自由な生活をしたい私が考える「必要なステップ」は4つだと思う!

プライベート
自由な生活を手に入れたい私がいろいろ考えた

自由な生活にあこがれています、たくやきです。

 

どうにかしてでも「好きなときに好きなことができる」生活を手に入れたいと考えているんですが、じゃあそのためには何をどうしたら?っていうのが今の悩みというか、疑問と言うか。

 

なので今回は、読書をしたり、Twitterのタイムラインで目にした有益な情報を参考にしながら、どうしたら自由な生活をおくれるようになるのか考えていきたいと思います。

 

尚、この記事では明確に「これやったらお金いっぱい稼げるよ」「こうすれば自由になれるよ」といったものはありません。

 

カンペキな自己満ページとなりますので、何か「答え」を求めているのであれば戻るボタンをタップすることをおすすめしておきます。

(※一応答えになるかもしれない他の方のツイートなどは載せますが)

 

スポンサーリンク

わたしにとっての「自由な生活」の定義はこれ

自由と言われても、人それぞれ基準や価値観はまったく異なりますので、最初にわたしの考える「自由な生活」を述べておくとします。

 

わたしの考える自由とは

  • 毎月の収入が30万~ある
  • 好きなときに好きなところへ行ける(そんな遠くへは行かないけど)
  • 両親をはじめとして、できるだけ多くの人に慕われる
  • 普通に日常生活をおくれる程度には健康であること
  • 好きになったことが仕事(=雇われない)

 

おおむねこんなところでしょうか。

 

もしかしたら、考えが似通っている方もいるだろうし、まったく違う「自由」を求めている方もいるかもしれませんね。

 

また、「絶対ムリだろこれw」って他の方に笑われてしまうかもしれないし、失笑されてしまうかもしれません。

 

しかしそれでも、自分の理想とする人生(ここでは定義って書きましたが)はこうやって記事にしたり、紙に書いておいた方がいいのかも。

 

イメージしたらやる気が出てきますから。

 

自由な生活をおくれるようになると考えるステップ

さて、次はそんな誰にも見せられないくらい恥ずかしい自分の理想の生活スタイルを手に入れるためにはどういう道のりを進めばいいのか、という話。

 

無論、わたしはまだ自由な生活をおくれていないので、これから述べる内容はもちろん不確実なものです。

 

本や他のサイトを見ての、あくまで「推測」での内容になります。

 

STEP:自己分析、自分探し、己を知ること

以前、別記事でも自己分析に使えるサイトやツールを紹介しました。

転職や就活に役立つ自己分析サイト5選!無料で自分を診断してみよう!

 

私が読んできた本の中でも、大富豪や成功者と言われる人は必ずと言っていいほど自分をよく知っているみたいですよ。

 

自分は何が好きで、何がキライで、どういう人物像なのかを分からないことには、どんな仕事が向いているかなんて知るはずがありません。

 

就職活動中の学生や転職したいサラリーマンの方なんかは自己分析は必ずやったほうがいいと言われますし。

就職活動で自己分析をぜったいにやった方がいい理由はこれだ!

 

とは言っても、実際普通の企業だとほんとうにやるべき仕事の種類が多すぎて、自己分析しても最終的に意味をなさない可能性も捨てきれないんですがね。

 

それでも「何をやりたいのか」など、かんたんでも自己分析はやっておいて損は絶対にしないと思います。



STEP:行動する、動く、何かやってみる

これに関しては、ネットサーフィンが好きな方やTwitterをやっている方なんかはよく見るフレーズかもしれませんね。

 

ホリエモンさんや、俗にいうインフルエンサーみたいな方々はよく「とにかくやってみろ」「考える前に動け」なんてことを呟いています。

 

これに関しては、わたしも概ね同意です。人間は環境が変わることを恐れるみたいで、つい同じ環境でぬくぬくしてしまうなんてのも良く見聞きしますね。

 

行動すれば何かは絶対に変わるんですが、「めんどくさい」が先行してしまって結局変われない人はたくさんいるみたい。

 

