「生産性とは?」中学生でもわかるちきりん氏の本が最強だった

生産性 ない 知識・経験
目隠しすれば目が疲れない!⇒よって残業しても集中力が持続!

生産性?なにそれフルーツなの?こんにちは、たくやきです。

 

「生産性をあげろー!」「働き方改革じゃー!生産性を高めるのじゃー!」

年を重ねるごとにそういった声が大きくなってきているのはどうやら勘違いではなさそうです。

 

さて、わたしはと言えば現在プー太郎なので生産性もくそもありません。社会から離脱してしまったナマケモノですから生産性の意味すらよくわからない始末です。

一応こうやってブログを書いてはいますが、まったくと言っていいほど分析とかしてないので毎日ただ書くだけ。まじでヤバイ(危機感は感じている)。

 

少しでもお金になるようにしなきゃといろいろ本を読んだりはしているのですが…減っていく貯金に焦りしかでてこない…本当にアカンそんな状態なのです。

そしてそんな中でふと本屋で見つけたちきりんさんの『自分の時間を取り戻そう』という本。

マジでヤバイ!なにがヤバイって中学生でも理解できちゃう!これぞ最強説。

 

さすがに今のままではヤバいので、打開すべくこの機会に生産性を上げるためのお勉強をしていきたいと思いましたよ。

 

すごく参考になったところを引用しながら感想とか学んだことを書いていくので、これを見ているあなたも一緒に生産性の勉強をしていかないか?

スポンサーリンク

生産性とは工場だけに非ず!ほかの仕事でもプライベートでも応用できるのだ!

生産性 とは2

生産性っていったいなに?

生産性って聞いて最初にイメージすることってなんです?

わたしの場合は「工場」です。ベルトコンベアーで部品とかいっぱい流れてきてそれらが繋がって完成されていくんですけど、1つのマシンを完成させるのにかかる時間を短縮するにはどうしたらええんや!

みたいな感じ?

 

でもこれってほんと周りが見えていない状況ってやつなんですよね。もっと広い視野で見ると生産性って仕事もプライベートにも応用できちゃうんですって!

っていうかそもそも生産性ってなに?ってところですよね。この本によると・・・

生産性 とは

生産性=得られた成果÷希少資源

これが生産性だ!って書いてありました(一部わたしが勝手に付け加えたものも入ってますが)。

もうね、ビックリ。もっと柔らかく考えないといけないんだなと思いましたよね。

 

まず、「得られた成果」というワードで「あぁ!なるほどね!」って感じ。

投入した希少資源(=時間とかお金とか)に対して得られた成果がどれくらいあったのか?というのが「生産性」って考えると、いろんな場面でイメージできるようになりますね。

 

例えばこういうブログなんかも商売としてみれば、「かかった時間に対してどれくらいのアドセンスやアフィリエイトの収入があったのか?」をみれば生産性がはっきり数字でわかるので確認もしやすい。

または成果がお金じゃなくても、日常生活に当てはめることもできるのかもしれませんよ?かかった時間に対してどれくらい掃除できたか?とかね。

すごく便利な公式だと思ったので、ぜひこれは覚えておきたいところ!




あともう1コ気づいたんだけど、かかった時間やお金のことをインプット、得られた成果をアウトプットと呼んでいるところ。これなんか違和感湧きませんか?

時間やお金を「出す」わけだからアウトプット、成果を「得る」からインプットじゃないんですかね~?

またインプットって本を読んだりして情報を頭の中に突っ込むことで、逆にアウトプットって頭に入っている情報を外にどばーって流すことだとばかり思っていたんですが…それだけじゃないんですね。

 

なんて説明したらよいかさっぱりわからないんですが、とりあえず

  • インプット=情報を頭に入れること、時間やお金をかけること
  • アウトプット=知っている知識を外に流すこと、得られた成果

って覚えておけば良さそう。

 

遠回りしたけど、これで「生産性ってなんぞ?」っていうのは理解できましたね!

どんな仕事でもなにかをスタートするときは時間やお金を投資するし、企画を実行したら必ずなにかしらの成果が出てきますから、それらを見比べてどれくらいの生産性なのか?ってのは常日頃から観察していきたいところ!

仕事も含めた日常生活で生産性を高めることがこれからの時代には必要のようですが、「生産」の意味はけっこう広い。

自分が楽しいと思える時間を生産するのもかなり重要!

