『ワンネスの扉』霊感ゼロでも守護霊に会えるかもしれない方法

書籍『ワンネスの扉』成長する

ありとあらゆるものが1つとなった集合体「ワンネス

私たち人類も含め、すべてのものが1つであるという理論。

 

ジャンルとしては”精神世界”や”スピリチュアル”に属しており、その代表作として挙げられる

ワンネスの扉 ― 心に魂のスペースを開くと、宇宙がやってくる

 

「うさんくさい」「スピ本(笑)」などと卑下されがちで、現にこの手の話を他人にするには多大な勇気がいるでしょう。

しかし哲学や経済学と同じく、バカにできないことも私は知っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

守護霊と会えるかもしれない…ヒミツの問いかけ

約200ページある本書。

その大部分は、著者ジュリアン・シャムルワ氏の幼少期からの不思議な体験がつづられています。

 

ビジネス本や自己啓発本と違い、「○○すれば成長できる!」「○○をするには○○せよ!」といったアドバイス的なことはほとんどありません。

著者の体験話と、数々の現象の説明のみです。

 

ただし、”あとがき”の部分(191ページ目!)に書いてあった内容は、特に印象に残っています。

この部分こそ、ひっそりと行える「おまじない」です。

本の文章

最後に、この本を読んでくださった方にお願いしたいことがある。
読み終わったらすぐ、自分のスピリットガイドや守護霊とコンタクトしてほしい。
心の中で話せばよいのだ。

まず感謝する。「今までいろいろ助けてくれてありがとう」
知らないあいだに何回も助けられているはずだし、これからもお世話になるからだ。

そして「もっと効果的な協力ができるよう、眠っているあいだに話してみたい」と言ってみてほしい。

何をするわけでもありません。すぐに実践できます。

守護霊に感謝した後、「あなたと話がしたいです!」と問いかける。

ぜひ一度、ものは試しでつぶやいてみてはいかがでしょうか。

【実体験】「たぶん」守護霊に会うことができました。

この本に出会う前、私は、とある方に守護霊の存在を教えてもらったことがあります。

結果、私の守護霊は「おさむらいさん」らしく、どうやら私自身のことを心配しているのだとか。

(たしかに良い男とは言えません…)

 

そのような経緯があったので、なんというか、すがる思いで(?)

わたし

お話ししましょう!

と問いかけて就寝しました。

 

すると、私自身は霊感などまったくないにも関わらず、夢の中で守護霊らしき存在に出会います

 

ただの夢だったのかもしれませんから、確信は持てません。

だから「たぶん」としておいてます。

しかしながら、いつもの夢と違った”あの感覚”…忘れることはできません。

 

周りは星で埋め尽くされた宇宙、私が立っているのは…たぶん月。

そして私と2mはさんで向かい合っているのは、おそらく守護霊でしょう。

 

どんな顔だったのか、どんな表情をしていたのか、はたまたどんな姿だったのか?

人の形をしていたようにも、ボヤボヤしていたようにも思えます。

 

また、何を話して、何を聞いたのかはまったく覚えていません。

でも、長い間しっかり向かい合っていたことだけは、はっきりしています。

 

一番忘れられないのは、夢から目が覚めたときの”あの感覚“。

 

守護霊と向かい合っていたときは、それ以上のことはまったく覚えていないのに…

目が覚めたとき、何かから解放されたような安心感が残っていたのです。

 

今まで見てきた夢は

  • まったく何も覚えてない夢
  • はっきり覚えている夢
  • 思い出したいけど思い出せない…ムズムズする夢

この3種類のどれかでした。

 

けど守護霊に会えたであろうその夢は、その3種類のどれも当てはまりません。

ほとんど何も覚えてないのに、何かが分かって・・・・・・・安心した

という、新しい感覚の夢です。

 

この「何かが分かって安心した」というのは、言葉ではなかなか表現しづらいのですが…

ワンネスの扉』でも書いてあったように、「”魂”が理解する」という状態なのかもしれません。

 

難しい計算問題を解けたときのスッキリ感とは違います。

もっと心の底からホッとする感じです。

 

いずれにせよ、不思議な体験でした。

ワンネス=あなたも私も、みんな1つ

ワンネスを頭ではなく、魂レベルで理解することができれば、宇宙と一体化。

過去も、未来も、宇宙の果ても、宇宙の始まりすらも分かるとのこと。

 

もっと極端に言えば、私たち人間だって、本来はすべてを”持っている”状態。

全知全能の存在であると著者は述べています。

 

もちろん「そんなのありえない」と否定的な意見もあるでしょう。

今こうして生きている私たちは、知っていることしか知りませんし、ワンネスの証明もできません。

 

ただ私個人としては、不思議なことを体験できたわけであって、非常に興味が湧いている次第です。

今後、さらなる体験をしたときにはこのページにて追記していく予定です。

 

信じるか信じないか、やるかやらないかは、もちろんあなた次第。

ぜひ、この記事に関する感想やご意見を、すぐ下のコメント欄にていただければ幸いです。

お気軽にコメントどうぞ 返答率は100%!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\いつもタップありがとう!//

タイトルとURLをコピーしました