【大容量25800mAh】2020年版のToTeMoIモバイルバッテリーをレビュー!

ガジェット

とにかく容量がでかいので、安心して充電できるモバイルバッテリー

多くの場面で大活躍してくれるでしょう!

 

2020年最新版として売られているToTeMoIのモバイルバッテリー
(made in Chinaです)

容量は驚きの25800mAh

スマホのようなもの

光沢がすごい…!

 

今回初めて、大容量のモバイルバッテリーを購入したのですが

Amazon’s Choiceアマゾンチョイスに認定されているだけあって、見た目も機能もバッチリ!
(※2020年4月現在)

 

全体的なレビューをしていきます。

スポンサーリンク

何といっても【大容量】& 高速充電も可能なモバイルバッテリー

何度でも繰り返したいのが【25800mAh】という容量のでかさ。

 

スマホの充電が54%しかたまらなかった…

なんて、コンビニで買ったモバイルバッテリーに落胆していた私にとっては驚愕。

 

100%充電できたときの嬉しさといったら…

大容量のすごさを実感した瞬間でしたね!

25800mAhと書かれた箱

POWER!!

 

ちなみに、この【25800mAh】ってどんなもんだろう?

という疑問には、amazonの商品ページに書いてありまして

iPhone8に6.2回以上、Galaxy S8に約5.2回、iPad Pro(9.7インチ)に約2回の充電が可能の大容量のモバイルバッテリーです。

 

なんかかなり充電できそうだな!

と、イメージは湧きやすいですね。

スマホを数回”フル充電”にできるのは本当だった。

モバイルバッテリーそのものがフル充電された状態で

スマホを複数回、充電MAXにすることができるらしいのは強く強調されています。

 

ですが…ここで1つ疑念が。

わたし

う~ん…でもなんか説明分かりづらいよね?

そんな何回も100%まで充電できるのかな?

↑これ!

 

大人の事情もあるだろうから、ピンポイントで書けないでしょうけど…

「〇回フル充電できます!」

とはうたってないし、そもそも何をもっての回数(Galaxy S8に約5.2回とか!)なのか理解に苦しみます。

 

スマホに1%充電が溜まっただけでも「1回」にカウントできるとも捉えられるので

あまり鵜呑うのみにはできませんよね!

 

ということで、手っ取り早く自分のスマホで実験!

 

私が2年半ほど使っている【ASUS ZenFone4 MAX】

中途半端ですが、バッテリー13%の状態からどれくらいでフル充電できるか見てみました。

 

ちなみに充電中のアプリ使用はせず、基本放置です。

 

さて、結果はスマホのバッテリーが13%⇒100%となるまでに

このモバイルバッテリーの消費した量は…20%!!

80%

光沢の面に残量が出る!

 

仮にスマホのバッテリー切れ(0%)状態から充電をスタートさせたとすると…

モバイルバッテリー側は、おおよそ25%の消費と言ったところでしょうか。

 

また、かかった時間はおよそ4時間

コンセントにつないでの充電とさほど変わりません。

 

わたし

おお!スマホ4回フル充電できるじゃん!

なかなかにハイクオリティ。

 

強く疑念を抱いていましたが、複数回のフル充電はどうやら本当であると証明するに至りました。

 

ぶっちゃけ、届いてみたらmade in chinaだったし

よく考えたら値段も安すぎだし(3,000円くらい)、ちょっと心配でしたが…

 

とりあえず”使える”のは分かったので、ひとまず良しとします。

※追記(2020.5.15)
購入してからちょうど1か月。
なんとこのタイミングで不具合が発生しまして、スマホとつないでも充電できないときが出てきました。
原因は不明ですが…見た目が良いだけにちょっと残念…!

通常の充電と高速充電の使い分けができるモバイルバッテリー

今回紹介している2020年版ToTeMoIのモバイルバッテリーの特徴の1つ

2.1Aの急速充電機能

 

通常1.0A充電に加えて、そんな機能も合わせ持っているんです。

USB挿入口のある小型機器

速度が違うだけで、どちらでも充電はできるし、スマホ2台充電も可。

 

実際に私が持っているスマホのバッテリーを13%から100%にした結果

およそ4時間かかり、またモバイルバッテリーの消費量は20%でした。

 

そして今回については、1.0Aのほうで充電を行いましたので

単純に2.1Aのほうでスマホを充電した場合、2倍のスピード(2時間)で100%に到達することになります。

 

ただ、このページ作成時はまだ測定を行っていないので

2.1A充電の結果は、後ほど追記していくことにします。

 

まぁいずれにせよ、このモバイルバッテリーが【大容量】なのは

一応明らかにすることができました!

モバイルバッテリー本体への充電は、寝てる間に終わる?

大容量で、数回のフル充電が可能なモバイルバッテリー。

 

では、本体のバッテリーがなくなったとき、充電時間はどれくらいになるでしょうか?

これも実際に測ってみました。

 

23:00に充電スタート!

14%の表示が出ている画面

14%の状態からモバイルバッテリーの充電をスタート!

 

かなり容量デカいので、それなりにかかるかぁと予想。

結果は…

 

100%と表示している画面

翌朝には100%!

朝7:30に確認したら、100%の状態になっていました!

 

正確に何時間、というのは確認できませんでしたが…

寝る前にセットしておけば大丈夫!ということが分かりました。

大容量が故ゆえに、けっこう重い!➡旅行や緊急用にバッチリ!

約2年半経った古めのスマホでも、4回のフル充電(概算)ができそう!

