【読書感想】『史上最強のCEO』会社員も見ておきたい経営者目線を養う本

読書

近い将来、CEO(最高経営責任者)になりたい!

という志を持っている方にとっては、ためになる1冊だと思いました!

 

ジェームス・スキナー
史上最強のCEO

 

もしくは、会社員という立場だったとして

「仕事ができるようになりたい!」と強く思っている方にとっても、参考になりますよ!

スポンサーリンク

手っ取り早くCEOの感覚を味わう方法

そういえば、以前Twitterで「あ!なるほどね!」

と腑に落ちる、かなり役立つ情報を発見したんです。

 

motoさんという方の、「自分株式会社」の考え方↓

 

詳しい内容は忘れてしまいましたが、たしか

自分を会社に見立てて、自分の会社の利益を上げるにはどうしたらよいか?

 

例えば、自分の勤め先を「取引先」と見立てて

取引先からの利益(現実では「給料」)を上げるにはどうしたら良いか?

 

または、取引先(勤め先)が1つだと、そこが潰れたら自分株式会社も経営できませんから

他の取引先をどうするか?

⇒副業をすれば、収益が増えるよね!

 

みたいな感じで、少しイメージを変えてみるだけで

本格的に起業とかしなくても、手っ取り早く「CEO感」を味わうことができそうです。

 

たしかに、この方法は便利。

「利益(給料)を上げるために、取引先(勤め先)にどうやって貢献すればよいか?」

などと、考えるようになるんです。

 

自分は「会社に雇われている人間」ではなく「会社と業務提携している人間」

という設定で仕事をすると、色々なアイデアが出てくるのでおすすめです。

 

私は日ごろから「どうしたら上層部の役に立てるだろうか?」と試行錯誤しながら仕事しています。
(※本当はお客さんの役に立たなきゃなんですけどね)

史上最強のCEOになるための考え方を学ぼう

そんな感じで、実際は雇われ会社員だけど、”意識はCEO”という感覚を持つと仕事の見方が変わるわけであって。

 

そして、CEOとして最強になるための考え方を学べるのが
『史上最強のCEO』です。

絶賛の嵐!

 

ネットで探せば、本の概要はいくらでも出てくるので割愛しますけども…

 

なにせいくつもの企業を経営しているジェームス・スキナーさんが書いているわけですから

本に記されている内容をしっかり実践できれば、レベルは格段に上がるのではないでしょうか。

 

ちなみにスキナーさん、『お金の科学』なんて本も出版されていまして

こちらは万人向けで、ワクワクする内容がぎっしりと詰め込まれてます。

 

いずれにせよ、経営に関しては直接会って話を聞きたいくらい優れているスーパーマンなので、

一度彼の本は目に通しておくと、今後役に立つときがくるんじゃないかと。

 

最強のCEO

なってみたいですね👍

コメントはここ!

タイトルとURLをコピーしました