【赤ちゃんの高熱】40℃近くで不安なときは「#8000」に電話で解決!

ライフスタイル
わたし

これ以上、ネットであれこれ検索せずに#8000に電話をしましょう!

医師や看護師がアドバイスをくれますよ!

たくやきです。

「#8000」に電話をして繋がる先は・・・「こども医療でんわ相談事業

深夜帯でもつながりますので、病院がしまっていても冷静に対処できるようになります。

 

我が子も、とある日の深夜に40℃の高熱を出してしまったのですが(震えも止まらない状況!)、電話先の看護師さんにしっかりフォローしてもらい無事に平熱まで戻りましたよ。

スポンサーリンク

#8000でつながった看護師さんとのやり取り

スマホ

通話内容を録音していないので、けっこう抜けはありますが…

大体のやり取りの流れをここに記しておきます。

「大体こんな感じなんだな!」というのを知ってもらえたら幸いです。

以下、電話応対をしてくださった看護師(医師?)の方からの対処法を記載していますが、これらはあくまで今回の件での話です。
実際に似たようなケースになった場合でも、この記事で完結させずに#8000に電話してください。

 

プルルルルル・・・

かんごし

はい、こども医療でんわ相談窓口です。

わたし

すみません、10か月になる息子が熱を出してしまって…どうすればよいか分からず、お電話したんですけども…

かんごし

かしこまりました。では初めにそちらのご住所とお子様のお名前をお伺いしてもいいですか?

わたし

住所は〇〇県〇〇市〇〇で・・・子どもの名前は▢▢です。

かんごし

ありがとうございます。では本日はお子様が熱を出しまったということでお間違いないですか?

わたし

はい、そうなんです…。

時系列でいきますと、かくかくしかじかで40℃まで熱が上がってしまって…

あと身体の震えが止まらないんです…

今まで見たことのないほど身体を「ブル!ブルブル!」と震わせており、私も気が動転。
#8000にかける前にネットで調べたものの、文章が頭に入ってきませんでした。

 

かんごし

そうですか。

では、一度確かめてほしいことがあるのですが、まずお子様は意識がはっきりとしていますか?目がゴロゴロしていたり、ひどくグッタリとしていませんか?

わたし

はい、意識ははっきりとしていますし、グッタリした感じはありませんね。

かんごし

はい。では次に、息子さんの手や足がひんやりと冷たくなってはいませんか?

わたし

(息子の手足を触りながら)そうですね…ひんやりってほどではないんですが、他の部位に比べると冷たいです。

かんごし

はい。となると、息子さんは寒気を感じている状態ですので、身体の震えは所謂いわゆる「悪寒」。

かんごし

ですから、まずは手足から温めるようにしてください。

足には靴下をはかせて、上半身も長袖を着させてあげるといいですね。

わたし

なるほど!そうなんですか!

まずは手や足を温めてあげるといいんですね?

顔色が悪い、目がゴロゴロ(焦点が合ってない)などの症状があった場合は、すぐに病院へ!(救急車を呼ぶ!)

 

かんごし

はい。そしてその後、手足がポカポカしてくると震えも止まってくると思いますので、そしたら今度は薄着にして体温を下げます。

わたし

分かりました。・・・薄着にさせちゃってもいいんですか?

かんごし

はい。今度は高くなった熱を外に出して身体を平熱に戻すようにしていきます。

かんごし

薄着にさせる以外にも、例えば小さめの保冷剤をわきの下に挟んだり、窓を開けて部屋の温度を下げたりして体温を調節していくといいですね。

わたし

なるほど、そうだったんですね!分かりました。

わたし

そしたら再度確認なんですが…まずは手足を温めてポカポカした状態にして、温まったら今度は薄着にさせて体温を戻せはいいんですね?

かんごし

そうですね。恐らくはそれで平熱に戻ると思いますよ。

わたし

分かりました!身体の震えは初めてだったので不安になってましたが…これで大丈夫そうです!

かんごし

また、なにかありましたらお電話をお願いします。

わたし

はい!分かりました!どうもありがとうございました!

聞き逃しがあっても再度教えてくれますから、説明に疑問があったら必ず確認をしましょう。

~終話~

 

ということで、上記の流れで話を聞きました。

実際はもっと説明があり15分ほどの通話となりましたが、参考になったポイントは繰り返し解説してくれるなど、こちらの不安をかなり軽減してくれたのは嬉しかったです。

 

丁寧に、かつ分かりやすい説明は本当に助かりましたよ。

 

ちなみに我が子はその後に熱が下がり、翌日には念には念をで病院へ。

薬を処方してもらい、2日後には完全回復に至っています。

赤ちゃんの高熱(40℃とか)…不安になったらメモ帳とペンを準備して、#8000に電話しましょう

ペンとメモ帳

前述の通り、通話時間がけっこう長くなりましたのでペンとメモ帳は用意しておけば良かったなぁと、電話を切ってから思いました。

 

#8000に電話をかけるのは高熱だけじゃなく、様々な理由があって、またそれぞれ対処するためにかかる時間や道具、やり方も異なります。

メモ帳に控えないといけないくらいの情報量の場合もあるでしょうから、ぜひ電話の前にはメモ帳とペンをセットで準備しておくといいのではないでしょうか。

 

赤ちゃんの急な異変…にも関わらず、我々親がパニックになってしまうとネットで調べてもまったく頭に入ってこなくなり、時間を浪費してしまうだけです。

ですから、「どうしよう」と思ったらすぐに#8000に電話をして適切な対処の仕方を教えてもらってくださいね。

コメント