「有給が取れないのはおかしい!」その怒りについて私が思うこと。

アダム・グラント『GIVE & TAKE 与える人こそ成功する時代』ビジネス・経営
よめc

○○課長に言ったら

絶対イヤな顔

されるじゃないですか!

よめc

どうして休んじゃ

いけないんですか!?

つとめ先、入社一年目の部下がグチをぶちまけました。

 

なんでも会社が定めた3連休に、+2日の有給休暇を希望していた部下。

ただ、それが難しいと知って怒りを覚えた様子でした。

 

サービス業だから、有給が取りにくいことは分かっていたようでしたが…

しかし、それでも納得なっとくいかなかったようです。

 

部下と話したあと…私もモヤモヤする中、1冊の本が頭をよぎりました。

アダム・グラント『GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代

GIVE&TAKEの本

「有給が取れないのはおかしい!」

そう感じる新入社員に、どう教えればいいでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

有給は、わたしたちの権利である

まずは、部下の考えを肯定こうていしたい。

 

私は専門家ではないので、こうだ!と強く言うことはできません。

ただ、そんな私でも有給は労働者の権利であることは知っています。

 

繁忙期はんぼうきの”時季変更権じきへんこうけん“など例外はあるにせよ、原則、私たちは好きなときに有給を取れます。

休む理由も、本当は問われないはず。

 

だから、部下が怒るのは正しい。

会社は、部下に対して有給を認める必要があります。

 

有給を取らせないのは違法です。

また「有給は取れるよ!」と言いつつも、人手不足の中で働かせる会社もあります。

 

個人的にはいただけません。

従業員の中で「人手不足なのに有給なんて」という風潮ふうちょうができるからです。

 

かつて、ホリエモンこと堀江貴文氏が

『99%の会社はいらない』という本を出しました。

『99%の会社はいらない』

内容は今回のテーマと関係ありませんが…

  • 有給が取りづらく、社員の心理的安全をそこなっている
  • そもそも有給を取らせない

こういった会社が多いだろう現実を見ると…

 

たしかに99%の会社はいらないかもしれませんね。

とはいえ、グチって有給が取れるわけでもない。

これが現実です。

社会人を10年近くやってる私だって、くやしい。

サービス業も有給をもっとカンタンに使えるのがフツウだと思います。

 

だけど、サービス業である以上は受け入れるしかない。

手持ちのカードの中でやりくりするしか方法はありません。

 

それじゃあ、どうすればいいでしょうか?

手持ちのカードとはいったい何なのか。

 

そこで考えたいのが『GIVE & TAKE』

アダム・グラント『GIVE & TAKE』

「与える人」こそ成功する

この本が何を言いたいのかは一目瞭然いちもくりょうぜんです。

与えること(GIVEギブ)が、与える人(GIVERギバー)が成功する、まさにそのまま。

 

つまり会社内の人たちの役に立ち、いい関係をつくること

これが大切なんじゃないか?と思います。

会社のひとたちへのGIVEで「貸し」を作っておく

さらに戦略的に考えるなら、社内の人に「しを作る」のが手っとり早い。

これは私も経験があります。

いざ自分がお願いする立場になったとき、「いいよ!」と返してくれやすくなります。

 

小林正観さんによると…(注1)

頼まれごとがあるたびに、いつも「笑顔」でやり続けていると、実はそれは「貯金」になっていくのです。(中略)

「借り」は目に見えないものですし、数字にも出てきません。
しかし、絶対にイライラしたりとげとげしい態度をとらずに、快くやってあげていると、どんなに気性の荒い人でも、威張っている上司でも、それが「借り」になっていきます。

だそうです。

小林正観『こころの遊歩道』

シフト制のお店で働いているなら、どんな「しを作る」ができるでしょうか?

  • 体調の悪い人がいたら、シフトを代わる
  • 進んで他の人に協力する
  • たのみごとを笑顔で引き受ける

 

日ごろの態度や、仕事の進め方もぬかりなく!

