いろいろ気になってブログ記事が書けないときの対処法

ブログの話

3年間ブログ運営をしていますが、

わたし

SEOが気になりすぎて…

ブログが書けない…

という悩みは何度も経験しています。

 

「こんな記事を書いたらドメインパワー下がるんじゃないの?」

「こんなの書いても意味ないよな…」

 

人気のあるブロガーや、SEOに詳しい人の意見を参考にすればするほど

素晴らしい記事を書かなきゃ!

と視野がせまくなることが増えてしまいます。

 

では、そんなイヤな流れを断ち切るにはどうしたらいいでしょうか?

スポンサーリンク

どんなことを書いても賞賛を得られるなら、何を書きますか?

400文字しかない1記事でも

今日食べたスイーツの記事でも

 

どんなことを書いても「イイね!」とコメントがつき、

シェアしてもらえると分かっていたら・・・・・・・

 

もしくは、どんな記事を書いても10,000円がもらえると分かっていたら・・・・・・・

一体どんな記事を書くでしょうか?

 

たぶん…というか確実に、パッと頭の中で「こんな記事を書きたいな!」

とイメージしたことを、SEOとか何も気にせずに書くでしょう。

 

それを書けば良いのです。

 

難しいことを考えず、書きたいことを書く

それでいいと思うんです。

 

「SEO」に縛られながら作るブログって楽しいだろうか?

多すぎるノウハウに、右往左往しながら記事を書くって楽しいだろうか?

ガイドラインは絶対に必要なので外せませんが!

 

もちろん、書きたいことを書いてお金になるなんて考えてません。

その辺は私だって理解しています。

 

でも、書けない書けないと悩んで

頭を抱えていても素晴らしい記事が生まれないのは事実です。

 

であれば、一旦いったん悩みの種になっているあんなことやこんなことを手放して

好きなように書いてみるのが非常にスッキリです。

 

Twitterで見たSEOの本質だとか、べき論なんて気にしない!

「こうしたほうがいいよ!」は楽しむ程度でちょうどいいのです。

「役に立たなきゃいけない病」に気を付けよう

私の、ブログ記事が書けない理由でよくある悩み

「役に立つ記事が書けない」。

 

誰にも必要とされない記事に存在意義があるのだろうか?

そう考えると、指が動かなくなってしまいます。

 

⇒「役に立たなきゃいけない病

 

どなた様のブログで、そんな病の存在を知ったのですが

これには非常に考えさせられます。

 

私はよく、ブログ運営に関してこんな言葉を見聞きしますが、どうだろう?

男

PVを増やしたいなら

人の役に立つ記事を書かなきゃね!

 

一見、「そうだよね!」と賛同できる言葉だと思えますが…

果たして本当にそうだろうか?と疑問です。

 

たしかに、ビジネス(ブログ)とは誰かの役に立つことです。

そうやって、お金をいただくようになっています。

 

でも、1つ考えておきたいのは、

これは具体的な根拠は一切ないですけども

 

世の中で「役に立とう!」と決意してのし上がった人っているんですかね?

 

「絶対に喜ばせてやる!」

「人の役に立ちまくって成功してやる!」

という考えのもとで成功した人って、いるんでしょうか?

 

たぶんいません(根拠なし!)

 

どっちかと言えば

「これが好き!」とか「楽しい!」が発展して、

結果的に・・・・人の役に立ったという場合のほうが多いと思ってます。

 

もしくは、既存のサービスが不満で「もっといいものを作れる!」とか

そんな野望みたいな感じですよね。

 

なのでブログも同じように、「役に立たなきゃ」ではなく

まずは「書きたいから書こう」で問題はない。

 

“好き”から始める記事でまったく問題はないのです。

 

私も、本当に書きたいことや本当に好きなことを

すらすらとブログ記事にできるようにしていきたいです。

結論:ブログなんて、好きなことを書けばいい

ググられたい以上は、最低限のルールを守る必要はありますが

それ以上の細かいことは、あまり気にしなくても良いでしょう。

 

周りの声に右往左往するのではなく

自分の好きなこと・書きたいことを書く!

 

ブログの記事が書けなくて悩んでいるのなら、

一旦肩の力を抜いて、考えてみよう。

 

「絶対にイイネ!をもらえるなら、自分は何を書くだろう?」

 

そこで浮かんだアイデアは、必ず誰かの役に立ちます。

SEOなんて恐れずに自分を出していきましょう。

コメントはここ!

タイトルとURLをコピーしました