生産性とは投入した時間やお金に対しての成果の割合である、と学ぶことができました。

これで仕事もちょっと楽しくなるのかな?なんて思ったりもするんですが…そうだ!わたしはプー太郎だったんだ!w

まあブログはやっていて少しでも報酬はあるので、生産性を計算したりしながら励んでいこうと思います。

 

さてさて、この本のタイトルは『自分の時間を取り戻そう』でしたね。

ということは間接的に「残業とかしまくって会社で仕事ばかりの生活はヤバイ」「自分の本当に望んでいる生活をしようゼ!」って言っているわけなんですが、「生産性」という言葉が出てくるあたりプライベートでも何かを生み出せよ!って解釈になります。

 

なんですが、“生産する”とか”生み出す”とか言われるとどうしても会社みたいな感じになっちゃうので、儲け(お金を得ること)が出るような何かを作らなきゃいけないの?って思っちゃうんですよね。

わたしもこの本を読んでいて、そのようななんか腑に落ちない部分があったんです。頭が硬いですね~。

 

そうじゃなくてこの本のタイトルは『自分の時間を取り戻そう』だから、言いたいのは「自分の時間を生産しようぜ!」ってことなんです!

「生産=お金を儲ける」みたいな図式がなぜか自分の頭の中で完成されていたのでピンとくるまでかなり時間がかかってしまいました。っていうかピンときたの、この記事を書いている今なんだけどねww



んではその自分の時間を生産するって話なんですが、本の中で「お金の生産性」というところで気になる内容を引用します(結局お金の話なんですけど)。

お金の生産性というか、お金を使うことの生産性のほうがわかりやすいかな?

「お金を使うことで得られる成果はどれくらい?」で通じるでしょうか。

 

「価値あるお金の使い方」を意識するようになると、「自分はなににお金を使うと楽しく暮らせるのか、なににお金を使うともっとも幸せな気分が得られるのか」がわかるようになります。

お金を有効活用するというのは、貯金を増やすということではありません。できるだけ大きな価値を自分に与えてくれるものにお金を使うということです。

 

「会社で生産性のある仕事をする!」って話題とはガラッと変わりましたが、これもりっぱな生産性の話なんですよね~。

 

お金の使い道が貯金とか今の時代だったらマイホームとか高い車とか。

「みんなそうだから」と周囲に流されてムダに溜める・買うという行為が本当に自分の時間であるのかどうかは考えてみれば一目瞭然なのは間違いない。

いや、それは違うか。マジで車が好きで、買うことで幸福感がハンパないのであればそれは自分の時間の範囲内。

 

そのモノやコトを買うことで自分にどんな利益あるのか、どれだけハッピーになれるのか、どれだけ有益なのか=お金を使うことの生産性(得られる効果)はどれくらいなのか?ってこと

日々考えながら生活することで、お金の生産性が高まり自分の時間を過ごすことが可能になるってことなんだと思いましたよ。

 

そして自らにとって有益なモノやコトにお金を使うために、「自分が本当に好きなことはなにか?自分が本当にほしいものは何か?」を把握しておかなきゃいけないとも書いてありました。

これはまた別の機会に別の本ででも記事にできたらいいなと。

 

お金の生産性を上げるためのワークがかなり使えそう!

わたし家計簿を前からつけているんですけど、もしあなたもつけているならぜひこれからやってみましょう!「最近の有効なお金の使い方トップ3」

生産性という観点から見ると、お金に関して問題なのは無駄遣いが多いことではなく、「最近の有効なお金の使い方トップ3」の表がすぐに埋まらないことです。

 

ここにお金を使って買ったモノやコトの中から、自分にとって「これは使ってよかったなぁ(しみじみ)」と感じたこと、金額、価値を入れていきます。

わたしもやってみよう。

 

あまり無駄遣いができないのであまり買い物がなかったんだけど、この3つは結果的にかなり満足しているお金の使い道です。

 

あなたもぜひこれをやってみてくださいな!

順位は5位くらいまであってもいいんですが、もしリストに載ってこないものがあるのなら、もしかしたらそれは買う必要がないものだったのかもしれませんね。

もしくは1位すらもまったく出てこない!というのもヤバイのかも…?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

これを毎週・毎月やっていくことでお金の生産性をあげることができるし、もしかしたら本当に自分が欲しいものが見つかるかもしれません。

モノは試しでチャレンジ!

 

まとめ:周りに流されず、自分らしい人生をおくるための技術を身につけたい!

ということで今回はちきりんさんの本『自分の時間を取り戻そう』の内容を引用しながら、生産性を中心に見てきました。

ページ数が割とあるのでご紹介した内容はほんの一部にすぎません。これと同じくらい貴重で、他ではあまり見ることのない素晴らしく学べる情報がたっくさんあります。

数あるブロガーさんの本の中でも、特に参考になりますから持っておいて損はないですね。

いろんな生産性を上げて、自分の時間を過ごそうではありませんか!

 

おわり