【スポーツジム】トレーニング中はトレーナーがいつも横についてくれるのか?

どうもこんにちは、たくやき(@takuyakikun)です!

某スポーツジムの正社員として働いています。

 

このページでは

スポーツジムに入会したいんだけど…

トレーナーの人って、ずっと横で見ててくれるのかな?

という疑問について、解説をしていきます!

 

せっかくお金をはらってジムに行くんですから、手厚いサポートがほしいですよね。

ぜひ、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【結論】ジムによって対応が異なります。

まず結論からお伝えすると、トレーナー(スタッフ)が

  • トレーニングの始まりから終わりまで、がっちり横についてくれるジム
  • 横についてくれるときあるジム

とで分かれます。

 

ちなみに…会員とトレーナーの1対1でのトレーニングは、”パーソナルジム“と呼ばれるところがよく挙がります。

 

しかし、パーソナルジムが1つの手段である一方、それだけにとどまらないケースも。

詳しく見ていきましょう。

トレーナーがいつも横についてくれるジム

トレーニングの始まりから終わりまで、トレーナー(やスタッフ)がつきっきりで見てくれるジムにはどんなパターンがあるでしょうか?

 

まず1つは、先ほどお伝えした”パーソナルジム“です。

比較的に小さめのジムで、こじんまりしているのが特徴的。
(※規模の大きいところもあります)

 

基本的なシステムが

  • 会員ひとりひとりに専属せんぞくのトレーナーがつく
  • トレーニングのときは予約が必要

である場合が多いので、パーソナルジムに入会すれば、ほぼ100%つきっきりでトレーニングを見てもらうことができます。

 

よめc

テンポよく身体を鍛えたい!

結果を出したい!

という方には、おすすめですね。

ラットプルダウンの指導を受ける女性

 

 

またパーソナルジムだけでなく、一般的なスポーツジムでも、いつも横にトレーナーがついてくれるケースがありますよ。

【一般的なスポーツジム】
⇒自由に利用できる多くのマシン
⇒複数人でヨガやダンスを楽しむスタジオ
⇒25mプール
など複合的なジムのこと

 

パーソナルジムのような、マンツーマンでのメニューを提供しているジム。

スタッフとは別に・・・・・・・・特殊なライセンス(資格)を持ったトレーナーがいて、予約をして指導を受けられるのが特徴です。

 

  • ジムの会費とは別に料金がかかることもある
  • トレーナーの数が少なく、予約がスムーズにいかない可能性あり
  • そもそもライセンスを持ったトレーナーがいない

上記のようなデメリットがあるのも事実ですが…

 

一方で、パーソナルジムとは違って、ジムそのものに利用の制限があまりない側面も。

 

よめc

自分のペースで行う

トレーニングもしたいな!

という方には、一般的名スポーツジムがおすすめです。

「スタッフとは別でライセンスを持ったトレーナーがいるかどうか?」
「パーソナルメニューがあるかどうか?」
このあたりをジムに問い合わせてみてください。

スクワットの指導を受ける女性

長時間、横についてくれるときもあるジム

私の経験上の話ではありますが

  • パーソナルジム
  • スタッフとは別で、ライセンスを持ったトレーナーがいる一般的なスポーツジム

 

上の2つに該当がいとうしない「一般的なスポーツジム」でも、つきっきりでトレーニングの指導を受けられる場合があります。

 

というのも、一般的なスポーツジムには会員が多くいるので、スタッフは分けへだてなく指導を行っているのですが…

会員の要望やジムの状況によっては、がっちり横でサポートを行えるときあるんです。

 

もちろん頻度はかなりまれ

1時間ずっと横についてあげられるか?と言われれば微妙なラインです。

 

ですが、ジムに入会している会員の人数や時間帯によっては、一般的なスポーツジムでも「つきっきりの指導は可能である」

ということはお伝えしておこうと思います。

まとめ:いつもトレーナーが横にいてくれるジムもあれば、そうでないジムもあります。

なので・・・

よめc

結果を出したいから

いつも横でサポートをしてほしい!

という方は、パーソナルジムがおすすめですね。

 

ここ数年の健康志向の高まりもあって、多くのジムが並ぶようになりました。

1対1のパーソナルジムも需要が増えていますので、ぜひ入会してみてはいかがでしょうか。

 

ご自身に合ったジムが見つかるといいですね!

お気軽にコメントどうぞ 返答率は100%!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\いつもタップありがとう!//

タイトルとURLをコピーしました