怒られることが何よりもイヤだ!そんな私はどこを目指せばいいのだろうか

上司に仕事で怒られる男性考えごと

こんにちは、たくやきです。

1度だけ、つとめていた会社を退職したことがあります。

原因は怒られるのがイヤだから

 

いつの頃からか、怒られるのが恐怖になってた私。

怒号が飛びかう職場には、残念ながらむいていません。

また、怒られて勝手にビビってるならまだしも、他の人が怒られているのを見るだけでも心がいたみます

 

後に自分がHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)であることが分かりましたが…

いろいろと書いていきたいと思います。

ただの日記です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

幼いころのトラウマから、怒られないように行動する性格になった

ほとんどの方がそうだと思いますが、私は2~3歳くらいの記憶がありません。

でも、ある1シーンは鮮明に覚えています。

 

ある日の夜、私が何かをやらかしてしまったのか…ひどい剣幕けんまく

「ふざけんじゃないよ!もう出ていくんだから!」

と怒鳴る母親がそこにいました。

 

父親はまだ仕事から帰っておらず、私と姉の2人(しかもどちらも5歳以下)では何もできないし、もうてんやわんや。

鬼の形相ぎょうそうで外に出ていこうとする母親のエプロンを、「行かないで」と大泣きしながら引っ張っていました。

 

たぶん、トリガーはここです。

 

母親はかなり厳しく、いかにも「人生は苦労してなんぼ」な性格。

ことあるごとに叱られていましたが、私の人格が作られる過程での、ひとつの引き金はそこに集約されていると考えています。

「怒られたくないからやる」性格はみじめだ

母親からの過剰とも思える叱責しっせきは、社会人になるまで続きました。

その結果となる私の生き方は想像通り。

「怒られないようにふるまう」が体に染みついています。

 

宿題をやる、家事をする、静かに授業を受ける。

社会人となってからも、言われたことをやる、すぐに謝罪する。

全ては怒られないため。

 

仕事を通じて成長する喜びはもちろんありました。

でも、成長したくて物事に取り組むのではなく、あくまで「怒られないため」いう感じでしょうか。

 

そこが影響してか、上司からひどく詰められる「数値管理・分析」については、未だにレベルが低いまま。

「怒られたくない」「怒鳴られたくない」が先行してしまうため、逃げがちなんです。

 

数字に強くなってのこその社会人だというのに、我ながらみじめだと実感しています。

怒られたくないのは、嫌われたくないからなんだと思う。

幼いころのトラウマシーンで芽生めばえた「怒られたくない」という性格。

恐らくその本質は「存在否定されたくない!」ってことだと思います。

 

他の方の場合、仕事で怒られたりしても「あ、これがこうでダメだったんだな」など…

そんな感じで自己解決して、同じミスを繰り返さないようにしています。

 

しかし、私の場合は180度違います。

 

怒られて真っ先に考えてしまうのは「あ、全てを否定された。終わった。」です…。

怒った側はが決して人格否定をしているのではなく、あくまで業務のミスを指摘しているのは承知しています。

 

しかし、そんなのお構いなしにトラウマシーンがフラッシュバック。

幼いころの私にブチ切れた母親が、家から出ていこうとするあのシーンが…!!

 

「あぁ、もう自分のこと嫌いなんだな」

いい大人がそんな風に感じてしまうので、私を怒鳴ったりする人に対しては自然と距離をとってしまいます。

 

私にとって「怒られたくないからやる」という意識。

それは、言いかえれば「嫌われたくないからやる」ということなのでしょう。

 

自分のテリトリーから出て行ってほしくない。

自分を否定せずにいてほしい。

 

気づいたら、妻にこんなことを言います。

「ねぇ、怒ってる?」

 

きっと、嫌われたくないから聞いてしまうんですよね。

「怒ってないから!」と、逆に怒られてしまうので逆効果なんですけれど…(笑)

 

兎にも角にも、私は「嫌われたくない」という思いが人一倍強い性格なんだなと実感しています。

私はこれからどのように生きていく必要があるのか

私は怒られるのも嫌われるのもイヤ。

ましてや他人が怒られてる光景を見ても、その場を離れたくなるレベルです。

 

一方、私が生きるこの社会はどうなのかと言うと…

残念ながら、怒らない人(というか怒鳴らない人)がいない会社は存在しません。

 

もし怒号の飛びかわない平和な会社があるのなら、喜んですっ飛んでいくんですが、どうやらそれは望めないですね。

 

だとしたら、もはや進むべき道は2つ。

  • 自分で起業する
  • ガマンして今まで通りの人生を歩む

のどちらかではないでしょうか。

 

批判をおくせずに言うのなら、後者はできるだけ早く卒業したい。

現在勤めている会社だって、いろいろありますから…。

これ以上、自分を傷つけるわけにはいきません。

 

かといって、起業はそう簡単にできるものではないので、うまく切り抜けていくほかないような気もします。

 

ひとまずはネガティブなストレスを抱えずに生きるために、今、好きでやっていることを継続していこうと思います。

会社では、波風を立てないようにひっそりと…身をかがめながらやっていこう…。

 

もしかしたら、これから何か光が見えてくるかもしれませんし…

しっかりと考えつつも、がむしゃらにやり続けていきたいところです。

 

もし、私と同じように「怒られるのが怖い」「怒鳴られるのがつらい…」という方がこれを見ていたら…

ぜひコメントとかいただければ、とても嬉しく思います!

 

染みついてしまった人格を、かんたんに変えることはできません。

変えるのではなく、そこから自分の強みを見つけて世の中に発信していく考え方や実践を、学んでいきましょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    私の母親も家出のフリをしてびっくりして泣きながら
    「いうことをく。ぜつたいまもる」と書いた記憶があります。
    今でも老婆になった母親の目尻のシワをみて
    「どうしてわらっているの?」と聞いてしまいます。

    母親も言うことを聞かせたくて取った行動。
    その後もしっかりした大人になって母親は欲しくて怒り、
    怒られないように勉強して今の生活がある。

    私は起業していますが怒られるのが仕事です。

    怒る人を消滅させることはできないので自分がかわるしかない。

    すぐ怒る人は、演技で怒っておりすぐに怒ったことを忘れる。

    こちらも演技で謝る行動を身につけるしかない。

    感情を込めずに演技で謝る。

    そのうちに起業して演技で営業、演技で謝罪で成功できますよ。

    • たくやきたくやき より:

      コメントありがとうございます!
      >怒る人を消滅させることはできないので自分がかわるしかない。
      ほんとうにこれなんですよね…。
      私はもう30になったのですが、他の人が怒られているのを見ているだけでも胸がざわざわしてしまって…。
      しかしそれでも、仕事をしなくてはいけない。
      おっしゃる通り、演技で乗り切っていきますね。
      とても励まされました!
      ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました