新入社員の「利き脳」はどっち?仕事を教える前に伝え方を意識したい!

仕事観

こんにちは、たくやきです。

 

春になり、ほやほやの新入社員に研修をする機会が増えてきたのですが、ここ最近は「伝え方」に気をつかうようにしています。

というのも、人によって「分かった!」と理解できる教え方が違うみたいで。

その人に合った「伝え方」を、教える側が知っておく必要があるんですね。

 

で、私がそこに気づくきっかけとなった「〇〇脳テスト」↓

利き脳

あなたは何脳ですか?

これ、職場の方数名にやってもらったことがあるのですが、けっこう当たってました。

ちなみに私は「うさ脳」です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ばばば~っとやってね!」では伝わりにくい人もいる

新入社員の子に腕や指を組んでもらった結果、「ささ脳」だということが分かりました。

物事を筋立ててマジメに考えるタイプ。

几帳面で努力家。

論理的ろんりてき」というとフワッとした表現で分かりづらいですが…

おそらく仕事で言えば、”曖昧あいまいな感じ”の教え方にピンとこないタイプなのかもしれません。

 

「ささ脳」の話をしたら、新入社員のその子はこう言っていました。

困女性

昨日、〇〇さん(女性社員)に

『ささっとやって、バババっとこうして!』

って教えられたんですけど…

たしかにさっぱり分からなくて…

 

もちろん個人差はあるのでしょうけれど、彼女のような論理的なタイプに

  • ササっと
  • ババ~っと

こういった”感覚的”な表現は、うまく伝わらないことが分かります。

もしかすると、「少し」とか「これくらい」などの言い回しもあやうい可能性がありますね。

 

筋道すじみちが立った考え方をする「ささ脳」タイプには

  • 掃除はここからここまでを、この手順で
  • この備品はこの位置に
  • A4サイズ縦で、タイトルの文字は赤色で

上記のような、明確な基準を伝えてあげられると良いのではないでしょうか。

 

もちろん「ババ~っと」のような感覚的な表現で伝わる人もいます。

私は前述のとおり「うさ脳」、インプットは”感覚的”なので

「あ、大体こんな感じでやればいいんだな!」で、うまく物事が進んだりします。

 

ですから「曖昧あいまいな表現はダメ」というわけではないと思いますが…

明確な指示もできるよう、準備をしておきたいところですね。

職場の人の「〇〇脳」が分かれば、スムーズに仕事ができるかも?

さて、「ささ脳(論理的)」である新入社員の子へ

女性

ササっとやって~

バババ~っとやるんだよ!

と、感覚的な指導をした社員(女性)にも、数か月前に腕と指を組んでもらったことがあります。

 

結果は…「さう脳」

インプットは論理的、アウトプットは感覚的ということで、わりかし当たっていました。

おそらく彼女自身は、仕事の内容は論理的に把握はあくしており、一方で指導するときは感覚的な表現に変換しているのだと考えています。

 

1人1人が様々なとらえ方、そして表現の仕方がありますので、良い悪いの話ではありません。

大事なのは、目の前の相手がどんな風に処理をして、どんな風に表現するのか。

そこを見極めてコミュニケーションをとることではないでしょうか。

 

そんなところで終わろうと思いますが、相手のタイプを知れるだけでなく、話のネタにもなる「〇〇脳テスト」。

まずはホヤホヤの新入社員や、仲の良い職場の方に「腕組んでみて!」と聞いてみてはいかがでしょうか。

けっこう盛り上がります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました