私が考える「自分らしさ」の見つけ方!自分らしい人生こそ一番の幸せです!

手をつなぐ2人 プライベート
真の幸せとは…自分らしく生きること?

「自分らしさ」がゲシュタルト崩壊してきた…

こんにちは、たくやきです。

 

私の愛読書の1つ『ユダヤ人 大富豪の教え』

かれこれ10回くらい読んできましたが、ここにきて「自分らしさ」というワードにひっかかりました。

 

なんでも

幸せに成功したければ、自分らしい人生を生きることに集中して、お金のことや成功することを忘れるのが大切

 

だそうで、これまで、この辺りの文章は気にも止めていなかったのですが…

書籍を読み込んでいく内に「ん?そういえば自分の自分らしさってなんだ…?」と、疑問に思うようになったのです。

 

そして、居ても立っても居られない状況になった為、調査スタート!という感じ。

スポンサーリンク

「自分らしさ」を調べるにあたって行ったこと

大きく分けて3つあります。

どれも簡単にできるかもしれませんので、もし自分らしさを探すのに困っているのであれば、”鵜呑みにしない程度で”参考にしてみてはどうでしょうか?

 

いろいろやり方はあると思うので、ぜひ他のサイトも覗いてくださいね。

メモ帳に、自分の性格・行動・思考を書きなぐっていく

自分の性格などを書いた紙

↑自分の性格や考え方などを、とにかくたくさん書いていきます。

良いと思うことも、短所だと感じていることも、簡単でもいいのですべて。

 

ただ、よく考えると、これだけじゃ足りません。

 

特に「自分らしさ」は、その人の行動に出るのは当たり前。

ですから、例えば、朝起きてから夜寝るまでの行動を(細かく)ざざざっと書き出すくらいのことはしても良いかと思いました。

 

また、1つ1つの行動のときに「何を考えながらその動きをしたか」や、「何を思ってそういう行動につながったのか?」も書けるといいのかも。

中々そんなことをする機会がないだけに、大変なのは承知で私も今度やってみよう…!



妄想日記を書く

宙に浮いている人

私は「こんな生活ができたらいいなぁ…」という自分の理想像を書き、そこから「自分らしさ」を見つけ出そうとしました。

こちらの記事で見れます⇒【妄想】え?私の1日?そりゃあもう幸せな生活を送ってるよ!

 

自分らしさを調べるずっとずっと前に書いた記事でしたが、こんなところで役に立つときがくるとは思いもしませんでしたね…。

というか、理想の生活が予想以上に壮大すぎて…恥ずかしくなるくらいヤバイ。

妄想なんて、お金がかかるわけでもないのに…。

 

さて、色々と考えていてふと気づいたことは

「自分の叶えたい人生は、現状すでにできていることが多い」

です。

 

例えば私の場合、「毎日、朝はまったりコーヒーを飲みながらのほほんとする」のが理想の生活です。

ですがよく考えてみると、確かに毎日はムリだとしても、週2回の公休日にはできているのです。

 

他にも例はありまして、長くなるので割愛しますが…

少なくとも私の場合は、願望が願望ではなく、「現実の延長線上」であることが分かりました。

 

話が遠回りしたので整理すると

 

願望は、今、自分が考えていることと似通っている場合が多い。

⇒つまり、今の思考に毛がはえた程度だから、自分の願望(や夢)から「自分らしさ」を拾うことができる。

そんな風に思いました。

 

まずは箇条書きでもいいので、自分が叶えたい生活スタイルを書く。

そして、先ほど挙げた「メモ用紙に書きなぐる」と併用して、自分らしさを見つけていきましょう。

 

例)家族や職場の人と仲良しな環境がいい⇒平和に過ごしたい

例)朝はゆったりとコーヒーを飲みたい⇒のほほんと生活したい

 

こんな感じでもいいんです。




自己分析ツールを利用した

殻を割って出てきた人

「利用した」と言っても、妄想日記と一緒で「自分らしさ」を調べる前にやっていたことですが…。

「ここでも絶対に役に立つな」と思ったので、やり方の1つに挙げました。

 

結局、自分を知るという点では自己分析も有用な方法ですから、なんだかんだ役に立ちます。

というか、上記2つよりも参考になるかもしれません。

 

「自己分析なんて、まじめにやったことがないから分からないよ!」

そんな方には1冊の書籍をおすすめ。

1,500円くらいで、自分のことを詳しく知ることができます。

専用のパスコードが付属されていて、サイト上でパスワード入力→診断→結果出力

という感じ。

 

PCが必要になりますが、なくてもネカフェとかでできますので、ぜひやってみてください。

ちなみに私の結果は…

ここに載ってます⇒転職や就職活動に役立つ5つの自己分析ツールを利用してみよう!

 

「メモ帳に書きなぐる」「妄想日記を書く」と合わせて実践してみましょう!




「自分らしさ」を見つけるときに気を付けたいこと

それは2つあって、

  • 凝縮しすぎないこと。
  • 他人と同じでも大丈夫だと認識すること

です。

 

よく就職活動の面接ネタで

「自分を〇〇に例えるとなんですか?」みたいな質問がありますよね?

 

本当にこんな質問をする企業があるのだろうか?

と疑問になるほどで、他にも似たようなのがたくさん。

 

私が言われたのは「自分を一言で表せるくらいに自己分析してください」です。

それも、「オリジナリティを出して」。

 

ん~、なんだか不思議。

なんでそんなに自分を簡略化させないといけないんでしょうか?

まぁ、面接では数分しか時間がないから!と言われればそれまでですが…。

 

しかし一方、自分で「自分らしさ」を探すだけであれば、そこまで凝縮させる必要はないと思います。

なぜ?って聞かれて明確な答えは正直出せませんが、ギュッとしたところであまり意味がない気がします(適当)。

 

なので、自分らしさはいくつあってもいいし、他人とかぶっててもいい。

「競い合うことは好まない」「人助けが好き」「jazzが好き」「お米よりパンが好き」「野球が好き」「スポーツは観るよりやるほうが好き」「静かなところが好き」

 

そういった特徴が集まることで「自分らしい人生」と言えるのではないでしょうか。

そしてその人生は、人と同じだって何ら問題はなし!(だと私は思ってる!)

 

兎にも角にも、気楽にやりましょうよ!

 

「自分らしい人生とは、お米よりパンをおいしそうに頬張ることです!」

・・・そんな人生だって、幸せな感じがしていいとは思いませんか?




おわりに:自分らしい人生を送って幸せになりたい!

私なりの「自分らしさ」を探す方法3つ

  • メモ用紙になぐり書き
  • 妄想日記を書く
  • 自己分析ツールを利用する

をご紹介しました。

 

偉そうなことを言っておいて、私自身が自分らしい人生を送っているかと聞かれれば、なんとも言い難いのは否めません。

ですが、自分らしさを発見できたのは大きな進歩だと実感しています。

 

そういえば、方法だけ書いたまま、私の「自分らしさ」は載せていませんでしたね…。

 

私の「自分らしさ」とは・・・

  • 考えごとが大好き。自分自身との対話が大好き
  • ロマンチックな状況をイメージするとやる気が満ち溢れる
  • 「小春日和」「秋の夕暮れ」のようなエモーショナルな環境や場所を好む
  • 「怒号」「ケンカ」「怒り」がにじみ出る場所は避ける対象

こんな感じです。

 

あなたの「自分らしさ」は何ですか?

ぜひ教えてください!

 

おわり