たぶん、小さなことからでもいいんだと思います。気になっていた本を買うとか、車に芳香剤を置いてみるとか、ちょっと掃除するとか。

 

「ブログを始めろ」とか「Twitterを始めろ」とかは人によっては難しいしめんどくさいかもしれませんから、まずはできる範囲でいいのでまずは「やってみる」

 

そこまでレベルは高くないと思います。

 

STEP:ハマったことで大勢の人の役に立ってみる

否が応でも、人間は絶対にだれかしらの役に立っていることは間違いありません。

 

大人であれば、正社員・バイト・パート・フリーランス関係なく仕事をしていて、それはつまり客のためにやってるわけですから、役に立ってます。

 

ただし自由な生活を手に入れるために重要なのは、「大勢の人の役に立つこと」であり、かつ「自分の好きなこと」でなければならないと学びました。

 

とにかく「なんでもやって」みながら、「自分は何をするのが好きなのか」を知るという前提を経て、「大勢の人の役に立つ」ことができれば、自由な生活は自分のものにできるのでしょう。

 

ちなみに、今現状で「大勢の人の役に立つ」手段として比較的難易度の低いのはブログサービスやTwitter・Instagram(SNS)かと思われます。

 

もちろん、就職や転職で自分の理想通りの職場に就くことができれば、それでもいいですね。

 

尚、なぜ「ハマった(好きな)ことなら」なのか?ですが

 

それは、ハマったことなら失敗しても「修正→再チャレンジ」にもっていくことができるからです。

 

事業というのは恐らく、すぐに大きくはできません。いろんな成功や失敗を通じて成長していくものですから、打ち込められる「好き」の感情がないと続きません。

 

ハマれないとすぐに辞めちゃうんですよね…人間って…。私もよくいろいろやってみたりはするんですが、どうしても作業になっちゃってそのうちやらなくなるっていう感じでハマらずに終わることが多いです。

 

好きになるパターンをはやく見つけ出したいですね…。

 

STEP:お金の勉強

自由な生活をおくるためには避けては通れないもの、やはりお金です。

 

そして、日本では数学や科学は勉強するのに、なぜかお金の勉強はしていません。「お金は汚いもの」という考え方が根付いている証拠とも言えるからでしょうか。

 

でもお金は汚いものではなく、ただのツールであることは間違いありません。そしてそれを私たちは学ばないといけないんだと思います。

 

現在、お金の勉強をする場はあるのでしょうか?

 

セミナーを開催している団体もありますし、本を読むことでも学べそうですね。(こちらの記事がとても参考になりました!)

【元銀行員が厳選】お金について驚くほど分かるおすすめ本9選!
お金に困らないようになりたいんだ。おすすめの本を教えてくれない? まかせて。銀行員の頃から読んできたから、厳選して紹介するよ あなたは、ぼんやりとお金の悩みを抱えていませんか? お金がどうしても貯まらなかったり、月末がいつも苦しくなってたり、将来がふと不安になったり…。   そんなあなたへ、元銀行員の自分からアド...

 

なんにせよ、マネーリテラシーを学ばないことには自由な生活を手にすることはほぼ不可能とも言えそうですので、これについても「やってみる」をおススメです。

 

 

 

さて、ということで自由な生活を手にするためのステップは大きくとらえると4つに分類されるんじゃないかと推測しました。

 

自分を知りながら(自分の人格ややりたいこと)、お金の勉強をしつつ、とにかくいろいろやってみて、そしてハマったことで大勢の人の役に立ってみる。

 

途中で伸び悩むことはもちろんありますが、好きなことやハマったことであれば何度でもトライするはずです(諦める=対して興味がなかった)。

 

この4つのステップは覚えておきたいところです。

 

自由な生活を手に入れるまでの道のりにおいての疑問や考え

次に、4ステップの途中でわたしが疑問に思っていることや考えていることを書いていきます。

 

これについては賛否両論なところもありますが、「インターネット」としても「人と人とのネットワーク」としてもネット社会である以上は話題にもなっているので、ぜひ考えていきたいです。

 

疑問・考え①:何かをする上で具体的にどんなスキルがあるといいか?

