【感想】『史上最強の哲学入門』初心者はこの本からスタート!

『史上最強の哲学入門』経済・思想・哲学

「哲学を学んでみようかなぁ」と思ったときに、必ずピックアップされる本。

飲茶やむちゃ氏の『史上最強の哲学入門』を読みました。

 

個人的な感想は…

これはマジで分かりやすい!」です。

 

哲学に興味を持ったら、まずこの本を読むことがスタート。

そう言っても過言かごんではないくらい、私たち一般人でも馴染なじみみやすいと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

難しい話なのに、スラスラ読めて分かりやすい!

哲学、経済学、心理学などなど…

なにか小難しい「学び」を体験するとき、いきなり玄人くろうと向けの本は選びません。

まずは「入門書」を読みますよね。

 

ですが、そんな「入門書」ですら、やたらめったら難しいと思うのは私だけでしょうか。

大学で使う「◯◯入門」のテキストなんて、まさにそう。

  • むずかしい単語が多い
  • ひとつの文章が長すぎて、頭に入ってこない
  • そもそも文字が小さい

「入門」なのに上の3つがそろった日には、学びそのものをあきらめてしまいがちです…。

 

しかし!!『史上最強の哲学入門』は本当にすごい!

私が出会った数々の入門書の中でも、ズバ抜けて・・・・・「入門書」でした。

 

これ以上に初心者でも楽しく学べる入門書・・・絶対にないと思います↓

著者である飲茶やむちゃ氏が「グラップラー刃牙バキ」を好んでおり、それをコンセプトにしているという側面もあるのですが、そうでなくても

  • むずかしい単語がない
  • 文章がスッキリしているのでスラスラ読める
  • 説明がとても分かりやすい

など、とにかく読みやすさがハンパない!

スマホ世代である私たちでも、楽しみながら読めるんですよね。

 

また、ただ楽しいだけではありません。

「この人物について、もっと学びたい!」

「もっと哲学について知りたい!」

そんな風に、学ぶ意欲いよくをかき立ててくれる存在でもあります。

 

私は、この本を読んだ後に

『入門経済思想史 世俗せぞくの思想家たち』という本を買いました。

『入門経済思想史』

まぁ難しいのなんの。

500ページという分厚ぶあつさに加えて、難しい文章と小さすぎる文字。

「いったい何について語っているんだ!?」と、まったく内容が頭に入ってきません。

 

結果として、読み終えるまでにかかった期間は…およそ3か月。

しかも、学べたことは何1つありません。

コスパも悪ければ、タイパ(タイムパフォーマンス)も最悪です。

 

だけど、なぜかページをめくるのは楽しかったのです。

理解はできていないのに、なぜか静かなワクワクは止まりませんでした。

 

いったいなぜなのか?

おそらくそれは、『史上最強の哲学入門』を読んでいたからだと考えてます。

 

偉大いだいな人物について分かりやすい解説があったからこそ

「もっと知りたい!学びたい!」

という意欲があったからこそ、難解なんかいな本でもページをめくれたのだと思っています。

初心者でも学びやすい

“史上最強”の教えがなければ、100ページやそこらで挫折ざせつしてても不思議ではないのです。

だからこそ、今後もたくさんの哲学本を読んでいくつもりです。

 

「この人物は◯◯をして、◯◯な考え方を持っていて…」

そういった前提となる知識は、”史上最強”の入門書が教えてくれます。

 

その知識と、同じくき出てきた意欲があれば、他のどんな哲学本も学びに変わります。

「マジもうムリ…」という挫折ざせつは、なくなってくるのではないでしょうか。

 

過去の私には「絶対にこれは読んでおけ!」と伝えたいところです。

どんな偉大な人物について学びたいですか?

『史上最強の哲学入門』

私はこの素晴らしい入門書から、ぜひもっと学びたいと思う人物を見つけました。

 

  1. アダム・スミス(1723-1790)
  2. カール・マルクス(1818-1883)
  3. フェルディナン・ド・ソシュール(1857-1913)

の3名です。

 

アダム・スミスとカール・マルクスは、現在の経済に影響を与えた存在。

特に「資本主義」については、もっと学びたい(けど、難しくて挫折してた)分野の1つですね。

 

また、ソシュールは「存在とは何ぞや?」というそもそも論について哲学した人物。

読んで「わ!おもしろい!」と感じたので、もう少し深堀できたらと考えてます。

 

「これ、もっと学びたいな」

そんな風に視野を広げてくれる『史上最強の哲学入門』は最高におススメです。

 

2020年より湧き上がってきた(?)「哲学ブーム」。

ぜひこの一冊から、学びの一歩をふみ出してみてはいかがでしょうか。

お気軽にコメントどうぞ 返答率は100%!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\いつもタップありがとう!//

タイトルとURLをコピーしました