【エクセル】数字の0を表示しないようにする方法

エクセル

このページでは、セル内に「0」を表示しないようにする方法を2つお伝えします。

 

下図、黄色で塗りつぶしてあるセルの数字「0」を非表示にしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

方法①:【条件付き書式】で文字を見えなくする

数字「0」の書式を変更して物理的に見えなくする方法です。

 

まず「0」が含まれているセル範囲を選択。

[ホーム]⇒[条件付き書式]⇒[新しいルール]の順に進めます。

[指定の値を含むセルだけを書式設定]を選択

[セルの値]を[次の値に等しい]にして、[0]を入力。

そして[書式]をクリックします。

次の画面で[フォント]から文字色を変更します。

対象のセルと同じ色にしますので、セルの塗りつぶしがなければ文字色は白。

もしセルを黄色に塗りつぶしているなら、文字色も黄色に変更。

その後[OK]を押します。

最後にもう一度[OK]を押せば、セル内の「0」が見えなくなるはずです。

数字の「0」が消えました。

正確には、数字が消えたわけではなく文字色が変わっただけ。

セルの色を変更すると…「0」が確認できます。

【条件付き書式】のデメリット

数字の「0」を表示させない方法として、【条件付き書式】で文字色を変更するのはとても簡単ですが…

 

デメリットとして、セルと同じ色にしているにも関わらず、印刷したときにうっすらと数字が見えてしまいます。

必ずそうなるとは限りませんが、経験上、会社にある印刷機でも写ってしまうことが多々ありました。

 

「ファイルの印刷はせず、データのみ」という場合は条件付き書式で良いでしょう。

一方、印刷が前提なら次の「数式で0を空白処理にする」やり方がおススメかもしれません。

方法②:数式で「0」を表示させないようにする

文字の装飾はせず、表計算ソフトらしく数式で「0」を消す方法です。

別で数字を反映させるデータベースがあれば、数式を入力してみましょう。

 

下図では、セルB4にセルB9の値を反映させますが

セルB9が0だった場合に空白(“”)になるよう数式を入れています。

=IF(B9=0,"",B9)
'もしB9の値が0だったらB4は空白("")に。
'0じゃなかったらB9の値をB4へ入力。

このようにすれば、用紙に印刷をしても「0」は見えないままです。

数式で「0」を空白処理するデメリット

空白(“”)が入ることで、計算がうまくいかなくなる(=エラーで返される)ケースがあります。

 

単純に「0」を表示させないようにしたいのであれば問題ないですが、空白(“”)セルを含んだ計算をする際は注意が必要です。

その辺りはまた別の機会に紹介できればと思います。

まとめ:数字の0を表示しないようにする方法

  1. 【条件付き書式】を使って文字の色を変える
  2. 数式を使って「0」を空白(“”)にする

2つの方法をご紹介しました。

お気軽にコメントどうぞ 返答率は100%!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\いつもタップありがとう!//

タイトルとURLをコピーしました