控えめに言ってもやっぱり【大容量】なToTeMoIのモバイルバッテリー

 

ここからは、見た目的なレビューも入っていきますが

やっぱり(?)、商品を持った第一声は

わたし

お、おもっ!!

 

重いです。本当に重いです。

いや、5キロも10キロもあるわけではないんですけどね?

モバイルバッテリーとして考えたとき、その重さにビックリします。

 

測ってみると↓

重さ410gの黒い物体

なんと、410g!!(公式情報は412g)

カバンに入れたら大分重くなってしまいますね…。

 

家で充電する分には問題ないとは思いますが、ズボンのポケットに入れるのはムリです。

また、特に女性は、普段から持ち歩くにはちょっと重すぎるような気もします。

 

上腕筋に自信があるなら、そこまで苦ではないかもですけど…(笑)

このモバイルバッテリーの唯一の欠点と言えそうですね。

 

しかし、だからこその大容量であり、日常的な外出には向かない一方

イレギュラーなときには大活躍しそう!

 

旅行、出張、緊急用としては、相性ピッタリじゃないでしょうか。

コンセントがない場所や、海外に行くとき等…安心して充電ができると思いますよ。

 

飛行機にも持ち込み可能(100Wh以内)

ですって。

アウトドアや災害時に使えそう?LEDライト搭載

へ~!そんな機能までついてるのね!

と感心したのが「LEDライト」がついてること。

 

電源ボタンを2回押す(長押しでもOK)とライトが点灯↓

ライトがつく小型機械

スマホを充電しながらでもライト使えました、

わたし

かなりまぶしいっ…!

 

これだけまぶしければ、暗い夜道でもしっかり照らしてくれそうな予感。

アウトドア、災害時に活躍してくれるといいなぁ。

(※もちろん、LEDライトはバッテリーを消費します)

クールで便利なデザイン:ToTeMoIモバイルバッテリーの見た目

  • 大容量(25800mAh)
  • USB挿入口2つ
  • 高速充電機能
  • LEDライト搭載

機能的には申し分のない2020年版ToTeMoIのモバイルバッテリー」。

 

一方、デザイン面でもかなりこだわりが強いようにも思われます。

 

冒頭でも画像をせましたが、まず何と言っても表面の光沢こうたく具合。

スマホのようなもの

スマホや周囲のモノが映らないよう、必死になって写真を撮ったくらい。

上の画像では、壁がくっきりと反射してしまってます。

 

わたし

鏡としても使えちゃう…⁉

って思いました。

なんていうか、おしゃれ。

 

また、これも先ほど画像を載せていますが…

光沢のある表面に映し出されるバッテリーの%表記

100%の表記

これは便利!

実は私がこのモバイルバッテリー購入を決意したきっかけです。

LEDスクリーン

 

バッテリーの量があとどれくらい残っているのか?

それを数字でしっかりと表示してくれるのが”革新的”というか…

 

いざ、モバイルバッテリーを使おう!というときに

そもそもこれに充電入ってるの?といういらぬ疑問を持たなくて良いのがメリットだと思います。

 

充電されていればそのままスマホと繋げれば良いし、

充電がなければすぐにコンセントに繋げば良い。

 

ほら、この手のデバイスって、使ってなくてもバッテリーって消費してくのが多いじゃないですか。

それこそ、スマホなんて良い例で。

 

だから、「充電あるのか?これ」

という思いを持たなくて良いのは、個人的にすごい嬉しいんです!

 

そうは思いませんか?

 

さてさて、重いと評判のこのモバイルバッテリー。

大きさはどれくらいでしょう?

 

長方形のデバイス2つ

スマホと同じくらい

右のスマホは、妻が前に使っていたHuawei。

大体同じくらいなのに、モバイルバッテリー400gって…

 

厚さがすごいです↓

側面が赤いモノ

分厚い

これじゃあポケットにも入りませんよね…。

 

細かいサイズなどは下図を参照ください↓

商品仕様

 

裏側↓

こっちは光沢じゃないです

 

側面には電源ボタン↓

黒と赤のモノ

2回押す(もしくは長押し)と、LEDライトが点灯

さらに2回押す(もしくは長押し)と、ライトが消えます。

 

逆サイドには、ケーブル(名前忘れた)挿入口↓

挿し込み口

 

ケーブルが付属で1本ついてます。

モバイルバッテリー本体の充電時は、こんな接続↓

USBケーブルが差し込まれているデバイス

 

逆に、スマホを充電する際はこうなります↓

モバイルバッテリーでスマホを充電

 

前述しましたが、USB挿入口は2か所あるので、2台のデバイスを同時に充電可能です。

その際は、もう1本のケーブルは自前で準備してくださいね。

不安はあったけど…全然使えるモバイルバッテリーです!

そんなわけで、2020年度版ToTeMoiのモバイルバッテリーをレビューしました。

 

届いてから分かった「made in china」。

取り扱い説明書の日本語も、よく見たらamazonの商品ページもすごく不自然…

 

わたし

だ、大丈夫かぁ~??

不安で不安で…。

 

しかしながら、実際に充電した結果は満足のいくものだったし

誇大表現的な部分もなかったように思えます。

 

まだ使い始めたばかりなので、今後どうなるかは分かりませんけども…

ひとまず”大丈夫”ということは分かったので良かったです。

 

もし、何かトラブルなどがあれば(ないことを祈るばかり)、追記していきますので。

 

「とりあえず安くて大容量!」

であれば、この手の商品も候補に入れてみてはどうでしょうか。

 

それではこの辺で✋

コメントはここ!

タイトルとURLをコピーしました