました!手続きで気づいた「金利」の大切さ!

 

画像は20枚ほどありますよ。

随時、更新していく予定です。

スポンサーリンク

トヨタSUV「C-HR」の各パーツはこんな感じ!

では1枚ずつ画像を載せていきます。

①ハンドル部分

ハンドル

カッコいい…!

ハンドルの両脇にある操作キーにかなり憧れを抱いていたんですよね…。

前車のFit(初代!)には当然ついていませんでしたから。

 

左側の操作キーは

  • 「∧」と「∨」で流れている楽曲の変更や、テレビのチャンネル変更などができます。
  • 見にくいですが、スピーカーキーで音量調節ができます。
  • 受話器キーでは、Bluetoothでスマホと連携させることでカンタンに通話できるように!

 

スマホ運転は法律で禁止されているので、急な電話はどうしたもんかと困っていましたが…

両腕が塞がっていながらも通話できるのは便利でいいですよね!

 

また、私は車で音楽をよく聴いていますが、このハンドルなら安全に選曲ができるのでGOOD!

ハンドル操作キーがない場合、いちいちナビを触らないといけないじゃないですか?

危ないんですよね…ちらちらよそ見になってしまいますし…。

無論、C-HRに限った話でありませんが、ハンドル操作キーがこんなに素晴らしいものだとは思いもしませんでした!

 

さて、反対の右側のキーはというと・・・次でレビュー!

②メーターパネル部分

メーターパネル

真ん中の画面が最高にイカス!

 

①の続きですが、ハンドル右側の操作キー「∨」「∧」「>」「<」の4つでこの真ん中画面が切り替わります。

何km走行したかとか、ね。

詳しくは後ほど追記していきます!

 

あと、光に反射して見えていませんが…スピードメーターの下に燃料の残量計があります。

ちなみにガソリンを入れる給油口は、運転席に座って左後です。


③エアコン部分

エアコン部分

エアコン部分ですが、真ん中の4つのボタンのようなものは少し出っ張っています。

それぞれ上下に動かすことができるようになっており、そこで風量調節や温度調節、風向調節などができます!

 

両サイドのパネルは操作キーですが、こちらでON/OFFなど。

光で反射して絵が見えなくなっておりますね…

こちらも後ほど追記していきます。

 

画像には、ハザードランプも付いてます。

④カーナビ

カーナビは画像ありませんが、わたしはC-HR購入時に純正ナビではなく他メーカーのナビを付けてもらうようにお願いしています。

 

純正ナビだと、運転中にテレビ等の動画が見れなくなるようで…

それはそれで不便だなと思ったので、購入先店舗のキャンペーンで別のものを取り付けました。

⑤セレクターレバー

セレクターレバー

セレクターレバーは特に他の車と大差はありません。

 

C-HRの場合はサイドレバーがありませんが、「P(パーキング)」にすると同時にサイドレバーの機能が自動で発動します。

一応、セレクターレバーのすぐ下のレバー(?)がサイドブレーキ的な役割を果たすらしいですが、特に使うシーンはないとのことです。

さらにその下の3つのスイッチは…後日追記します(まだ使ってません…)

 

奥側はドリンクホルダーです。

 

ドリンクホルダーとポケット

ドリンクホルダーの上には、ちょっとした小物を入れるポケットが付いてますね。

 

はて、画像右側に何やら四角い物体が付いてますが…笑

これはドライブレコーダーのリモコンです!

粘着テープでくっついていたんですが、どうやらペロッとはがれちゃってますw



⑥コンソールボックス

コンソールボックス

運転席と助手席の間にある、ひじ掛け兼収納ボックスのやつです。

けっこう幅があって、ひじを置くと心地いいというか運転しやすいというか…。

なかなかいい感じです(適当w)

 

ボックスなのでふたがパカっと開きますよ~

コンソールボックスの中身

割と深くていろいろなものが入ります。

また中にはシガーソケットが一か所ありますので、わたしはそこに2穴の増設ソケットを付けていまして、そこからタイヤの空気圧計とスマホの充電ケーブルをつないでます。

シガーソケットを使用しないという場合は、小物とか入れるといいでしょう!

⑦ウインドウスイッチ

ウインドウスイッチ

運転席にある窓を開けるスイッチです。

こちらは他車と大差はありませんね。

⑧ルームランプ&サンバイザー

ルームランプ

ちょっとおしゃれなランプです!

スイッチは3つ、左右で運転席側と助手席側のライトと、真ん中のスイッチで後部座席も含めたすべてのランプが点灯するようになってます。

 

次はサンバイザー

サンバイザー

なんと、鏡つき…!

これは今どきの車では当たり前なんでしょうか…?!

 

初代Fitに乗っていたもんですから、初めて見たときにはびっくりしちゃいましたよね…。

わたしは男なのであまり使用しないとは思いますが、なかなか便利なのは間違いなし?!

⑨ペダル部分

ペダル部分

ブレーキペダルの上についてるのはETCカードを挿入する機械です。

その右横には給油口を開けるためのスイッチ。

 

その上のスイッチ3つは…まだ未使用なので後ほど追記します。



⑩助手席グローブボックス

助手席前面

助手席側です。

この画像では、グローブボックスは分かりづらいです。

この辺りがパカっと開くのかと思いきや、全然違いました(笑)

 

どこにあるかというと…

 

グローブボックス

ちょっと下の方にありますね。

運転席からだと、よいしょ!と前かがみになって開けるようになります!

もちろん、車検証が入ったケースやらを入れるスペースはありますのでご安心を!

トヨタSUV「C-HR」の車内風景はこんな感じ!

ここまではC-HRの各パーツ部分をご紹介してきました。

次は内装の全体的な画像を貼っていきます。

運転席と助手席

C-HRの運転席と助手席

運転席と助手席はこんな感じですね。

Fitなどのコンパクトカーに比べると少し大き目で幅も広くなりますから、若干ですがゆったりしているな~と思いました。

 

先ほども書きましたが、ひじ掛けがあるのが非常にでかいです!

運転がほんと、楽!

ちょっと気持ちいいくらい…?(笑)

 

あと特徴としては、カーナビが若干運転席側を向いているのが分かりますか?

運転者に配慮された作りになっているようですね。

 

私としては傾いていても平面でもどちらでもいいんですけど、でもナビ操作するときなんかはもしかしたら幾分か楽なのかもしれません。

まだあまりナビ操作をしていないので、使いこなせるようになったら追記していこうと思います。

後部座席

後部座席

後部座席は他車と大きく差別化されている箇所はないと思います。

が、若干足元が狭めかな?という印象ですね。

 

とは言っても、わたしは奥さんと2人暮らしなので特に問題はありません。

(ちなみに、実家に帰省した際に家族4人で車に乗ったときは、後ろが狭いし窓小さくて息苦しい!という謎過ぎるクレームが殺到しました笑)

トランク

トランク

トランクはこんな光景。

何も置いていないとどれくらい広いのか分からないので少しモノを置いてます。

 

かなり広々!とまではいきませんが、それなりに荷物は積めそうですね。

 

トランクの下段中身

さらに下があります!

パカっと開いて、1つ下の空間。

ここにもいろいろな道具が置けるようになっております。

 

トランクのネット

こんなのが付いてます!何に使うんでしょうか?



C-HRの外観(細かいところ)

お次はC-HRの外観画像です。

大まかな形や色などはトヨタのHPで見ることができますのでどうぞ。

 

タイヤホイール

わたしの購入したC-HRのグレードは「S」のハイブリッドです。

一番金額の高い「G」だとホイール部分がかっちょよくなるんですが、特に興味がなかったので安さにこだわった「S」にしました。

 

お金に余裕があって、とにかく見た目にこだわりたい!と言う方は「G」をおススメ!

ホイールがかっちょよくなる&内装がよりオシャレになります。

 

ライト前面

正面のライト。

 

C-HRは通常のライトかLEDのライトかを選択することができます。

LEDライトを取り付ける場合はグレードが「LED Package」となり、これは私が購入した「S」と一番ハイグレードな「G」の間に位置しています。

 

LEDライトはたしかに見やすいし、ウィンカーを出した際の点滅の仕方がとてもオシャレなんですが…

実際、運転しているこちらからは見えません。

ですので、これもお好みといった感じでしょうか。

 

ドア

最後にドア。

便利なもので、今どきの車はドアノブにタッチしただけでカギの開け閉めができるんですね…!

 

ドアを閉めるときは、バーにうっすら見える2本の線のところに指をかざすとロック状態に。

反対にカギを開けるときですが、バーを握るとバー裏側のセンサーが反応して開錠できます。

当然ですが、従来の南京錠マークのついたスイッチタイプのリモコン(アナログのキーが内蔵)もついてきますよ。

 

ということで、C-HRの内装と外観をご紹介してきました。

乗ってみて感じた、C-HRの特徴と評価

ここからは、実際に1週間ほどC-HRに乗ってみて感じたことをお話ししていこうと思います。

 

「あ、これはいいな!」

「う~ん、ここはちょっと…」

メリット・デメリットまではいきませんが、”C-HRならでは”の特徴をかんたんにまとめます。

1つずつあります。

すごいと感じたこと⇒かっこよくて燃費がいいところ

まあ、なんだかんだ言ってもこれですよね!

 

SUVってすごいカッコいい!

C-HR以外にも、ホンダのヴェゼルとか日産のエックストレイル、ハリヤー、マツダのCXも。

けど、どれも燃費を見るとハイブリッドでも「う~ん…」ってなってしまいます。

 

わたし自身は「SUVであること」「燃費がいいこと」が決め手になる条件だったので、2016年にC-HRが出たときに一目ぼれ。

それから2年ほど経過しても他に目移りはしませんでした。

 

C-HRの燃費は1リッター当たりおよそ30㎞の走行です。

もちろん実際はもう少し低い数値になるでしょうけども、それでも他のSUVに比べればピカイチ。

 

「こんなにかっこいいのに、燃費いいとか…神!」

ずっとそう思ってます(笑)

 

「形がごっつい」などの意見もありますが…わたしから見ればめちゃくちゃカッコいいです!

購入して良かったと感じています。

デメリットになりそうなところ⇒視認性が悪い

C-HRはとてもカッコいい!

この車のデザインを考えた方はセンスの塊なんだろうなとつくづく思いますね。

きっと何かの黄金比的なのがあるんでしょうか?

あの形から少しでもずれれば台無しになってしまうんだろうなと。

 

だからこそのデメリットなのか、視認性があまりよろしくありません。

そして視認性が悪くなる原因は…窓。

窓が小さいんです…。

 

前方や後方は問題ありません。

(後方に関してはバックカメラがあるので)

問題は…

横、および斜め後ろ!

 

画像で見たほうが早いですが…

助手席側窓

道路を左折するときって、歩行者や二輪車などを巻き込まないようにこんな視界になると思うんですが…

どうです?見づらいと思いませんか?

特に後部座席側の窓が小さいために、それこそ身長の低い女性や子どもの姿を目でとらえられない可能性が十分考えられるので厳重な確認が必要になります。

 

 

運転席側窓

こちらは運転席から見た風景です。

こちらも同様にあまり視認性がよくない…。

 

教習所では、車線変更の際に「バックミラー確認」「サイドミラー確認」「目視」の3つを徹底するように教えられます。

ですが、おそらく一番重要な「目視」の部分が他車よりも困難であることは否定できないかと。

 

「視認性が悪い」のはC-HRのデメリットだと感じました。

私が考える、「C‐HRを購入していい人」と「購入しないほうがいい人」

先ほど述べたメリットとデメリットを元に、買っても問題ない人・買わないほうがいい人を私なりにお伝えしていこうと思います。

もっとも、勝手に考えた「私の意見」ですので、その辺はご承知いただければ幸いです。

 

まず、買っても問題ない方の大前提として「運転初心者ではないこと」を挙げます。

というか、これだけです。

 

デメリットでお伝えした「視認性が悪いこと」は運転初心者にとってはかなりの難関です。

右折・左折のときに歩行者を巻き込んでしまうことが十分考えられるから。

 

事故を起こせば、被害を受けた方も、自分も、そして近くの車も困ります。

そうならないように、まずはどんな車でも乗りこなせるための技術を磨くのが先決。

 

なので初めて車を購入する!という方は、C-HRやその他SUVではなく、軽自動車やコンパクトカーから乗り始めたほうが良いかと思います。

無理強いはしませんがね!

 

事故を起こしてしまってはもう、時すでに遅し!

運転技術をある程度磨いてから、2台目以降に買いたいところです。

まとめ:C-HRレビューはこれで終わりです!

C-HRのパーツや外観、そしてメリットなどをお伝えしてきました。

まだまだ載せていない部分もありますから、そこは後ほど追記していきます。

 

デメリットはあるにしても、想像以上に素晴らしい車なのは間違いなし!

燃費もいいし、見た目もそこそこ!

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

では今回はこの辺で

おわり

コメント