自由な生活をおくるという夢や目標を実現させるために、じゃあやることとは別にどんなスキルが必要になってくるのでしょうか。

 

私が思うにとりあえず3つはあると思います(もちろんもっとありそうですが)。

 

ちなみに、スキル等に関してはこちらのページでメルマガ登録して、送られてくる動画を観れば大体習得できます(マジで)。

[無料]次世代起業家育成セミナー[特別編]起業・経営のプロが教える、伝説のセミナー動画をプレゼント
加藤将太が講演する伝説のセミナー「次世代起業家育成セミナー 特別編」を期間限定で無料で登録できます。

 

無料でここまでビジネスを勉強できるサービスはたぶんありません(マジで)。私も数時間に及ぶ動画をすべて見ましたが、これを繰り返しみることで自由な生活がグッと近づけると思いますよ。

 

必要なスキルその1:PDCAサイクルのクセ付け

特に、仕事に関して当てはまりますが、PDCAサイクルを回すことはけっこう重要だったりします。

 

ご存知の通りP(計画)・D(実行)・C(チェック)・A(改善)ですが、よく仕事ができない人の例として「D(実行)ばかりで他がない」などがよく挙がるのを聞いたことはありませんか?

 

それくらい仕事をする上ではPDCAサイクルは重要なことなんですが、このスキルは理論ではなく仕事をするときに実践しないとやはり身に付きません。

 

また、これはわたし自身の話ですが、どうも「好きなこと」や「やりたいこと」じゃないとそもそもPDCAまで思考が回らないんですよね…。

 

同じような方もいると思いますが、PDCAを身に付けるためにもやっぱりそもそものステップ(特に自己分析)は必要になってくると思います。

 

必要なスキルその2:コピーライティングスキル

先ほど紹介したページの中の方が「コピーライティングは特殊スキルだ」と動画で言っていました。

 

というのも、私たちは口を開いてあれこれ宣伝したりセールスしたりしますけど、「文字を使って」となるとそこまで経験している方がいないそうです。

 

今現在では、ほとんどの企業や個人でもインターネットを使用してモノや情報を販売したりする時代ですので、同じように「文字で伝える」スキルがこれからも必要になるのは明確ですね。

 

さて、ではどうやったらコピーライティングスキルを習得することができるのでしょうか?

 

・・・以外にも方法はかんたんで、ネット上で見かける広告やLP(ランディングページ)と言われるかなり縦長のページ、もしくはメルマガでもなんでもOK。

 

あなたが「これはうまい文章だな…」と思ったものをひたすらメモ帳なりテキストエディタで写経(そっくりそのまま写す)すればいいんだとか。

 

これをやるだけで、コピーライティングスキルが上がるなんて、やらない手はないですね!

 

必要なスキルその3:マーケティングに関する知識

3つ目はマーケティングです。これは私も現在勉強中です!

 

これもよく言われていますが、今はモノが売れる時代ではありません。売れるには売れるんですが、それはモノそのものではなくモノを買った後のメリットだとか、いわゆる「価値」が売れているんです。

 

かなり難しいですね。モノではなく価値を売る。

 

あまり詳しくはわたしも解説できないんですが、マーケティングについては「ちきりん」さんという方の本がとても分かりやすかったです。

これを読むだけで、買い物をするときの視点が変わってちょっと賢くなったような気がしてきます!

 

何回でも読んでマーケティングスキルを向上させ、そして「あなたの価値」も売れるようにしてみましょう!

 

疑問・考え②:炎上は必要なのか?

