スポーツジムで記入してもらう体験アンケート=思ってた以上に重要だと気づいた

スポーツジム
わたし

アンケートってバカにできなかった…!

こんにちは、たくやきです。

 

私は今、とあるスポーツジムのスタッフ(正社員)として働いています。

また2020年現在では、この業界自体は6年目です。

 

いやぁ、まだまだ私は発展途上です。

最近になってようやく(!)体験にきた方へ協力してもらうアンケートの大切さに気づきました。

 

普段から何気なくお願いしていたアンケート

何がどう大切なのか、学んだことを話そうと思います。

スポンサーリンク

ジムのアンケートで絶対に外せない2つの質問

普段なにげなく見て、何気なく書いてもらっているアンケート用紙。

しかし、その中には「入会獲得のキーとなる質問」があると思うようになりました。

 

これはあくまで私の”仮説”でしかありません。

また、今後の私の学び次第では意見が変わることもあるでしょう。

 

ただ、現時点で「この質問、絶対大事だ!

と確信が持てる項目が2つあります。

「当クラブを何で知りましたか?」・・・体験者の”母数”を増やす

見学、体験、入会時にも聞いているジムは多いのではないでしょうか?

それほど何気ない質問ですが、これはけっこう大事なんじゃないかと…。

 

特に、入会見込みの”母数”を増やすためには欠かせません。

 

例えば、バスに100,000円で広告を載せたとします。

バスは広いエリアを回りますから、人目につくタイミングもそれなりにありますよね。

 

でも2か月、3か月たってアンケートを集計してみると

実は体験にきた方のほとんどは「紹介」による来館だった。

 

一方で、バス広告がまったく効果を発揮していなかったとなると

「その100,000円は他の用途に使うことができるよね?」

と知ることができます。

 

そこで、紹介した方には当クラブのお買い物券(1,500円分)を、体験した方は体験料金(500円)が無料です!

みたいに幅を広げることも十分可能ですよね?

 

かなり大雑把な例ですが、「なんとなく広告を出し続けてる」よりも効果は高い気がしますし

よめc

体験してみようかな?

と興味を持つ方も増える(=入会見込みの母数が増える)のではないでしょうか。

 

もちろん、バスに広告を出したこと自体はムダではありません。

要は「いかに多くの方に知ってもらえるか」ということです。

 

そのために様々な広告媒体にトライしてみることは、良い手段だと思います。

「当クラブを利用してどうでしたか?」・・・満足度向上につなげる

ストレートに聞いても良いのではないでしょうか?

 

もちろん、本当は不満があったけど…濁して「良かった」と書いてしまう方もいるかもしれません。

ですが、それでも「ここの設備は〇〇点です」みたいに記入させる質問もあって良いと思います。

 

例えば、各設備(エリア)に対して5段階評価を持ちかけるのも良いですよね?

「満足」「やや満足」「普通」「やや不満」「不満」みたいに。

 

集計するときに数値化することで

わたし

あ、プールは「満足」が多いみたい!この調子でいこう!

とか

わたし

ジムエリアは「やや不満」が多いな…
一体何がいけなかったんだろう…

見直してみるか…

スタッフの対応が悪かったのか、それとも清掃が行き届いてなかったのか

体験者向けのイベントがあれば良いのか、丁寧な指導が必要だったのか

などなど…

 

満足度を向上させるために、PDCAサイクルを回すことにも繋がりそうです。

【体験】入会を増やす=体験者数×満足度

あんまりあてにはなりません。
私が勝手に考えた公式で、しかもまだ検証中なものですので…

 

まず、体験から入会に多くつなげたいのであれば

前提として体験者数、つまり母数が必要となります。

 

でも体験にくる人が多いだけでは足りません。

システムが悪かったら誰も入会したいと思わないので。

 

なので「満足した=入会したい!」を増やすために、スタッフの行動や設備そのものをアップデートしていくこと

 

そうすることで、潤っていくんじゃないかな?

そんな風に考えてます。

 

 

どうでしょう?

アンケートってとっても大事なツールです。

 

多くの方にジムの価値を届けるために、一度まじまじと観察してみてはいかがでしょうか?

よく見ると面白いです!

コメントはここ!

タイトルとURLをコピーしました