  • 元気なあいさつや返事
  • グチや文句をこぼしすぎない
  • 上司に「これどうなってる?」と言われる前に報告する
  • 何かあったら自分の考えといっしょに相談をする

 

世の中にはたくさんの会社があるので、これらが絶対とは言えません。

ですが、上記のような積極的なアクションは、忙しい上司にはありがたいものです。

 

部下のように、入社一年目なら気づきにくいでしょう。

一方、チームとして働く以上は「気づかい」がヒジョーに重宝するのは覚えておきたい。

 

無論「貸しを作りたいから」協力する、というのはただの下心。

これは注意しておきたいところです。

正論という名のエゴよりも、人とのつながりを。

前に部下が

よめc

私は○○課長の手伝いをしてるのに

課長は助けてくれないんです!

という口実のもとで

よめc

ギブアンドテイクの

「テイク」しかない!!

と、課長を評価していました。

 

しかし冒頭のとおり、部下は先日

よめc

有給が取れないなんて

おかしいです!

と怒りをあらわにしました。

 

たしかに有給が取れないのは問題だし、部下をディスるつもりもありません。

部下はたしかに正しい。

 

ただ瞬間的にも部下が、アダム氏の言うところの「テイカ―」になっているのは事実で。
(テイカー:自分の利益を優先する人)

 

そしてこうなってしまっては、周りがいい気がしません。

特に、シフト制のサービス業で働く人からしたら尚更なおさらですよね。

 

「私は!私の有給は!」

と連呼する部下に、げんなりしてしまいました。

周りへのGIVEは、必ず自分に返ってくる

そう言えば、前に勤めていた会社のことを思い出しました。

お客様がケガをしやすいお店だったので、会社として保険の契約をしてたんですね。

 

ある日、その保険会社の方とお話をする機会があったんです。

 

何やらお客様がケガをしたとき、保険とは別に会社を訴訟するケースもいくつかあるらしく。

その対応とやらはひどくメンドクサイとのことでした。

 

「それを防ぐにはどうしたらいいんですか?」

とっさに質問したのは今でも覚えています。

 

担当の方はこう言ってました。

日ごろから、お客様との関係性を

良くしておくことが望ましいですね。

話の趣旨しゅしは違ってくるかもですが…言いたいことはなんとなく一緒。

 

自分が望まない結果(=有給取れない)を避けるために

周りの人へのGIVEを通じて、いい関係を保つこと

これが大事なんですよね。

 

「え?でもそんなことしたら、いいように使われるだけじゃん!」

そんな風に思うでしょうか。

 

アダム氏は、GIVERギバーをいいように使うテイカーは、マッチャー(損得のバランスを取る人)が許さない。

ということも言ってます。

 

なんだかんだうまくいくようになってるんですよね、きっと。

ともすると、すべてとは言えないにせよ、自分の望み(=有給を取る!)は実現しやすくなるのではないでしょうか。

有給が取れないのはおかしい!と怒る前に…

アダム・グラント『GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代

部下の「有給が取れないのはおかしい!」怒りエピソードと絡めて紹介(?)してきました。

 

何度も言いますが、有給がすんなり取れることは前提条件。

本当は誰でも好きなときに休む権利があります。

 

でも、現実はそううまくはいかない。

だからこそ、周りへの気づかいができるGIVERになったほうがいいかも…

そんなススメです。

 

読者さまの有給事情はいかがですか?

ぜひコメント欄にて教えてくださいね!

※参考文献
注1)小林正観. 『こころの遊歩道』. イーストプレス. 2016年, 190P
この記事を書いた人
たくやき

本業のかたわらでブログ運営を行う30代。
カッコいいワークブーツ、読書(哲学やビジネス)、恋愛話、ディズニーが好き。将来の夢はモグラ。

たくやきをフォローする
ビジネス・経営読書感想
POP GUY

お気軽にコメントどうぞ 返答率は100%!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\いつもタップありがとう!//

タイトルとURLをコピーしました