ブログやSNSをやっていると必ずと言っていいほど「炎上商法」という言葉を目にします。他の人をあおって、わざと批判的な目で注目を浴びる方法ですね。

 

これについては賛否両論で、「絶対ダメだ!」という意見もあれば、「普通の人が注目されるには炎上が必要」という意見まで様々です。

 

ホリエモンさんは書籍も出していますね。

 

さて、では結論として炎上は必要なのか?という疑問に関してですが、「ぶっちゃけどっちでもいい」が私の考えです。

 

人によるとしか言いようがないですよね(;^_^A炎上商法が法に触れるわけではないですから、やりたい人はやればいいし、抵抗がある人はやらなければいい。

 

やるメリット、やらないメリット、やるデメリット、やらないデメリット

 

全部あるわけですから、それぞれ自分はどれが最適なのか?よく考えてから判断するといいのかもしれませんね。

 

事実、炎上してなくても自由な生活を送っている人はたくさんいるし、炎上して有名になっている人もいます(たぶん)。


疑問・考え③:ビジネスの師は必要なのか

何かを学ぶときに、「先生」がいると上達するスピードが速くなることは考えればわかりますね。

 

さて、では何か事業を起こすうえで「先生」は必要なんでしょうか?

 

まぁ疑問として書きましたが、答えは出ているようなもんで「先生」はいるに越したことはありません(もちろん、ハマれることがある前提ですが)。

 

早く上達すればお金が手に入るまでの時間も短くなりますし、独学に比べて学べる内容もかなり濃いものになります。

 

自分で泳ぎ方を学ぶのと、プロコーチに泳ぎ方を教えてもらうのでは差が出るのは間違いないでしょう。それと一緒です。

 

さて、では独学はダメなんでしょうか?となるんですが、決してそうではありません。

 

そもそも、見ず知らずの人に「先生になってください」と懇願してすんなりOKしてくれる方がどれくらいいるかなんてわかりませんし、先生に指導料を払わなきゃいけないとしたら…?

 

これについては私も先生に出会ったことがないのでなんとも言えないんですが…。

 

ムリに先生を探すのであれば、時間をかけてでもまずは本や経験などで学び、ある程度成長してからでも遅くはないのでは?と思ったりしています。

 

身近に先生と言えるような人がいれば別ですが、独学でも問題はないでしょう。ただし、独学でやるからにはそれこそ「やってみる」をどんどん実践することが必要になるでしょうね。

 

疑問・考え④:仲間は必要か

よく、ビジネスの「サロン」などが某所にあって、そこに入って仲間と情報交換しながらそれぞれの事業を行う人もいます。

 

さてわたしは経験がないのですが、こういった場所に所属する必要はどれくらいあるのでしょうか?

 

これも賛否両論、つまり「どちらでもOK」であり「自分の性格に合わせて」でいいんじゃないかと思うようになりました。

 

というのも、わたしも最初は「仲間がいた方がいいのかな?」と不安になることが多かったのですが、参考になる情報を見つけたので「あ、別に入らなくてもいいんだな」ときっぱり区別することができましたので。

自分が何を望んでいるのか?あなたの自由とはいったい何かを考えたうえで決めるようにしましょう。

 

1つ言えるのは、自由になる(=ビジネスを成功させる)ために「なれ合い」は不要ということです。

 

計画や行動に対して「これはこうじゃないか」「こうした方がいい」と言い合えるのが本当の仲間であり、ただ「仲良く」とか「楽しく」というのはあまり好ましくないと言い切れるので、その点は気に留めておいていただきたいです。

 

自由な生活をおくって、最高の人生にしたい

今回は、自由な生活をおくるために必要だと思う大まかな4ステップの道のりと、その道を進んでいく際のポイントを書きました。

 

誰でも自由に生きていきたいのは本音だと思いますが、そのためにはそれなりの行動を起こしていかないとたどり着くことは難しくなっていきます。

 

最初は小さなことからでもいいと思います。ちょっとずつでも進んでいくことが大事なのでぜひいろいろなことにチャレンジしてみましょう。

 

このページを見て、「いいね!」と思った方、ぜひコメントなどいただけるととてもうれしく思います!どうぞ、よろしくお願いします~。

 

ということで、おわり